CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 産業としての資産運用業におけるパラダイムシフト | main | 資産運用の相談をするべき相手(その3) >>
ボヤ騒ぎで済むでしょうか
巷で云う「炎上」には至っていないようですが、ちょっとしたボヤっぽくなってきました。火元は、前回のエントリ、産業としての資産運用業におけるパラダイムシフトで紹介した週刊ダイヤモンドの特集「『投信』の罠 銀行・証券・郵便局の言いなりになるな!」の中の次のくだりです。

p.34の最下段
”ミスター・グロソブ”山内一三・国際投信投資顧問副社長はこう答える。
「信託報酬を引き下げても、お客さんにとって、大したメリットにならないと思う。それよりは販売会社とともに、セミナーなどを通じた情報提供に力を入れていくべきだと考える」


このコメントには多くの方が驚きをもって取り上げています。
「投信」の罠 たけくらべ

投信の罠Nightwalker's Investment Blog)

グロソブ(グローバル・ソブリン・オープン)の問題点(ris)

みなさんが驚き呆れています。もちろん、ボクも驚きました。


このコメントの主が心の底で「投資家なんてカモ」だと思っているのがよく分かります。販売側が投資家を如何に軽く見ているかの証左とも言えます。投資家のレベルを見くびっているからこそ、こんなにも正直な発言ができるのでしょう。
運用成果の改善にはおそらく全く何の貢献もしないセミナーの開催を頻繁に開催することで、今の信託報酬のレベルが正当化できると言い切っている傲慢さには呆れかえってしまいます。この手の週刊誌はニュアンスの部分で記事にするところもあるやに聞いていますが、今回のケースは実際にこのようなコメントがあったように思われます。というのもセミナーについて

「それでも、まだまだ。もっと増やしたい。」(山内副社長)

とのコメントが掲載されているからです。運用のパフォーマンスには何の貢献もしないが新規の顧客が増やせるセミナーに精を出す、と高らかに宣言しているわけです。

前回のエントリで触れましたが、日本の資産運用業が産業とはとても言えない、とあらためて感じます。

ところで、一部の書店ではダイヤモンドの今週号が品薄になっているらしいです。
もしかしたら、販売側の人間が買い占めているのかもしれません。

ボヤをさらに燃え広がらせるようなエントリになってしまいましたが、資産運用業のパラダイムシフトには投資家の意識・リテラシーの向上が不可欠です。投資家を小馬鹿にした運用会社があることはハッキリと備忘録に残しておきたいと思います。

| 資産運用 | 21:02 | comments(10) | trackbacks(2) | 
コメント
トラックバック&記事内でのご紹介ありがとうございます。
>もしかしたら、販売側の人間が買い占めているのかもしれません。
 ウケました(^^;)。そうかもしれません。
 
| NightWalker | 2006/11/30 9:54 PM |
NightWalkerさん、コメントありがとうございます。
販売している銀行だって証券会社だって困るでしょうから買い占めるんじゃないでしょうか。
そんなお金があるなら、信託報酬を下げて欲しいものですが不都合な雑誌を買い占める方が安上がりでしょうね。
| renny | 2006/12/02 4:59 PM |
はじめまして。駆け出しインデックス派のkodと申します。
私はこの発言を読んだとき、勇気があるのか馬鹿なのかどっちだろう?
と真剣に考えてしまいましたが、なるほどrennyさんのおっしゃる通り、
投資家を完全に見くびっているという本音の裏返しなんでしょうね。
rennyさんをはじめとするインデックス派ブロガー達が大きなうねりを
起こし、このおっさんが猛省する日が来ることを願っています。
| kod | 2006/12/03 2:16 AM |
九州の西の果ての書店も品薄です。
てか、私まだ買えてません。−−;

| にじ@Ray | 2006/12/04 10:01 AM |
土曜日に京都でかなり大きな書店を何軒か巡ったものの見あたらず(東洋経済はたくさんあるのに・・・)、ちょっと穴場の書店で見つけて買いました。やはり買い占めにあっているんでしょうか?
中身はhttp://fund.jugem.jp/?eid=184#sequelでrisさんが書かれていたとおりでごもっともですが、肝心の代案がいまいちで使えないのですぐゴミ箱行きでした。マスコミもあおるだけでなく、もうちょっと勉強して建設的な議論をしてほしいです。
| HZ | 2006/12/05 12:58 PM |
コメントありがとうございます。

>kodさん

個人投資家からヒンシュクを買うことを事前に承知しての発言だったのかどうか。このコメントだと投資家の不興を買うだろう、と想像できないくらいの程度の人たちが運用しているファンドが5兆円超え。世の矛盾を感じます。

>にじ@Rayさん

今週号(12月9日号)の巻末編集長のコメントによると
「発売当初から猛烈な売れ行きを示しました。二日目の麻には増刷を決定。週刊誌の重版・再配本はめったにないことです。」とのことです。ということですのでいずれ入手可能なのではないか、と思います。買占め勢力には気をつけてくださいね。(笑)
ところで「取材対象となった投信会社からは抗議がありました。」とも。件のミスターが「そんなこと、言ってないぞ」とでも怒鳴り込んだのでしょうか。後の祭りですよね。

>HZさん

代案らしい代案が出せないところが、日本の投信環境の最大の問題点ではないでしょうか。
| renny | 2006/12/05 6:52 PM |
抗議する時点で確信犯なんでしょうね。−−;
| にじ@Ray | 2006/12/07 4:30 PM |
確信犯なんですかね? ボクは逆に当の本人はこんなことになるなんて当初予想していなかったんではないか、と思います。
販売会社から「今週のダイヤモンドは買い占めないと具合が悪いような内容だ。その原因はアンタだよ」と販売会社から苦情が来て初めて自分の発言の拙さに気づいたのではないでしょうか。
| renny | 2006/12/07 11:05 PM |
もしそうだとしたら相当なアホだと思うのですが。。
てか顧客を舐めすぎ。。。−−;

| にじ@Ray | 2006/12/08 8:25 AM |
一方であのような発言をして、顧客を選別するという狙いもあったのかもしれません。あの記事で反応するような客に商品を売ると後々具合が悪いだろうし、という面もあるかもしれません。
| renny | 2006/12/09 6:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/72
トラックバック
5兆円の投資信託「グロソブ」運用会社の言い分
日本で一番売れている投資信託「グローバル・ソブリン・オープン」。その額たるや5兆円以上! その運用元である国際投信投資顧問 副社長は、運用結果よりも情報提供が大事だと言っています。
| 投資信託のブログ|ファンドの海 | 2006/12/10 2:32 PM |
グローバル・ソブリン・オープン〔毎月決算型〕(ノーロード投資信託)
世界主要先進国のソブリン債券に分散投資し、リスク分散をはかったうえで、長期的に安定した収益の確保と信託財産の成長を目指す。
| ノーロード投資信託ブログVer.2−手数料無料投信データ− | 2007/09/25 11:41 AM |