CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< ボクの勝手な思い込みかもしれませんが | main | 「ためてふやす はじめの一歩」 >>
その心意気にシビれました!住信アセットマネジメント
JUGEMテーマ:ビジネス


こちらのエントリ でご紹介した、かえるさんの住信アセットマネジメントへのラブレターですが早速お返事が来たようです。


住信AMさんからのラブレター
from かえるの気長な生活日記。


詳しくはかえるさんのエントリをご覧になってください。
個人的には次のコメントが印象的です。

既存のSTAMインデックスオープンの信託報酬水準についてでございますが、(商品企画担当部長としての私見です。弊社の正式見解でなく、申し訳ありません。)ファンド毎に純資産残高が50億を超えた場合は、委託(運用者取り分)報酬の引き下げを行い、残高逓減料率に変更を行う方向で検討したいと思っています。


2つの点で大いに評価したいと思います。
最初に、純資産総額の増加と共に信託報酬逓減の意向有り、ということです。率がどの程度云々というよりも、「商品企画担当部長としての私見」であったとしても、この心意気にシビれました。
次に、具体的な数字が示されている、ということです。投資家にとっても明確なマイルストンが意識できるというのは意味のあることだと思います。

毎月積立する外国株式のファンドを【トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド】から【STAMグローバル株式インデックス】に切り替えて良かった、と感じました。

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド】と比較すると、【STAMグローバル株式インデックス】の方に遥かにバンガード=VanguardのISMを感じさせられるのはボクだけではないはずです。

バンガード日本法人のWebサイトがリニューアルされています。


vanguardjapan


バンガードの哲学 というページにこうハッキリと書かれています。



バンガードの理念は投資家の皆様の投資結果に直接影響する運用管理コストを低く抑えることです。



いずれにせよ、これからはしっかりと弛まず【STAMグローバル株式インデックス】に資金を投じていきたいと思います。

【STAMグローバル株式インデックス】は、
 フィデリティ証券楽天証券SBI証券 他で買い付けられます。



--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



| 資産運用 | 09:26 | comments(11) | trackbacks(0) | 
コメント
バンガードのHPリニューアル見ました.
次のETF取扱発表に向けた準備と勝手にとらえさせていただきます(^^♪
| Andrew | 2008/09/27 10:35 AM |
Andrewさん、コメントありがとうございます。

次に上陸するバンガードのETFが何になるのか、本当に楽しみですね!
| rennyです | 2008/09/28 8:29 AM |
ちょうど STAMシリーズへの積立に移行すべく申込み手続きを済ませたばかりで、幸先の良いニュースです。

50億円から委託報酬(って信託報酬のことですよね)の逓減を検討できるというのは、マザーファンドがあるお陰でしょうね。

こうした低コスト化への努力を継続して頂くためにも、我々も商品の購入という形で応援していきましょう。
| konan | 2008/09/28 7:33 PM |
日本にこういった投信会社が出てきたことが
嬉しいですね!
私もSTAMシリーズには色々とお世話になりそうです(笑)

| ポッキー | 2008/09/28 8:35 PM |
コメントありがとうございます。

>konanさん、

>>こうした低コスト化への努力を継続して頂くためにも、我々も商品の購入という形で応援していきましょう。

そうですね、投資家の資金投入こそが一番の応援ですからね。

>ポッキーさん、

>>日本にこういった投信会社が出てきたことが
>>嬉しいですね!

そうですね。しかし、「こういった投信会社」が本来の姿だと思うのですが・・・
| rennyです | 2008/09/29 7:04 AM |
ほんと、具体的な数字を出して貰ったのは嬉しいニュースですね。

これからも良い競争に期待したいですね。
| かえる | 2008/09/29 9:54 AM |
かえるさん、コメントありがとうございます。

具体的な数字をマイルストンとして提示してくれたことは、素晴らしいことだと感じています。

住信AM、天晴れ!
| rennyです | 2008/09/30 12:07 PM |
STAMシリーズの保有者として、私としても改めて応援したくなる言葉です。4種のファンドに分散しているので、増加には余り貢献できないかもしれませんが…
| 新幹線 | 2008/10/01 1:02 AM |
新幹線さん、コメントありがとうございます。

一人一人の行動は小さくても、それが重なることで何かを変えていくのではないでしょうか。
| rennyです | 2008/10/01 12:58 PM |
確かにそうですね。
今まで全くなかったというのが日本の金融市場の未熟
な部分だったのかもしれません。

ただネット証券の積立のランキング等を見ていると
インデックスファンドが上位を占め投資家の目が
肥えだしているので変わらないといけないと思う
投信会社が増えてきそうな気もしています。

口火を切ったのがセゾン投信であり、それに続くのが
住信アセットのSTAMシリーズという期待を
私は思っています。
頑張ってほしいですね。
| ポッキー | 2008/10/01 11:10 PM |
ポッキーさん、コメントありがとうございます。

>インデックスファンドが上位を占め投資家の目が
>肥えだしているので変わらないといけないと思う
>投信会社が増えてきそうな気もしています。

感づいている投信会社も増えていることでしょうね。一方で頑なにそうした流れに抗う会社もまだまだ多いことでしょう。問題は、感じ取るだけでなく行動に移せるかということではないでしょうか。
| rennyです | 2008/10/02 9:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/758
トラックバック