CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 伊豆旅行のお供に | main | ラブレターのようなスイートな文体が良かったのでしょうか? >>
信託報酬が格安のバランスファンドを個人型確定拠出年金で。
JUGEMテーマ:ビジネス


先日のエントリ、

信託報酬が格安のインデックスファンドを個人型確定拠出年金で。

に続いて、当ブログの「常連さま」Werder Bremenさんが情報をお寄せくださいました。今回は、日本・外国の株式、債券のインデックスに分散して投資するバランスファンドについて、です。↑↑↑のエントリで登場したのは、鹿児島銀行でしたが、またあらたな金融機関の登場です。
りそな信託銀行です。
個人型確定拠出年金の商品ラインナップはこちらです。この中で特に注目なのが、大和証券投資信託委託株式会社が設定、運用している3つのファンドです。

ダイワ・ライフ・バランス30
 信託報酬 年0.189%
ダイワ・ライフ・バランス50 信託報酬 年0.21%
ダイワ・ライフ・バランス70 信託報酬 年0.231%

極めて低廉な信託報酬ですね。この3つのファンドを眺めてみると、純資産総額の差が大きいことに驚かされます。


ダイワ・ライフ・バランス30
 純資産総額 4,320百万円
ダイワ・ライフ・バランス50 純資産総額 2百万円
ダイワ・ライフ・バランス70 純資産総額 3百万円
(2008年9月22日現在)

ところで、モーニングスターDFC FUNDGUIDEのいずれにも販売会社として「大和証券」が掲載されています。しかし、大和証券グループの個人型確定拠出年金サービスの商品ラインナップ(こちら)を見る限り、↑↑↑の商品は見当たりません。企業型のみへの提供なのでしょうね。そんな「箱入り」?的な扱いをされているこちらのバランスファンド、りそな信託銀行なら個人型確定拠出年金で利用することが可能のようです。ご興味をお持ちの方は、ぜひ直接ご自身でお問い合わせしてみてください。

これらの商品を「確定拠出年金専用」とせずに一般に販売すれば支持を集めると思うのですが、その機運はまだまだ高まりませんね・・・残念。



--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



| iDeCo/確定拠出年金 | 07:30 | comments(2) | trackbacks(0) | 
コメント
取り上げて頂き、有難うございました。難を言えば、純資産残高が極めて小さいので、もう少し様子見でしょう。因みに確定拠出年金には掲載されていませんが、大和投信委託のHP、ファンド検索(一般販売)で「ダイワ・ライフ・バランス」と入力すれば出てきます。
 ところで、前回の鹿児島銀行、今回のりそな信託の件、何れも企業型DC専用(信託報酬0.2%台)のファンドが個人型DCに提供されました。今まで、企業型と個人型DCの間に、”格差”があって、企業型DC有利。この状態が長らく続いてきましたが、少しずつ、縮まってきている気配です。

>これらの商品を「確定拠出年金専用」とせずに一般に販売すれば支持を集めると思うのですが、
>その機運はまだまだ高まりませんね・・・残念。

 企業型DC専用・低信託報酬ファンド(0.2%台)→一般販売へ、”一足飛び”は無理かもしれません。まずは、企業型と個人型の”第一の壁”が壊れつつあります。次が個人型DCと一般販売の”第二の壁”。大阪夏、冬の陣、大阪城落城のように、2段階プロセス?外堀が埋まりつつ・・・。可能性は無きにしもあらずかな。例えば、日興・年金積立インデックスファンドシリーズ。元々、401K向けに作られたファンドが一般販売へ提供された前例もあります。
 ETFの信託報酬手数料0.1〜0.2%台。確かに、現状の一般販売向けインデックスファンドと比べれば有利ですからリレー投資。もし、企業型DC用インデックスファンドが一般販売されると?ETFの場合、1〜2%配当。配当課税は10%(将来20%?)。信託報酬が0.1%で低くても、配当課税のロスは0.1〜0.4%になります。合計0.2〜0.5%のロス。また、配当自動再投資ではありません。海外ETFの場合はさらに外国株式売買手数料、為替手数料が掛ります。
 一方、企業型DC向けファンドは信託報酬0.2%台で、分配が”無し”とか”低分配(10円/年)”のものが多い。しかも、分配再投資可。
 企業型DC向け低信託報酬ファンドが一般販売されれば、ETFと互角、或いはETFより有利な場面も想定できます。バンガード、ステートストリート、バークレーズの外国勢だけじゃなく、日本国内金融機関にも対抗手段は有るんですよ。”企業型DC向け”の一般販売解禁。

これが、最近、カエルさんのブログネタ、「インデックスファンドのアンケート」と関連しているのです。
| Werder Bremen | 2008/09/24 2:47 PM |
Werder Bremenさん、詳細な補足説明、厚く御礼申し上げます。
企業型DC→個人型DC→一般向
というルートを辿るわけですね。今はまず第一段階といったところ、第二段階の到来が待たれますね。
| rennyです | 2008/09/25 10:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/752
トラックバック