CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2019年10月31日現在の資産配分 ― アクティブ運用比率は47% | main | NISA(@セゾン投信)の記録 #59 2019年10月 >>
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019 に投票しました #foy2019

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

<お時間があればご一読を>

 

自己紹介 ― I Love "投資信託"|renny|note

 


 

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019

 

投票を済ませました。

 

毎月買付ける投信(2019年5月)

 

 

毎月買付けている投資信託の中から、「価格(株価)」ではなく「価値」を追究していると感じられるアクティブファンド3本を選びました。

 

 

 

カッコ内は投票時の配点です。

 

1.農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね (1点)

 

今年5月から毎月買付けるようになった投資信託です。

 

【読ませる月次レポート!】『農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね』ウオッチ

 

このシリーズで毎月取り上げていますが、とにかく月次レポートの中身が濃い、濃ゆいです。驚いたのは、投資先の会社だけではなく、時には投資候補先として調査中の会社まで取り上げることもあったことです。また、投資先の会社との対話を、投資実行後も丁寧に行っていると感じられます。どんな視点で、どんな角度から会社の「価値」を測ったかを詳しく説明されていることで、投資先の会社はもちろん、投資信託全体への信頼が高まります。

 

2019年10月末の受益権総口数は21.8億口。前年同期比で3.1倍になっています。

資金純流入が継続(20ヶ月連続)しており、今後も支持を広がっていくのではないかと考えています。

 

哲学や価値観を伝えるためにnoteでの発信に取り組まれていることも素晴らしいと思います。

 

 

 

 

2.結い 2101 (1点)

 

設定以来、毎月買付けている投資信託です。

 

鎌倉投信ウオッチ

 

この投資信託も月次レポートの中身の濃さが特徴的です。投資先となった会社がどうして「いい会社」だと評価したのか、ということを感じると同時に、この投資信託でも投資開始後、投資先との関係を深めようとする行動がなされているのを感じることできます。それを最も明らかにするのが年に一度催される、受益者総会です。今年、数年ぶりに参加しましたが、投資先、投信会社、受益者(投資家)との関わり、つながりを感じることが出来たのは大変良い体験となりました。また、この受益者総会で、鎌倉投信・社長の鎌田さんがただの一度もご登壇されなかったことに大いに驚かされました。投信会社として「次代」を築いていく意思を示されているのを強く感じました。

 

2019年10月末の受益権総口数は213.2億口。前年同期比8%増です。

時々、まとまった資金流出の月があるのですが、ここ半年、資金純流入が続いています。

 

最近、結いブログの更新頻度が上がっているのも良いですね。

 

結いブログ | 鎌倉投信

 

 

 

3.セゾン等資産形成の達人ファンド(3点)

 

『セゾン資産形成の達人ファンド』をもっと!

 

こちらのシリーズで毎月ポートフォリオの内容をウオッチしています。

 

 

201909_NISA TOTAL_piechart

 

<NISA(@セゾン投信)の記録>

 

こちらのシリーズの通り、ボクのNISA口座はこの投資信託が主力になっています。2015年分のロールオーバーが来年初めにありますが、その際にもさらにウエイトを上げる予定です。

 

最大の魅力は、世界中の会社の中から"短期的な市場の動向ではなく投資対象の価値を重視して選別投資" しているという点です。

高く評価しているのですが、もう少し何とかしてほしい!改善して欲しい!と感じる部分があるので、その改善実現を願って、今回、この投資信託に投票しました。

 

もう少し何とかしてほしい!改善して欲しい!のは

 

月次レポート

 

です。月次レポートの内容でいけば、他に投票したいファンドが幾つかありました。しかし、ボク自身にとっては非常に重要な位置づけの投資信託であるだけに、こうした判断をしました。

 

https://www.saison-am.co.jp/fund/master/_pdf/report2_1910.pdf

 

ページ数、分量はたっぷりあります。

が、内容をご覧ください。冒頭6ページは「市場動向」の説明です。

いわば「価格」の話です。

「価値」に触れている部分は「ファンドマネジャーの一言」の部分、半ページ程度です。

 

価値を重視して選別 ということからすれば、あまりに淡泊な報告だと感じられてなりません。短期的な「価格」の話で紙幅を使うのではなく、長期の目線でみた「価値」の話を、もっと力を込めて伝える方が良いのではないでしょうか。

 

Shimoyamaさんもこんなツイートを。

 

 

2019年10月末の受益権総口数は386.6億口。

前年同期比20%増と規模が大きくなってきた今でも非常にしっかりとした支持を得ているものと感じます。

34ヶ月連続で資金純流入。

設定来151ヶ月が経過して、資金重流出となったのはたったの5回です。

 

このように大きな信頼を集めてきている投資信託です。

 

投資家が自分の保有している投資先の「価値」を実感することができれば、より大きな信頼を集めることも出来るかもしれません。

 

「価値」を追究している投資信託であることを、もっと明瞭に発信して欲しいな、と思います。

 

 

以上、

 

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019

 

への投票内容でした。

 


 


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ



 


| 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/6080
トラックバック