CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< いよいよガチンコ勝負ですね! | main | 東大を出ると社長になれない (講談社BIZ) >>
希望の光は北に?
JUGEMテーマ:ビジネス


スタートはここからだったのでしょうか。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記) |
アクティブ型ファンドのみを提供することが401k加入者にとって良いこと?


当ブログの常連様、Werder Bremenさんが徹底調査してくださいましたので、その大枠を御紹介させていただきます。

まず、企業型確定拠出年金にはいくつかのタイプがあるそうです。知りませんでした。なかでも注目すべきなのが2つのタイプです。
一つが「単独型」、もう一つが「総合型」です。
この2つの違いについて、丁寧に説明されています。


シェア30%!総合型401kって何? #1- [All About マネー]All About
シェア30%!総合型401kって何? #2- [All About マネー]All About
シェア30%!総合型401kって何? #3- [All About マネー]All About

山崎俊輔の30代からの将来設計と401k - All About の4年前のコンテンツです。

これをご覧になるとお分かりいただけると思いますが、「総合型」というのは主に中小企業を対象にした仕組みであることが分かります。この「総合型」で存在感あるのが、東京海上日動だそうです。ここで提供されている投資信託のラインナップが、冒頭の水瀬ケンイチさんのエントリで紹介された内容のようです。

ここからがWerder Bremenさんの真骨頂です。
もっと低廉な保有コストのインデックス投資信託を提供している「総合型」を扱っているところは無いのか!?ということで調査をしてくださいました。
その結果、発見されたのが・・・


札幌商工会議所 総合型確定拠出年金プラン


です。
大和プラン野村プランと2つの「総合型」が用意されているようですが、いずれも日本株式、日本債券、外国株式、外国債券のインデックスファンドが提供されているようです。コストも低廉のようです。なかなか魅力的なプランと感じますが、実際どの程度活用されているのでしょう?

なお、これは企業向けのプランですので個人では加入できません。

それでは前フリ?はこれまで、ということでWerder Bremenさん、コメントよろしくお願いします。

--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票

| iDeCo/確定拠出年金 | 13:00 | comments(5) | trackbacks(0) | 
コメント
個人型401Kの鹿児島銀行といい、総合型(企業型)401Kの札幌商工会議所といい、なんで日本の地の果てから名品、逸品が発掘されるんでしょうかね〜(笑)。

ところで、最初に言っておきたいのは、企業型401K加入者側(労働者、従業員)から見れば、”単独型”のほうが有利なことが多いようです。山崎俊輔氏のコメント「通常の企業型401kはオーダーメードの服を注文するようなもの」に相当。つまり自社の401Kメニューにどんな投信を何本、組み入れるか曲りなりにも選ぶ権利があるものです。但し、企業年金&退職金制度、企業規模によってはパッケージ商品の”総合型”を選ぶほうが「勤務先企業側の401K導入コストが安くなる」場合があるようです。問題はこのパッケージ商品。金融機関によって千差万別。雲泥の差があることが調べてみて判りました。始末が悪いのは、ガラクタばかり入ったパッケージ商品の導入が一度、決まってしまえば嫌でも何十年の長〜いお付き合いになってまう。金融機関の変更が難しいことです。”総合型”の場合は、どこの金融機関がどんなパッケージ商品を持っているか調査してから勤務先企業が吟味して選択しないと加入者側(従業員、運用者)に不利になってしまうことがあるのです。

ところで、今回、発掘した”札幌商工会議所・総合型プラン”、野村、大和ともに国内外株式&債券、4本とも低信託報酬ファンド(0.1〜0.2%台)が利用できる素晴らしいパッケージ商品!会議所会員以外でも加入可能と記載がありますが・・・(↓)。広島とか東京とかの会社、受け入れてくるか・・・。札幌の”町内会”によそ者が行って”拒否”されても文句は言えません。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/07/s0710-1f.html

札幌地域”限定バージョン”じゃなくて、全国バージョンがないと他の都府県の会社、困ります。ありましたよ、若干、問題ありですが。

続く
| Werder Bremen | 2009/05/14 3:06 PM |
続き

その1.野村の総合型プラン

さて水瀬さんのブログで「東京海上総合型(企業型)401K」の不利な扱いを知り、いろいろ思い当たるキーワードを使って検索、実態調査(アンケートも含め)、分析を開始したわけですが、野村、大和の大手証券はハッキリ言ってノーマーク。以前、野村の個人型401Kを調べたとき、まさに東京海上総合型と同じような商品構成(↓)。つまり”日本株のパッシブファンドしかない!”大手証券じゃ〜、マトモなもの売ってるハズがないと思い込みがありました。
http://www.n-sas.co.jp/consumer/feature/lineup.html

