CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 『波瀾の時代の幸福論(著・John C. Bogleさん)』をもう一度 | main | 『セゾン資産形成の達人ファンド』をもっと! #38 (2019年1月) >>
一秒でも早く 一秒でも長く ― 『リーマンショックから10年』の補足みたいなもの

JUGEMテーマ:資産運用

 

<お時間があればご一読を>

 

「投資信託って素晴らしい仕組みだよね」を当たり前に!

―『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018』を終えての所感。

#foy2018

 


 

先日の『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018』表彰式の第一部。個人投資家の皆さんへのアンケート「リーマンショックから10年」の回答結果を、セロンさんと一緒にご紹介させて頂きました。その内容をすぱいくさんがブログで取り上げてくださっています。

 

 

当日、投影したグラフがこちらです。

クリックすると拡大します。

リーマンショック_金融危機_WF

 

「率」で見たらどうだったのよ?というご意見もあったようですので。。。

 

 

FROM200604TO201212評価損益(率)_

 

毎月末の 時価÷元本(累積投資額)-1 のグラフです。

2009年1月末が -37.0% と最もマイナスが大きくなったタイミングでした。その後、評価損状態が続きプラスに転じたのは2012年12月のことでした。ちなみに、それ以降はずっとプラス評価になっています。

 

こういうマイナスを抱えても継続できた理由は、「資産形成は長期で取り組むこと」という納得と、「これくらいの評価損ならしゃーないな」という諦めというか、余裕があったからでした。何より幸運だったのは、勤務先がリーマンショック、金融危機の中でも生き残ってくれたということでしょう。今回のアンケートの結果を見て、それを痛感しました。いわゆる「生活防衛資金」の重要性もあらためて認識しました。

 

それでもやっぱり、「生活防衛資金」を貯めつつも、同時に、コツコツ投資に取り組んだ方が良いんじゃないかな、とボクは考えています。

 

 

このインタビューで

 

一秒でも早く

一秒でも長く

 

とメッセージを書いたものの、そこのところはあまり触れられていないですよね、正直。

 

 

「元本」x「運用利回り」x「時間」

 

 

竹川美奈子さん著「貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからの とってもやさしいお金のふやし方」で紹介されている“お金をふやすための公式”です。

 

この公式を見て、重視すべきは「元本」「時間」だと考えるのです。とすれば、ごくごく少しの「元本」であっても、それに沢山の、一秒でも多くの「時間」を与える、それが大事、ということです。

 

renny_history_面積

 

青く塗った部分の面積を大きくすることが大事だとボクは考えているのです。

 

WF_200604-201812

 

2006年4月末時点の投資元本を100として、2018年12月末の時価がどのように積み上がったのかを示したのが↑のグラフです。

 

12月の株価下落でボクのポートフォリオの時価は11月末と比べて大きく減りました。1ヶ月の減少額でみると、2018年10月を超えて過去最大のものでした。スポットで追加投資できればなあ、というのが率直な気持ちでしたが、追加投資については普段通りの行動でした。(NISAのロールオーバーで色々と行動したんですけどね)

 

で、こうしたことをつらつら考えていると、まろさんのブログにこんな記事があったのを見つけました。

 

株式投資で大切なこと・6つ目の心得 | 投資を楽しむ♪

 

 

  • 結局、お金がお金を生む

 

 

まさにこれ!と思いました。

 

一秒でも早く取り組み始めることで、この段階にたどり着くまでの時間を短縮できるのでは、と思います。

 

ボク自身、まあまあ良い感じで資産形成が進捗したことが、「インデックスファンドはもうええわ」と考えるようになって追加投資を止めた大きな理由です。もちろん、インデックスファンドをメインにして投資をしていた方が金銭的に見てより高いパフォーマンスを得ていた可能性はありますよ、でも、まろさんが指摘されている通り、「投資リターンは人生のおまけ」と考えてみれば、ね、自分で納得できる投資をした方がええやん、と思うわけですよ。楽観的に過ぎるかもしれないですけど、長期で見たらちゃんと金銭的なリターンも付いてくるだろう、って。絶対的なプラスのリターンがあって、何より株式投資を通じた充足感が得られれば、別にいいじゃん、インデックスファンドに勝とうが負けようが、と。この心の余裕を生み出したのが「お金」なのかな、と考えています。

 

そんなこんなを考えての

 

一秒でも早く

一秒でも長く

 

というわけです。

 

ボクの言いたいことが上手く伝わるかちょっと自信ないですけど、繰り返しておきます。

 

一秒でも早く

一秒でも長く

 

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ



 


| #k2k2(コツコツinvest) | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック