CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< WEEKLY PER #65 | main | 投信概況 2019年5月 #119 >>
【読ませる月次レポート!】『農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド』ウオッチ #2 (2019年6月)

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

<お時間があればご一読を>

 

自己紹介 ― I Love "投資信託"|renny|note

 


 

 

毎月買付ける投信(2019年5月) #k2k2

 

2019年5月から毎月買付ける投信に加わった、

 

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド

 

定点観測!

 

題して

 

【読ませる月次レポート!】『農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド』ウオッチ

 

です。

 

 

ポートフォリオの上位10社です。

前月末と比較しました。クリックで拡大してください。

 

201905_NVIC_米国株式長期厳選_上位10社

 

投資先は28社と前月末比 増減ありません。

月次レポートに特段の説明がなかったので、新規の組入れも、Exitも無かったものと想像します。(その旨の記載があると嬉しいですね)

 

組入期はこの投信のマザーファンドの決算期を示しています。

マザーファンドは

第1期が 2015年11月30日〜2017年2月15日

第2期が 2017年2月16日〜2018年2月15日

となっています。現在は第4期中ということになります。

上位10社のうち、8社が第1期に組み入れられた投資先と考えられます。

 

一番右端が S&P500指数に連動することを目指すETF IVV での各社のウエイトです。10社足して4%ですから、Active Shareはかなり高くなるはずです。

 

さて、このファンドの最大の特徴の一つが月次レポートの「運用コメント」の欄です。

 

今回、トップ10の顔触れに加わった CLOROX COMPANY については、2018年6月末時点の月次レポートで詳しく説明されています。

 

https://www.ja-asset.co.jp/fund/140829/pdf/2018/06/pdfg140829_201806.pdf

 

分析、評価は3つの角度からなされています。

 

1.産業の付加価値

2.競合環境

3.長期潮流

 

投資対象 | 農林中金バリューインベストメンツ株式会社

 

このファンドの投資対象=「構造的に強靭な企業®」の定性的特徴として挙げられている3つの要素ですね。

 

最新の月次レポートでは、投資先としてポートフォリオに組み入れるか否か検討先の会社の1社、Republic Services についての調査の内容が非常に詳しく説明されています。当然のことながら、分析、評価の角度は3つとなっています。

 

1.産業の付加価値

2.競合環境

3.長期潮流

 

内容についてご興味ある方は月次レポートをご覧ください。

 

https://www.ja-asset.co.jp/fund/140829/pdf/2019/05/pdfg140829_201905.pdf

 

投信の月次レポートを沢山読んでいますが、投資するか否か検討している会社について、ここまで詳しい説明を行っているケースは他に見たことがありません。投資している会社ですら、しっかりと説明している投信の方が圧倒的少数派ですから。

 

なぜこれほどしっかりとした報告をされているのか。

 

昨日、放送された番組を見ました。

 

 

この投信のCIO、奥野さんがたっぷりお話されていました。

そこで何度も強調されていたのが「オーナーシップ」。

 

価値を生みだし続ける会社を探し出して、その株式を所有、保有する、そして、その事業内容を理解しようとする、機会があれば会社との対話を通じてその価値創出の持続性を高められるようなアドバイスを提供する、これらの行動こそが「オーナーシップ」である、と。

 

こうしたオーナーシップを具体化するためには、投資するか否かを検討するに当たり、様々な調査を行い、評価し、判断することが必須であるというNVICさんの姿勢、構えを、月次レポートで伝えようとされているんだとボクは理解しています。投信の投資の成果をもたらす源泉は、投資先の各企業が生み出す価値、である以上、どうやって探し出そうとしているのか、魅力的な機会を見出した際にその価値がどのようにして生み出されるのか、維持されているのか、維持し続けることができるのか、それらに対して、どんな分析を行っているか、どう評価しているのか、そこをしっかりと丁寧に伝えようとすることが、投資家と投信との信頼関係を強めることになるのだ、というNVICさんの信念を、月次レポートから強く感じます。

 

純資産総額と受益権総口数の推移です。

 

201905_NVIC_米国株式長期厳選_純資産総額_受益権総口数

 

 

【読ませる月次レポート!】『農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド』ウオッチ

 

次回をお楽しみに!

 

ご参考:

 

アクティブかインデックスか、というのは問題ではない。(農林中金バリューインベストメンツ・奥野一成さん)

 

 

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド

 

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド 第1期運用報告書(決算日2018年6月20日)

 

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドを今月からInvest出来ます(歓喜)|renny|note

 

 


 


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ



 


| 【読ませる月次レポート!】『農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね』ウオッチ | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5947
トラックバック