CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< ぷしゅ よなよなエールがお世話になります | main | MUROYANAGIのk2k2ヒストリー #38 #コツコツ投資 >>
[シリーズ30回到達記念]モーニングスターの「国内株式型」分類、運用歴10年以上のファンド のパフォーマンスランキング『トップ10』獲得回数の『トップ10』を発表

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

<お時間があればご一読を>

 

「投資信託って素晴らしい仕組みだよね」を当たり前に!

―『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018』を終えての所感。

#foy2018

 


 

10連休のため、毎月ウオッチしているファンドの月次レポートの時期が遅くなりそう。ということで、連休特別企画を考えました。

 

当ブログで毎月更新しているシリーズ

 

モーニングスターの「国内株式型」分類、運用歴10年以上のファンド

 

こちらが前回、30回目を迎えました。

 

このシリーズでは該当のファンドの1年、3年、5年、10年リターンを基にランキングを付けています。

 

具体的には、

1年リターン、3年リターン、5年リターン、10年リターンそれぞれで順位を出す。

おそらく毎月本数が変わるので、順位のパーセンタイルを出す。

1年リターン、3年リターン、5年リターン、10年リターンの順位パーセンタイルの平均値が低いファンドを選んでみよう。

というものです。

 

30回分のデータから、このランキングでのトップ10獲得回数の上位11ファンドを調べて見ました。

 

【!ご注意ください!】

 

これからご紹介する好成績のファンドは、

過去の成績が立派ということであって、

これから先どのような成績を残すかは誰にも分かりません。

繰り返します、あくまで過去の結果です。

将来は分かりません。ご留意くださいませ。

 

 

トップ10

獲得回数

#30

順位

ファンド名
28回 7位 MHAM 新興成長株オープン 『愛称:J-フロンティア』
26回 37位 新成長株ファンド 『愛称:グローイング・カバーズ』
24回 21位 SBI 中小型成長株F ジェイネクスト 『愛称:jnext』
23回 10位 日本新興株オープン
19回 20位 SBI 小型成長株ファンドジェイクール 『愛称:jcool』
17回 1位 DIAM 新興市場日本株ファンド
17回 79位 SBI 中小型割安成長株F ジェイリバイブ 『愛称:jrevive』
15回 4位 マネックス・日本成長株ファンド 『愛称:ザ・ファンド@マネックス』
15回 19位 日興 グローイング・ベンチャーファンド 『愛称:グローイング・ベンチャー』
13回 3位 スーパー小型株ポートフォリオ
13回 73位 大和住銀 日本小型株ファンド

 

この11ファンドに共通しているのは「小型株」を組み入れるアクティブファンドという点です。

この2年半、小型株のパフォーマンスが良かったということがその一因だったと考えられます。

 

上位5つのファンドを対象に、もう少し詳しく見てみましょう。

 

5本のうち、最も歴史が短いファンドが

SBI 小型成長株ファンドジェイクール 『愛称:jcool』

です。2005年12月に設定されています。

 

1年リターンの推移です。

 

201903_国内株式10年超_トップ獲得回数_上位5ファンド_1年リターン_since200512

 

3年リターン(年率換算)の推移です。

 

201903_国内株式10年超_トップ獲得回数_上位5ファンド_3年リターン_since200512

 

5年リターン(年率換算)の推移です。

 

201903_国内株式10年超_トップ獲得回数_上位5ファンド_5年リターン_since200512

 

 

10年リターン(年率換算)の推移です。

 

201903_国内株式10年超_トップ獲得回数_上位5ファンド_10年リターン_since200512

 

年率換算ではなく、単純な10年リターンの推移です。

 

201903_国内株式10年超_トップ獲得回数_上位5ファンド_10年リターン_2_since200512

 

直近の数字を見ました。

2009年3月末に投資していたら10年後、こうなっていたことになります。

 

ファンド 倍率
MHAM 新興成長株オープン 『愛称:J-フロンティア』 7.20倍
新成長株ファンド 『愛称:グローイング・カバーズ』 6.21倍
SBI 中小型成長株F ジェイネクスト 『愛称:jnext』 6.25倍
日本新興株オープン 8.33倍
SBI 小型成長株ファンドジェイクール 『愛称:jcool』 8.13倍
TOPIX連動型上場投資信託 2.50倍
日経225連動型上場投資信託 3.07倍

 

上記の試算は分配金は税控除されることなく再投資されている前提になっていますので、実際に保有していたケースはより低い倍率になっているはずです。

 

こちらのノートもご参考になる、かもしれません。

 

アクティブファンドの手数料は、本当に「話にならないくらい高過ぎるのか」?

 

【!繰り返しのご注意です!】

 

上記で挙げた好成績のファンドは、

過去の成績が立派ということであって、

これから先どのような成績を残すかは

誰も分かりません。

 

繰り返します、あくまで過去の結果です。

将来は分かりません。

 

ご留意くださいませ。

 

 

モーニングスターの「国内株式型」分類、運用歴10年以上のファンド

 

次回をお楽しみに。


 


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ



 


| モーニングスターの「国内株式型」分類、運用歴10年以上のファンド | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5900
トラックバック