CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< パフォーマンス比較 アルファ #41 (2020年5月) | main | WEEKLY PER #117 >>
国内中小型株式ファンドをウオッチ(2020年6月) #94

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

国内中小型株式ファンドをウオッチ

 

です。
94回めです。

調査につかったのはモーニングスターです。
データベースに格納されているファンドは全部で 5,865本。

前回 から 21減です。
このうち、国内の中型株、小型株を組入れの中心としているファンドの数は

 

 

277本 

でした。前回  から1減です。

 

一番規模が大きいのは

【 ひふみプラス 】

 

33ヶ月連続のトップです。

 

2020年6月19日時点の純資産総額。 
277本の全部を足すと、2兆5,480.74億円。 
86ヶ月連続の1兆円超えです!

52ヶ月連続で2兆円超えです!

5ヶ月連続で3兆円を下回りました。


平均は 91.99億円。中央値は 26.09億円。

平均100億円を 下回りました。

 

純資産総額のトップ10です。

クリックで拡大してください。

 

20200619_モーニングスター_国内中小型株ファンド_純資産総額_top10

 

前回のトップ10を振り返ってみましょう。

 

20200522_モーニングスター_国内中小型_純資産総額_トップ10

 

フィデリティ・日本成長株・ファンド】のカテゴリが大型グロースに変更されたようです。

 

純資産総額100億円超のファンドは59本。前回から5増です。 

 

純資産総額で

 

ひふみ投信】が2位。前回から順位を1つ上げました。 
結い2101】は10位です。前回から順位を1つ上げました。

【 SBI 中小型割安成長株ファンド(年2回) 『愛称 : jreviveII』 】は

11位です。前回から順位を1つ上げました。

【 スパークス・M&S・ジャパン・ファンド 『愛称:華咲く中小型』 】は49位です。

前回から順位を1つ下げました。

【 三井住友・中小型株ファンド 】は61位です。前回から順位を2つ下げました。

【 スパークス・日本株式スチュワードシップ・F 『愛称 : 対話の力』 】は212位。

前回から順位を2つ下げました。

農中<パートナーズ>おおぶねJAPAN(日本選抜)】は210位。

前回から順位を1つ上げました。

【 げんせん投信 】は250位。前回から順位は変わらず。 


国内小型株ファンドについては、以下の表でまとめることにしました。 
クリックで拡大してください。

 

20200619_国内小型株ファンド_投信会社別

 

国内小型株式ファンドの純資産額合計が 2回連続で1兆円を上回りました。

前回に続いてトップは アセマネOne でした。

 

続いて、

JPX日経中小型株指数に連動するインデックスファンド、ETFです。

現在、インデックスファンド3本、ETF2本が存在します。

 

【 インデックスファンドJPX日経中小型株 】

【 SMT JPX日経中小型株インデックス・オープン 】

【 eMAXIS JPX日経中小型インデックス 】

【 One ETF JPX日経中小型 】

【 MAXIS JPX日経中小型株指数上場投信 】

 

その純資産総額の推移を追いかけています。

 

2020年6月19日時点で5つのファンド 合計で

 

125.21億円

 

20200619_JPX日経中小型株インデックスファンド_ETF_NAV

 

5本の合計額は前回比 1.24億円減 となりました。

 

一番設定が古い

【 MAXIS JPX日経中小型株指数上場投信 】の1年リターンの推移、

上記の「国内中小型株式ファンド」と比較してみました。

 

となっています。

 

202005_JPX日経中小型インデックスETF_1年リターン

 

対象のファンドの順位の推移です。

 

202005_JPX日経中小型インデックスETF_1年リターン_順位推移

 

2020年5月のトップは

【 スパークス・日本株式スチュワードシップ・F 『愛称 : 対話の力』 

2回連続のトップです。

 

過去のトップ獲得回数トップは

【 三井住友・中小型株ファンド 】11回(/26回)で、

 

 

一方、ビリは

【 三井住友・中小型株ファンド 

4ヶ月連続で4度目です。

 

過去のビリ回数トップは

【 SBI 中小型割安成長株ファンド(年2回) 『愛称 : jreviveII』 

10回で、

【 スパークス・日本株式スチュワードシップ・F 『愛称 : 対話の力』 

6回で続いています。

 

このシリーズを始めた理由。それは・・・ 


このカテゴリーのファンドで資金の厚みや

 

どっしり感が高まっていくと、 

日本経済は面白くなる!?
 


と考えたからです。

 

次回をお楽しみに。

 

 


| 国内中小型株式ファンドをウオッチ | 00:18 | comments(0) | - | 


コメント
コメントする