CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< プレゼントに当選したみたいです | main | 約900回目のエントリ >>
お答えしましょう #5
JUGEMテーマ:ビジネス


Shinobyさんのエントリです。

個人マネーをひきつけるのはETFよりも・・・
from SHINOBY'S WORLD


Shinobyさんはこのエントリをこんな意見で締め括られています。


私は、これから個人マネーをひきつけるのはETFよりも、むしろ低コストのインデックスファンドではないかと思っています。


個人マネー一般がどのような選択をするのか、ということについてはよく分からないのですが、ボク自身の「最近」の考えを書いておきます。
結論から先に申し上げます。
低コストのインデックスファンドを、当面は選ぼうと思っています。
ETFは保有コストの低廉さ、上場株式同様の買付・売却が可能、など非常に魅力的な商品です。しかし、コツコツと少額の投資をなるだけ手間をかけずに行うには、低コストのインデックスファンドの方が良いかな、というのが今の考えです。(ここで低コストとフォントを太くしているように、インデックスファンドであればナンでも良いというわけではありません。)

その理由の一つは、住信アセットマネジメントの"STAM インデックスシリーズ"の登場です。

その心意気にシビれました!住信アセットマネジメント

投信会社にとっての手取りの率が相対的にかなり低率のインデックスファンドに、ここまで真摯に取り組んでいる商品がある以上、これは応援せずにはいられません。



STAMインデックスシリーズ 5つの魅力


当面、ETFを選ばない理由ですが、2つあります。
一つは「分配金」です。もう一つは・・・
先に「分配金」から。
国内の証券会社ではDRIPサービスが提供されていない(DRIPについてはこちら)というのもあるのですが、海外ETFでボクが保有している【Vanguard Total Stock Market ETF (VTI】は年に4回も分配しちゃってくれます。(このETFのインデックスファンド版【バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックスF】も年4回の分配ですけど。)こちらにも書いている通り、ボクは分配金が大嫌いです。"STAM インデックスシリーズ"も年2回決算というのはちょっぴり不満だったりします。

一方、10口単位で買付けられるようになってから、チビチビと買い足していた【1306】TOPIX連動型上場投資信託にも「分配金」の問題があることを今更気付いてしまいました。。。
こちらは年1回の分配ということなので、それには何の異論もありません。今年の夏に次回の分配の時期がやってきますが、そのタイミングではマイナス評価ということが予想されます。そのタイミングで分配された場合、公募投信であれば仮に分配されても「特別分配金」で課税されずにフツーに再投資されるところ、ETFの場合はしっかり課税されることになります。もちろん、再投資もされません。(こちらをご覧下さい)
本当にお恥ずかしい話ですが、今頃認識しました。。。

もう一つの理由は、ETFの場合、ついついスケベ心で指値注文をしてしまう、ということです。買い損なったことも何度かあります。

ただまあ、【1306】TOPIX連動型上場投資信託については、この話が霧消するまでは新たに買付けるつもりは全く無いのですけれど。

というわけで、当面ETFよりも低コストのインデックスファンドを選ぶつもりです。(リレー投資は面倒なのでしばらくやりません。)

この辺りについてはとよぴ〜さんのエントリもどうぞ。

ETFvsインデックスファンド
from カウンターゲーム


ETFvsインデックスファンドの続き
from カウンターゲーム



--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



| お答えしましょう | 12:49 | comments(3) | trackbacks(1) | 
コメント
私も概ねrennyさんと同意見ですね。

もう一つ懸念しているのは手数料が高いため
リレー投資をする際100万近い金額を「一括投資」
しなければならない点です。
この場合「ある程度タイミングは必要では?」と
思っています。

楽天証券が海外ETFを取扱い始めたのがほぼバブル相場
の頂上付近で、その時点で信託報酬の安さに吊られ
一気に買いを進めた投資家は今現在かなり手痛い目に
合っていそうな感じがします。

そんな怖さもあって海外ETFには手を出せないでいます
(笑) バンガードETFは購入したいんですけどね・・・。

| ポッキー | 2009/03/19 10:57 PM |
当面の市況で損失確定しての
リレー投資をした場合、
プラ転後にETFを売却すると課税で
非常に不利でしょうね。
3年以内に売る予定の人はいいでしょうが。

リレーなしの場合には時間分散できません。
「長期投資でタイミングはかってどうすんの」
と突っ込まれそうですが、0.数%のコストの
優位なんて、こう荒れていたのでは少し
高値掴みするだけで吹っ飛びます。
| 遠藤ヨウイチ(SRK) | 2009/03/20 12:16 PM |
ポッキーさん、遠藤ヨウイチさん、コメントありがとうございます。

リレー投資もなかなかに難しく、面倒なものですね。

| rennyです | 2009/03/26 7:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/899
トラックバック
【リンク集】個人マネーをひきつけるのはETFよりも・・・
こちらのエントリーに関連したコメントを掲載していただいたブログをまとめておきます...
| SHINOBY'S WORLD | 2009/03/23 10:38 AM |