CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< WEEKLY PER #114 | main | MUROYANAGIのk2k2ヒストリー #51 >>
NISA(@セゾン投信)の記録 #66 2020年5月

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

<お時間があればご一読を>

 

自己紹介 (2020年5月版)

 


 

<NISA(@セゾン投信)の記録> 

です。シリーズ66回目です。 

ボクのNISA口座のその後の軌跡を辿る企画です。

 

2014年、2015年、2016年は


結論・NISAの利用法


2017年、2018年は

 

2017年、NISAはこう使います。


2018年、NISAはこう使います。

 

そして、2019年。

 

2019年、NISAはこう使います。

 

こちらにある通り、

2014年も、2015年も、2016年も、

2017年も、2018年も、2019年も、

NISA口座は セゾン投信 です。

 

つみたてNISAは選択しませんでした。

2020年もつみたてNISAではなくNISAです。

 

 

 

NISA 2016(2016年分のinvest)


口座は2014年からの継続です。
2016年1月の買付からNISA口座に入りました。

セゾン バンガード・グローバルバランスF
セゾン 資産形成の達人ファンド

セゾン投信が設定、運用、販売する両方のファンドを買付けました。

通算買付回数は 25回 でした。
定期定額買付以外にスポットで1回。

新規投資ではなく、これまで保有していたファンドを幾つか解約、現金化して買付を実行。最終的に、NISA枠を100%消化しました。

買付額としては NISAを利用した2つのファンドはこのようなウエイトになりました。

 

NISA2016_買付額

 

2019年5月31日時点のウエイトはこうなってました。

 

201905_NISA2016_piechart

 

1年後、2020年5月29日のウエイトはこうなりました。

 

201905_NISA2016_piechart

 

2016年の投資総額に対して、2つのファンドを合算して +40.7% の評価となっています。
この1ヶ月の騰落率は +6.6% でした。

この1年の騰落率は +4.6%でした。
XIRRを計算すると 8.3% となりました。

 

 

NISA 2017(2017年分のinvest)


口座は2014年からの継続です。
2017年1月の買付からNISA口座に入りました。

セゾン 資産形成の達人ファンド

このファンド1本のみでNISA枠を消化しました。

一括買付です。

 

20170131_NISA2017_piechart

 

2016年あるファンドを全額解約した資金をこちらに移動したんです。

 

2017年の投資総額に対して+25.1% の評価となっています。
この1ヶ月の騰落率は +6.7% でした。

この1年の騰落率は +4.6%でした。

XIRRを計算すると 6.9% となりました。

 

NISA 2018(2018年分のinvest)


口座は2014年からの継続です。
2018年1月の買付からNISA口座に入りました。

セゾン 資産形成の達人ファンド

このファンド1本のみでNISA枠を消化しました。

一括買付です。

 

20170131_NISA2017_piechart

 

2017年の終わりにファンドを解約して出来た資金をこちらに移動したんです。

 

2018年の投資総額に対して -0.8% の評価となっています。

XIRRを計算すると -0.3% となりました。

 

 

NISA 2019(2019年分のinvest)

 

NISA2014(2014年のinvest)のうち、

セゾン 資産形成の達人ファンド】のみをロールオーバー。

セゾン バンガード・グローバルバランスF】は2018年中に解約して現金化、その現金で【セゾン 資産形成の達人ファンド】を2019年1月に買付けました。その買付が終わった後、NISA2019の枠に余りがあったので、枠がいっぱいになるまで【セゾン 資産形成の達人ファンド】をスポットで買付けました。

 

2019年、NISAはこう使います。

 

こちらに書いた通りです。

 

したがって、

 

20170131_NISA2017_piechart

 

こうなっています。

 

パフォーマンスはどこから見るかで少し見方が変わってくるのです。

セゾン 資産形成の達人ファンド】の2014年に投資した金額に、2019年新たに買い付けた金額を加えた額を「投資元本」とすると、2020年5月末時点で+26.3%の評価となっています。

セゾン 資産形成の達人ファンド】のロールオーバー時の評価に、2019年新たに買い付けた金額を加えた額を「投資元本」とすると、2020年5月末時点で+15.5%の評価となっています。

 

 

NISA 2020(2020年分のinvest)

セゾン 資産形成の達人ファンド】のみをロールオーバー。

別のファンドを全額解約して、残っていた枠を【セゾン 資産形成の達人ファンド】で埋め尽くしました。

 

したがって、

 

20170131_NISA2017_piechart

 

パフォーマンスはどこから見るかで少し見方が変わってくるのです。

セゾン 資産形成の達人ファンド】の2015年に投資した金額に、2020年新たに買い付けた金額を加えた額を「投資元本」とすると、2020年5月末時点で+5.8%の評価となっています。

セゾン 資産形成の達人ファンド】のロールオーバー時の評価に、2019年新たに買い付けた金額を加えた額を「投資元本」とすると、2020年5月末時点で-9.7%の評価となっています。

 

NISA TOTAL(5年分のinvest)

 

2016年、2017年、2018年、2019年、2020年を合計してどうなっているか、がこちらです。

 

202002_NISA TOTAL

 

投資総額に対して、+19.7% の評価となっています。
XIRRを計算すると 5.1% となりました。

 

こんなグラフもつくってみました。

クリックで拡大してみてください。

 

202005_NISA total_history

 

202005_NISA_評価損益_内訳

 

以上です。

ボクのポートフォリオ全体については

保有資産の配分 で御紹介しています。

次回をお楽しみに。

投資信託|セゾン投信

 


| NISA(@セゾン投信)の記録 | 00:18 | comments(0) | - | 


コメント
コメントする