CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
MOBILE
qrcode
<< スパークス『厳選投資』ウオッチ #60 (2020年5月末) | main | ひふみ投信ウオッチ 2020年6月号 #102 >>
『セゾン資産形成の達人ファンド』の純資産総額が1,000億円を突破しました!!!

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

本日、2020年6月9日、

【セゾン資産形成の達人ファンド】の純資産総額が

 

1,000億円

 

を突破しました。

 

2020年6月9日、セゾン資産形成の達人ファンド、1000億円突破

 

 

 

祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝

 

 

iDeCo、NISAでとってもお世話になっているファンドですから。

 

毎月買付ける投信(2019年5月)

 

<NISA(@セゾン投信)の記録>

 

 

振り返れば、2007年3月15日、2.54億円でこのファンドはその歴史をスタートさせました。

 

 

2013年5月15日に純資産総額が100.41億円と100億円を超えました。

設定から2,253日後でした。

当日の基準価額は11,350円でした。

設定当日を基準にした騰落率は+11.35%、

年率換算で2.07%でした。

 

この日から589日後、2014年12月25日

純資産総額 200.85億円、200億円を超えました。

当日の基準価額は 15,997円。

100億円突破の日を基準にした騰落率は+40.94%、

年率換算で23.72%でした。

 

そして、この日から335日後、2015年11月25日

純資産総額 303.20億円、300億円を超えました。

当日の基準価額は 17,155円。

200億円突破の日を基準にした騰落率は+7.24%、

年率換算で7.92%でした。

 

さらに、464日後、2017年3月3日

純資産総額 401.86億円、400億円を超えました。

当日の基準価額は 17,581円。

300億円突破の日を基準にした騰落率は+2.48%

年率換算で1.95%でした。

 

ここから216日後、2017年10月5日

純資産総額 500.07億円、500億円を超えました。

400億円突破の日を基準にした騰落率は+13.24%

年率換算で23.40%でした。

 

さらにここから217日後、2018年5月10日

純資産総額が600億円を突破しました!

500億円突破の日を基準にした騰落率は+4.53%

年率換算で7.74%でした。

 

その日から138日後、2018年9月25日

純資産総額が700億円を突破しました!

600億円突破の日を基準にした騰落率は+7.15%

年率換算で20.06%でした。

 

さらにその日から303日後、2019年7月25日

純資産総額が800億円を突破しました!

700億円突破の日を基準にした騰落率は-2.24%

年率換算で-2.88%でした。

 

その日から152日後、2019年12月24日

純資産総額が900億円を突破しました!

800億円突破の日を基準にした騰落率は+7.07%

年率換算で17.83%でした。

 

その日から168日後、2020年6月9日(←今、ココ!)

純資産総額が1,000億円を突破しました!

900億円突破の日を基準にした騰落率は-1.82%

年率換算で-3.92%でした。

 

設定日を基準にすると、本日時点で4,835日経過、13年3ヶ月、

騰落率は+128.78%、年率換算では 6.45%になります。

 

今回900億円から1,000億円までの100億円に掛かった日数は、600億円から700億円への100億円に掛かった日数、800億円から900億円への100億円に掛かった日数に次ぐ3番目のスピードでした。資産規模が大きくなったことがスピードアップにつながったものと考えます。しかし、資産規模がいくらあっても資金が流出していては純資産総額も積み上がりません。

 

月末基準の受益権総口数の推移です。クリックで拡大します。

ご覧になるとお分かりになると思いますが、今回800億円から900億円までの100億円に掛かった日数は、600億円から700億円への100億円に掛かった日数に次ぐ2番目のスピードでした。株価上昇による基準価額アップが大きかったようです。しかし、基準価額のアップがあっても資金が流出していては純資産総額も積み上がりません。

 

月末基準の受益権総口数の推移です。クリックで拡大します。

 

202005_セゾン資産形成の達人ファンド_受益権総口数

 

このグラフでは分かりにくいのですが、1ヶ月で受益権総口数が減ってしまった(=資金純流出)月は、たったの5回しかありません。2013年6月、2013年10月、2013年11月、2013年12月、2016年12月。2013年は証券税制の税率変更の影響があったため致し方無い面がありました。こうした税制変更なかりせば、と思われます。

 

 

 

投資先の「本源的価値」を捉えて、しっかりと測って、厳選した会社に投資することを一貫して継続しているファンドマネジャー、運用会社を探し出して、しっかりとした関係を築く、これが『セゾン資産形成の達人ファンド』の最大の特徴だと考えています。そこに大きな魅力と可能性を感じています。

 

ちなみに、ボクがこのファンドに本格的につみたて投資を開始したのは、2012年7月からです。正直、もっと早く始めときゃ良かったって思っています。このファンドにはこれからも長くお世話になるつもりです。

 

次はピッチを少し広げて、1,200億円にしてみようと思います。

 

その日をお楽しみに!

 


| 『セゾン資産形成の達人ファンド』をもっと! | 17:56 | comments(0) | - | 


コメント
コメントする