CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< スパークス『華咲く中小型』ウオッチ #1 (2019年2月末) | main | セゾン投信 第12期運用報告会 ― 直販をつらぬけ! いそがないで歩こう。 >>
第1回 げんせんトークラウンジに参加 ― 「ワクワク」「イキイキ」「ニコニコ」で会社の価値の源泉を把握する!

JUGEMテーマ:Global Investment

 

<お時間があればご一読を>

 

「投資信託って素晴らしい仕組みだよね」を当たり前に!

―『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018』を終えての所感。

#foy2018

 


 

 

 

 

げんせん投信】の記念すべき初めてのイベント"第1回 げんせんトークラウンジ"に参加してきました。初めての試みということで、細かーいところで改善点はあるように思えましたが、そういうことは別にして、まず一歩踏み出すこと、アクションを起こすことが何より大切だと思うので、その点で非常に意義あるものだったと思います。

 

 

ファンドマネジャーの伊藤琢さんがどのようにして投資先を選び出すのか、という点を熱心に、汗だくになりながら説明してくださいました。特に重要視しているのが「見えない資産」。会社の組織に根付く企業理念に「ワクワク」させられるか、会社で働く社員の皆さんが「イキイキ」しているか、製品・サービスを受け取る顧客が「ニコニコ」しているか、それらの要素から会社の価値を測る、見出すという哲学、方針をしっかりと感じることが出来ました。こうしたアプローチを磨き上げることは、大きな差別化の要素、エッジに、きっと、なっていくと思います。

 

「価格」を見ながら株価指数にどうやったら勝てるか、ということを優先させているファンドマネジャーとは一線を画す存在になり得る、ということを感じ取ることが出来たのも非常に有意義でした。伊藤さんに「どうやってTOPIXに勝つつもりですか?」なんて問いかけは全く場違いですよ、ホント。このファンドは「価格」ではなく「価値」に投資するのだと受け止めました。確かに株価指数に勝てるファンドは無いか、というのがアクティブファンドを物色する投資家が考えることだと思います。しかし、です。株価指数に勝つことを最優先にするファンドマネジャーは、投資する会社の本質的価値を真面目に調査しているようには思えないんですよね。とにかく価格、バリュエーション重視。株価指数を上回るにはそれが一番大事!と考えているんでしょう。でも、それって、バリュエーションって、本当に水モノでしょう。そんなところで勝負するファンドマネジャーにボクはあんまり魅力を感じないわけです。一言で言えば、「しょーもない」。会社の価値をどうやったら掴むことができるのか、そのためにはどんなフレームワークが必要なのか、それを徹底的に考え続けて、旧弊を打ち破って挑戦し続けるファンドマネジャーにこそお金を託したいのです。その意味で、伊藤さん、そして、ファンドに関わるチームの皆さんには、これからもお金を託したい、お世話になりたい、ということを素直に感じました。

 

「ワクワク」「イキイキ」「ニコニコ」の観点でのスコアを付けているのは700社程度。この700社の根拠は、ニッセイアセットマネジメントのアナリストのみなさんのカバレッジが700社だということ。でも、面白いことに、その700社以外にも、伊藤さんがこの会社は「ワクワク」「イキイキ」「ニコニコ」してるんじゃないか!と判断したら、一本釣りで投資先になっちゃうこともあるらしいです。現在の51社の投資先のうち、数社が「一本釣り」だそうです。

 

話が少し変わりますが、東証一部が色々変わるかもしれないという報道が色々出ていますが、これが実際に起こると、市場の値付けが色々歪みそうです。その歪みを活用することで、価値ある会社をより手頃な価格で仕込む、投資することが出来るチャンスが生まれるかもしれません。その意味でも今後の投資行動が非常に楽しみなファンドになってくれそうです。

 

このようなコミュニケーションの機会は、直販でなくても実現できることを、今回のイベントは示していると思います。ただ、直販の皆さんはその気になれば、こうした機会をドンドン、ガンガン、バンバン作ることが出来るベースがあるという意味で、ボクは有利だと思います。アクティブファンドにとって、長く支持してくれる投資家とのつながりをつくるには、こうした機会が非常に有効なのは間違いありません。今日質問したのですが、【げんせん投信】を設定、運用しているニッセイアセットマネメントの皆さんは、どのくらいの人数が毎月積み立てで買付けているのか、まったく分からないそうです。販売会社もその種の情報のガードはかなり固いようです。でも、長く愛されるファンドを育てようとするならば、ある程度、販売会社も情報を共有することが重要ではないでしょうか。

 

とにもかくにも、初回に参加できて幸せでした。

次回は4月17日の開催が決定しているようです。

 

https://area18.smp.ne.jp/area/card/15971/GgEXB2/M?S=scngo0la0k

 

「ワクワク」「イキイキ」「ニコニコ」の会社ってどんなのだろう?

という疑問をお持ちの方はご参加されてみてはいかがでしょうか。

 

まあ、なんにせよ、 ファンドの「その先」にいらっしゃる、日々受益者のために奮闘されてる皆さんとのつながりはとーーーっても大切だと思いました! アクティブファンドとつながりを持つ醍醐味を大いに堪能することが出来ました。

 

ちなみに、ボクはごくごく少額ですが、【げんせん投信】を毎月、コツコツと買付けています。

 

『げんせん投信』ウオッチ

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 


 


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ



 


| 「新しい」投信文化 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5850
トラックバック