CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 「最弱」だっていいじゃない! | main | 追加で調べてみたら・・・ >>
新興国株式のインデックスファンドを調べてみたら・・・
JUGEMテーマ:ビジネス


10,000円から投資可能な「新興国株式」のインデックスファンドと言えば・・・

STAM新興国株式インデックス・オープン
年金積立 インデックスF海外新興国株式

ですね。

STAM新興国株式インデックス・オープン】の信託報酬が年0.8715%(税込)に対して、【年金積立 インデックスF海外新興国株式】は0.8925%(税込)+品貸料の相当部分となっており、競争している!って感じです。
ただ、買付手数料について、【STAM新興国株式インデックス・オープン】は数多くのネット証券でノーロードになっているのに対して、【年金積立 インデックスF海外新興国株式】をノーロードで買い付けることができるネット証券は見当たりません。(概ね1.05%(税込))

今回はコスト以外の点を比較してみたいと思います。
まず、【STAM新興国株式インデックス・オープン】の最新の運用レポートを見てみましょう。こちら です。
ベンチマークとの差はもちろん気になるところですが、ボクが注目したのは組入れ銘柄数です。2009年1月末時点では、395ということです。
次に、【年金積立 インデックスF海外新興国株式】の最新の運用レポートも見てみましょう。こちら です。
こちらの組入れ銘柄数は、625となっています。

【STAM新興国株式インデックス・オープン】のマザーファンドについての詳しい状況は分かりませんが、【年金積立 インデックスF海外新興国株式】のマザーファンドの情報は2008年11月17日決算の運用報告書で確認することができます。これによると、2008年5月16日時点でマザーファンドの規模は85.97億円でした。おそらくマザーファンドの規模は小さくなっていることでしょうけど、【STAM新興国株式インデックス・オープン】のマザーファンドに比べると大きいのではないか、と想像されます。組入れ銘柄数の差はこのようなところから生じているのでしょうか。

もしかしたら、この違いが、各ネット証券が依然として【年金積立 インデックスF海外新興国株式】をノーロードで販売しない理由なのかもしれません。

ところで、今回この調査をして分かったのですが、日興アセットマネジメントのWebでの情報開示が一歩前進しています。小さな変化かもしれませんが素直に評価したいと思います。
こういう決め方もアリですよね? を公開した約1年前、【年金積立インデックス外国株式(ヘッジなし)】の運用報告書は、日興アセットマネジメントのWebサイトには掲示されていませんでした。しかし、本日現在、ご覧の通り、直近の運用報告書を閲覧することができます。素晴らしい改善だと思います。

なお、こういう決め方もアリですよね? には


【トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド】への毎月積立を再開しました。


との記載がありますが、現在は【トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド】への追加投資はしていません。それゆけ!STAMグローバル外国株式インデックス #3 での宣言どおりです。


【トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド】の信託報酬逓減の可能性が認められない限り、新たに【トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド】を買い付けることは無い、ということです。


運用報告書のWebでの公開で思い出される投信会社がもう1社あります。
難しいことなんでしょうか? で一例として挙げた、ドイチェ・アセット・マネジメントです。Webサイトを久しぶりにチェックしてみましたが特段の変化を見出すことはできませんでした。

こうした投信会社もあるのを見ると、日興アセットマネジメントの取組みは大いにできますね。

でも、ごめんなさい、毎月積立のMSCI KOKUSAI連動のインデックスファンドには【STAM グローバル株式インデックス】を選びます。

【STAM新興国株式インデックス・オープン】
【年金積立 インデックスF海外新興国株式】
【STAMグローバル株式インデックス】は、
マネックス証券
楽天証券
SBI証券
他で買い付けられます。

【年金積立インデックス外国株式(ヘッジなし)】は、
マネックス証券
他で買い付けられます。


--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票






| 資産運用 | 00:57 | comments(3) | trackbacks(0) | 


コメント
とても興味深い記事をありがとうございます。

新興国でもインデックス投資家として組み入れ銘柄数は多い方が良いと思います。
しかし、手数料1.05%は痛いですよね・・・

個人投資家としては悩ましいところであります。
私は現在のところSTAM新興国を応援しております。
| そうた | 2009/02/21 12:50 PM |
はじめまして。
ちょうど自分で調べようと思っていたところ、きれいにまとめて頂いているこちらのブログにたどり着きました。
すごく役に立ちました。m(_ _)m
ついでと言っては失礼ですが、他の記事も流し読みですが拝見しました。
分かりやすい!
なんだろう、ブログ主さんの視点が一環してるからでしょうか、読みやすく、かつ、すっきり。しかも、情報はしっかりと。
ブックマークしましたので、また度々寄らせて頂きます。
| たまご | 2009/02/22 6:58 AM |
コメントありがとうございます。

>そうたさん、

【年金積立 インデックスF海外新興国株式】も【STAM新興国株式インデックス・オープン】の設定後、早々にノーロードになると予想していたのですが、まだ頑張っていますね。いずれは、と思うのですがまだまだ粘るんでしょうか。


>たまごさん、

励みになるコメントありがとうございます。
温かく見守ってやってください。お願いします。
| rennyです | 2009/02/23 5:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック