CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< WEEKLY PER #98 | main | 『げんせん投信』ウオッチ #29 (2020年2月) >>
スパークス『厳選投資』ウオッチ #56 (2020年1月末)

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

<お時間があればご一読を>

 

自己紹介 ― I Love "投資信託"|renny|note

 


 

 

毎月買付ける投信(2019年5月)

 

 

こちらでご紹介の通り、『厳選投資』を毎月買付けています。

 

『厳選投資』は、スパークス・新・国際優良日本株ファンド

の愛称です。

 

その『厳選投資』を定点観測するシリーズです。

 

『厳選投資』は2008年3月に設定されていますが、あまり昔を振り返っても仕方ないので、この部分はウオッチの起点を2014年6月とします。クリックで拡大してください。

 

202001_スパークス_厳選投資_NAV_UNITS

 

10ヶ月連続の 資金純流出 です。

 

2015年7月からの数ヶ月の受益権総口数の異常な増え方をご覧ください。

これは無茶苦茶な販売がされたことが影響しているとボクは見ています。ファンドの方針、特徴を共有できていない投資家にまで販売されていたのではないか、と考えてしまいます。

そうしたことが影響したのか、

2016年7月から16ヶ月連続で資金純流出

となっていました。

 

しかし、2017年11月、ようやく純流入に転じました。

で、17ヶ月連続の純流入。

2019年4月、大量の資金流出。

続いて、2019年5月、6月、7月、8月、9月、10月と資金流出。

11月、12月は29億口、18億口減少する、大量流出です。

2020年1月は6億口減と少し穏やかになったものの、流出は流出です。

 

流出が続く事態となっています。

引き続き注視したいと思います。

 

では、このファンドの特徴、月次レポートをチェックしてみます。

 

月次レポート です。 過去のレポートも見られます!

組入れ状況から見てみます。クリックで拡大します。

 

202001_スパークス_厳選投資_ポートフォリオ

 

前回 はこうでした。

 

201912_スパークス_厳選投資_ポートフォリオ

 

上位5社の顔ぶれに変更ありません。

組入の会社数は前回から1社増え、18社となりました。

 

今月のレポートから:

 

 

「新型コロナウイルス感染症の拡大」は、当ファンドのポートフォリオが持つ「ビジネスの優位性」とは直接関係ないものと、私どもは考えます。

当ファンドのポートフォリオの約3分の1は、「中国におけるビジネスを主な成長分野の一つとしている企業」 で構成されていますが、・・・

 

 

 

当ファンドのアプローチは、優れた日本のグローバル企業(以下「優れた企業」)の集中ポートフォリオを構築 し、それを長期にわたって保持して、資本の複利効果を捉えることです。「優れた企業」という用語は、投下資本 に対する持続可能な高収益を有する企業だけでなく、・・・

 

 

続きを読みたい!そうお感じになったら月次レポートをご覧ください。

 

 

パフォーマンスです。

 

202001_スパークス_厳選投資_5年_ローリングリターン

 

202001_スパークス_厳選投資_5年_ローリングリターン_出現回数

 

202001_スパークス_厳選投資_10年_ローリングリターン

 

続いて、つみたてシミュレーション です。
ファンドの設定以来、毎月末に10,000円ずつコツコツ買い付け続けたら2020年1月末にどうなっているか、その行動を開始した月によってどのように違いが出るかを試算したものです。このシミュレーションの起点は2008年3月末とします。

 

202001_スパークス_厳選投資_k2k2

 

さて、ボク自身のこのファンドのinvestの実際はこんな感じです。

 

202001_スパークス_厳選投資_k2k2_actual

 

2016年12月に他のファンドの解約資金の一部でスポット投資しています。

2020年1月末の評価額(時価)は、投資累計額の+34%となっています。

前月末は+39%、2019年1月末は+21%でした。

 

以上

 

スパークス『厳選投資』ウオッチ

 

でした。次回をお楽しみに。

 



| スパークス『厳選投資』ウオッチ | 06:27 | comments(0) | - | 


コメント
コメントする