ところが、今回、札幌商工会議所・総合型401Kを発見。かなり、マトモ。できれば全国区で使える手はない?まさか、あの野村、大和が直販?さらに辿っていくと、「野村の総合型プラン」、「ダイワ総合型DCプラン」と呼ばれるものが実在。まずは野村。401K担当の子会社HP(↓)。
http://www.n-sas.co.jp/business/plan/synthesis/index.html

毎度あること。商品内容、情報が開示されていない。ここで”壁”にブチ当たる。401Kの”闇”が深くなる一因。仕方ない、電話で”中身”を問い合わせ。最終判断はご自身で。資料を書面で取り寄せてご確認下さい。以下にパッシブファンドのみ示す(括弧内は信託報酬手数料)。

野村国内株式インデックスファンド・TOPIX(確定拠出年金向け)(0.1995%)
野村国内債券インデックスファンド・NOMURA−BPI総合(確定拠出年金向け)(0.168%)
野村外国株式インデックスファンド・MSCI−KOKUSAI(確定拠出年金向け)(0.231%)
外国債券アセットクラスのパッシブファンド⇒なし(なぜ?見落とし?これ以上、突っ込まなかったが)
バランスファンド:マイバランス30、50、70(0.231、0.2415、0.252%)

札幌商工会議所の商品構成と若干、違いがあり、外債パッシブファンドがない代わりにバランスファンドはパッシブファンドが使えて、”大企業向け企業型401K”と同等の商品ラインアップのものが使えるようです。さて電話問い合わせで判ったこと。「あまり売れていない」とのこと。やはり。売る気がない(↓)。奴らの顧客ターゲットは”超大手、優良企業で単独型”。
http://fpsr-i.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d007.html

まあそれだけでもないと思います。中小企業向け401Kでは地銀&東京海上総合型が滅茶苦茶、シェアーが大きい。証券ではシェアーを切り崩せない。歯が立たない。特に地方の中小企業は運転資金も地銀から借入。付き合いもある。この部門に販売要員を振り向けてないのも一因かな。
http://fpsr-i.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-21d7.html

ということで、客が中小企業で儲からないと判れば、嫌な顔する?横柄な態度に出る?しかし、ここは”大人の対応”が必要。だって東京海上総合型401Kに20年、30年加入するのと比べればどっちが加入者にとって得?製造中止した製品ならいざ知らず、倉庫の隅っこに埃を被っているとは言え”マトモ”な使える商品が眠っている。商品がある以上、嫌々ながらも売ってくれるハズ。金融機関と交渉する人事・総務の担当者、強(したた)かさ、度量の深さがあれば良いのですが。「一寸、こっちへ打ち合わせに来い!」ではなく、場合によっては、「宜しければ、弊社から、御社のほうへ伺いますが」。低姿勢で腰を低くラグビーでタックル交わすときのように(笑)。こっちが客なんですが、腹の底で「こっちが20年、30年、使い倒してやる」くらいの気持ちで、下手に出ないと上手く行かないかもしれません(汗)。住所、電話番号は

野村年金サポート&サービス株式会社、東京都千代田区大手町2-2-2(アーバンネット大手町ビル18F)、03-3275-0401

うちの勤務先企業、田舎だよ。野村の営業マン、来てくれないよな〜。大和もあるけど・・・(つづく)
| Werder Bremen | 2009/05/14 3:28 PM |
続き

その2.ダイワ総合型DCプラン
ハイ、これも毎度毎度。商品内容、情報が開示されていない。仕方ない、電話で”中身”を問い合わせ。最終判断はご自身で。資料を書面で取り寄せてご確認下さい。以下にパッシブファンドのみを示す(括弧内は信託報酬手数料)。

http://www.daiwa.jp/houjin/introsupport/pension.html

DCダイワ日本株式インデックスファンド(0.2625%)
DCダイワ日本債券インデックスファンド(0.2625%)
DCダイワ外国株式インデックスファンド(0.2625%)
DCダイワ外国債券インデックスファンド(0.2415%)
バランスファンドはあるけど「六つの羽」でアクティブ運用。

実際に担当しているのは子会社(↓)、大和ペンション・コンサルティング株式会社(DPCC)。これも良くある”困惑”だが、このHPには「ダイワ総合型DCプラン」の商品名が出てない。こちらのHPを先に見ると、「大和では総合型は扱っていない」と間違えて”捜索打切り”となり折角のチャンスを逃してしまうことも。個人型でも企業型でも401Kでは、”闇”かつ”巨大迷路”になる一因。捜索隊が”2次遭難”てことも(汗)。
http://www.dpcc.co.jp/index.html

