CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< k2k2invest-2016 #42 (2019年6月末) | main | パフォーマンス比較 アルファ #30 (2019年6月) >>
MUROYANAGIのk2k2ヒストリー #40 #コツコツ投資

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

<お時間があればご一読を>

 

自己紹介 ― I Love "投資信託"|renny|note

 


 

 

MUROYANAGIのk2k2ヒストリー

第40回です!

おさらいです。MUROYANAGIとは?

 

 

2016年度の新入社員です。
FC東京の2016年シーズンのルーキー、室屋選手、柳選手が名前の由来です。

初任給からコツコツ投資をちょっぴり始める、そんな前提でk2k2シミュレーションです。
そのMUROYANAGIは4月末に最初の買付をしています。

2017年度以降の新入社員でもシミュレーションをしています。

それぞれのヴィンテージで5つのパターンを用意します。

毎月10,000円の使い道を以下のようにします。

9,000円を預貯金、1,000円を【ニッセイ日経225インデックスファンド】
/NKK-1000

9,000円を預貯金、1,000円を【eMAXIS全世界株式インデックス】
/EMZ-1000

9,000円を預貯金、1,000円を【ひふみプラス】
/HFM-1000

5,000円を預貯金、5,000円を【セゾン・バンガード・グローバルバランスF】
/SVG-5000

5,000円を預貯金、5,000円を【セゾン資産形成の達人ファンド】
/SMS-5000

全部預貯金/No-k2k2

毎月の最終営業日の基準価額でファンドを買い付けます。

 

2016年組、MUROYANAGIです。

クリックで拡大してください。

 

201906_MUROYANAGI_k2k2history

 

201906_MUROYANAGI_k2k2history

 

2019年6月末時点、全てのコースがプラス評価。

SMS-5000、

SVG-5000、

EMX-1000、

NKK-1000、

HFM-1000の順となっています。

 

 

2017年ルーキー、OHIYAHAUS です。

 

201906_OHIYAHAUS_k2k2history

 

201906_OHIYAHAUS_k2k2history

 

2019年6月末時点、HFM-1000はマイナス評価。

SMS-5000、SVG-5000がトップ、2番手となっています。

 

2018年組は

矢島輝一選手、原大智選手、品田愛斗選手。

 

YAHARASHINA

 

201906_YAHARASHINA_k2k2history

 

201906_YAHARASHINA_k2k2history

 

2019年6月末時点、マイナス評価はNKK-1000とHFM-1000。

トップはSVG-5000です。

 

2019年組ルーキーです。

 

今季のルーキーは渡辺剛選手、中村拓海選手。

Tsuyoshi と Takumi ということで

コードネームは

TT

 

です。

 

201906_TT_k2k2history

 

2019年6月末時点、NKK-1000、HFM-1000、SMS-5000がマイナス評価。

先は長いのでじっくり見ていきましょう。

 

既に発表されている来季の新加入選手です。

 

 

 

紺野選手はユニバーシアードで優勝しました!おめでとう!

 

 

2020年組も楽しみです!

 

次回をお楽しみに!

 


 


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ



 


| MUROYANAGIのk2k2ヒストリー | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5979
トラックバック