CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< チョクハンk2k2通信簿(FoF編) 2019年2月末 #105 | main | 『本日のスープ 〜株式投資をめぐる三重奏〜』電子書籍版が出来ました!!! >>
チョクハンk2k2通信簿(日本株式F編) 2019年2月末 #104

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

<お時間があればご一読を>

 

「投資信託って素晴らしい仕組みだよね」を当たり前に!

―『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018』を終えての所感。

#foy2018

 


 

チョクハンk2k2通信簿(日本株式F編)

の第104回です。

日本株式を中心に組入れているチョクハンの投資信託について、コツコツ毎月積立で投資し続けたら(つまり、#k2k2ですね)、どんな成績になっているのかを毎月チェックしていきます。
このシリーズでチェックするチョクハンの投資信託です。

さわかみファンド
⇒ 商品の詳しい説明は こちら

ひふみ投信
⇒ 商品の詳しい説明は こちら

コモンズ30ファンド
⇒ 商品の詳しい説明は こちら

結い 2101
⇒ 商品の詳しい説明は こちら

ザ・2020ビジョン
⇒ 商品の詳しい説明は こちら


それぞれのファンドについて、2008年10月から毎月末10,000円ずつ積み立てていたら、2019年2月末の評価額がどうなっているかを試算したものです。(【コモンズ30ファンド】は2009年1月、【結い 2101】は2010年3月、【ザ・2020ビジョン】は2013年12月 のスタートです。)

 

 

これらのチョクハンのファンドとの比較対象としているのが

日本株式のインデックスファンド。

 

SMT TOPIXインデックス・オープン
ニッセイ日経225インデックスファンド

 

チョクハンじゃないけど気になるあのアクティブファンドも。
そのファンドは

JPM ザ・ジャパン

です。

このファンド、ネット証券でも申込手数料が1%=税抜 掛かっていたのでそれを加味していましたが、2017年9月からSBI証券で申込手数料がゼロになりましたので(こちら をご覧ください)2017年9月からは手数料ゼロで試算します。

これに加えて

スパークス・新・国際優良日本株ファンド 『愛称:厳選投資』

設定当時から買付手数料が無料で買付けられたのか定かではないので、あくまでシミュレーションです。なお、今はマネックス証券では、買付手数料無料、しかも最低投資額100円となっています。

 

 

それでは試算結果です。

クリックで拡大してください。

 

201902_チョクハン(日本株式ファンド)_k2k2

 

(時価÷投資累計額)-1の表です。

 

201902_チョクハン(日本株式ファンド)_k2k2_2

 

時価が投資累計額の2倍以上になっているケースを赤で塗っています。

時価が投資累計額を下回っているケースを青で塗っています。

 

スパークス・新・国際優良日本株ファンド 『愛称:厳選投資』

2011年7月末以前から毎月定額でコツコツ投資を続けた場合、時価が投資累計額の2倍以上になっています。

 

ひふみ投信

2010年11月末以前から毎月定額でコツコツ投資を続けた場合、時価が投資累計額の2倍以上になっています。

 

グラフです。

ここには YAMAZAKIYAMAZAKI 2011 も加えてみます。
YAMAZAKI については こちら
YAMAZAKI 2011 については こちら
クリックすると拡大します。

 

201902_チョクハン(日本株式ファンド)_k2k2

 

直近24ヶ月版です。

 

201902_チョクハン(日本株式ファンド)_k2k2_Last24months

 

上記の試算は

「過去にこういう行動を取っていたら、最近こんな感じですわ」

ということを示しているので、将来がこういう風に続いているというわけではありません。
くれぐれも誤解の無いようお願いします。
時間の経過で様子がガラッと変わってしまうこともあります。

この試算はある一瞬を切り取ったスナップショットなんです。

次回をお楽しみに。

 


 


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ



 


| チョクハンk2k2通信簿(日本株式F編) | 00:18 | comments(2) | trackbacks(0) | 
コメント
今更ながらrenny様が「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」の委員長を辞任されたことを知り、大変残念に感じております。

私は投信ブロガーでもないですし、運用に関してもド素人ですが、アクティブファンドも含めて運用してます。
もちろんアクティブはしっかり評価して(過去のパフォーマンスだけではなく、出来うる限り人材や投資プロセスなどの定性面も評価して)選別しています。

renny様のご友人達を非難するつもりはございませんが、インデックスファンドしか検討する気の無い投信ブロガーやFPの方は、あまりにレベルが低すぎると感じています。
インデックスファンドの評価ほど簡単なものは無いからです。わざわざインデックスファンドのFund of the Yearをやってもつまらないですし・・・。

私も採用されないことを承知でアクティブを5本ほど投票させていただきましたが、2019年もインデックスばかりで大変残念というか、面白味の無い結果だと感じました。

ですから、他のブロガーの方と比べて非常にレベルの高い分析をされているrenny様は、日本の金融リテラシーを向上させることができる重要な方だと思っています。
そのrenny様が委員長をお辞めになる、若しくは辞めざるを得ないというのであれば、それだけ日本の金融リテラシーは低いのかなと思います。

renny様がいないのであれば「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」を拝見する機会は減ると思いますが、renny様の今後のご活躍を期待しております。
必ず、日本のアクティブファンドを含めた投資信託の発展に貢献されるのだと信じております。
| ( ̄▽ ̄) | 2019/03/29 9:25 AM |
( ̄▽ ̄)さん、コメントありがとうございます。

http://www.fundoftheyear.jp/2018/-fund-of-the-year.html

「卒業」については、こちらに載せて頂いているメッセージをご覧ください。
| rennyです | 2019/03/30 6:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5864
トラックバック