閑話休題。札幌商工会議所・総合型401K、大和プランと同じで、バランスファンドはアクティブ運用だが追加されている。問題は、この”商談交渉”が成立する可能性だが。野村よりは少し可能性が高い感触を得た。なぜ?「各都道府県庁所在地に少なくとも弊社支店がございます。支店の営業マンがお伺いします。」。電話口の担当者は少なくともこう答えた。まだ売る気がある、野村より?しかも地方の企業でもチャンスが広がった?大和証券の支店に電話しても無駄だと思う。昔、岡三証券の支店でこんな話があった。個人型401Kの申し込み、手付金を払おうとしたら、まず401Kを知らない!しかも、自社支店で手付金を受け付けるということを知らなかった。仕方がないのでメモっていった岡三の401K担当部署、電話場号を教えて連絡取ったらようやく話が通じた。ゲッソリ。疲れるはな〜。こうならないようにDPCCへ直接、電話で先に交渉してから支店営業マンに商談に来て貰うよう話をしたほうが良いと思う。連絡先は、

大和ペンション・コンサルティング株式会社 東京都江東区東陽2-3-2  電話03-3615-7771
| Werder Bremen | 2009/05/14 3:48 PM |
編集後記

その他、調べればモット、良いものあるかもしれません。小生が調べたもの、水瀬さんのブログ&コメント欄に、脈絡もなくいろいろ走り書きしてあります。参考にしてください。少しキツイ、言い方になりますが申し上げておきたいことがございます。皆さまが個人投資家として証券、銀行等々に口座を開設し、自由に金融商品を取引することは可能でございます。ところが企業型401Kの場合、勤務先企業の取引金融機関との付き合いもございます。従業員の好き嫌いにかかわらず、これは困ったことですが。それと個人の証券取引と違うことは、勤務先企業が企業型401Kのシステムを導入、制度を維持するために支払う”コスト”が掛るということです(↓)。
http://www.n-sas.co.jp/business/plan/synthesis/cost.html
従業員数100人、野村の例が載っています。初年度、70万円強、次年度以降、50万円強。その他、東京商工会議所(三井住友海上)、横浜銀行・ニッセイ、横浜銀行・明治安田、あいおい損保、札幌商工会議所(野村、大和プラン)等々に勤務先企業側の負担コストの提示が載っています。加入者、従業員に対する投資教育(FPとか講師に招いて)も企業側の義務です。こんな費用も掛るんですよ。このブログの読者の皆さまなら不要でしょうが。いろいろと参考にしてください。

従業員側(労働者、投資家、運用者):「低信託報酬ファンドが沢山選べるAプランが良い!」
中小企業の社長:「否、制度導入時及び制度運営時のコストが低いCプランが良い!」

皆様の希望通りにならないこともあるかと思いますが、ほどほどのBプランで双方、妥協も。暴走気味で様々な”総合型401K”プランを調査しておきながら申し上げるのも何なんですが。

金融機関と交渉する人事・総務部門、或いは401K導入を承認する労組、”単独型”とか”総合型”とか、どこの金融機関がどんなプランを扱っているか、信託報酬手数料がどんな意味なのか判らず、取引先の金融機関が勧めるプランだけに決めてしまうことがあるかもしれません。ほどほどに”知恵”をつけて、何社かに見積もり依頼、比較くらいは要望したいところ。

取り寄せた書類、パンフ等々、良く”中身”を確かめてください。寄せ鍋を注文したのに蓋を開けたら、ふぐ鍋。これなら良いんですが、闇鍋なんてケースもあります。検索していて、小生、気付きました。例えば、札幌商工会議所の野村総合型と直販の野村総合型とか。ニッセイ総合型でも京都銀行、横浜銀行、千葉銀行のもの、提携している地銀によって中身が微妙に違っているとか。蓋を開けて、鍋の底のほうまで箸でよく突っつく。スリッパとかスニーカーとかサンダルが沈んでいないか。良く調べてから食べないと腹を壊しますよ、ホント(汗)。

最後に収集した情報や小生の私的な見解に正確性、信用性は全く保証できません。ご自身の判断でお願いしますよ。また、会社に煙たがられて”首”が飛んでも責任持てません。ご自身の判断で行動してください!

以上、このシリーズ(企業型、総合型)、これにて終了!

Good Luck!
| Werder Bremen | 2009/05/14 4:31 PM |
Werder Bremenさん、力のこもったコメントありがとうございます。

マスコミ等でほとんど取り上げられたことが無いようなネタではないでしょうか。

http://401k.tokiomarine-nichido.co.jp/upload/so-index.html

提供される商品がWebサイトに一切掲載されていないところに「闇」の深さを感じずにはいられませんね。。。
| rennyです | 2009/05/16 10:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/950
トラックバック