CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< WEEKLY PER #40 | main | 国内中小型株式ファンドをウオッチ(2018年12月) #76 >>
「2018年の年間リターンはマイナスになるんじゃない?」と予感していた人は結構多かったのでは、というお話。

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

foy2018ttle

 


 

最近の株価下落。

「今年あたり、そろそろ(株価下落が起こる)かな?」と予感していた人、長くコツコツ投資を続けている人には、実は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。後出しジャンケンと言われればそれまでですが、ボク自身、今年はマイナスになるかも、と感じていました。

 

最大の理由は↓のグラフです。クリックで拡大してください。

 

201811_renny_年間収益率

 

ボクのポートフォリオの年間リターンの推移です。

2018年は11月末時点です。

2015年はギリギリプラスでしたが、2012年から2017年まで6年連続でプラスです。こうプラスが続くと、そろそろマイナスが来そうだなあ、という予感は出て来ますよね。

 

同じようなデータですが、次の数字もその予感をさらに強くしていました。

 

 

SPY_年間収益率‗1997-2017

 

SPY 240.70 -5.03 -2.05% : SPDR S&P 500 - Yahoo Finance

 

S&P500 の米ドルでの年間リターンの推移です。2009年から9年連続でプラスが続いていました。「そろそろかな」と予感させるだけのデータだと思います。このグラフで気になるのは、2000年から3年連続でマイナスが続いていること。IT相場の後のことですね。

 

今年3月から始めた毎週更新シリーズ

 

WEEKLY PER

 

これを始めた理由の一つに「そろそろかな」という予感もありました。

 

20181221_WEEKLY_PER

 

一番注目していたのは、IVV(S&P500に連動するETF)のPERでした。今年9月20日時点でPERは25.34、行き過ぎた過大評価とまでは言えなくとも、過熱感あるなあ、と思わせる水準であったことは確かです。結局、9月末がピークになりました。

 

ただ、いつがピークなるか、というのは事前には絶対に分かりません。

ピーク(ボトムも同じですが)は、振り返ってみないと分からないものなのです。

 

2019年、NISAはこう使います。

 

でもご紹介していますが、今月数回にわけて2014年のNISAで買付けた【セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド】を解約しました。もう一回、書きます、「数回に分けて」。

 

NISA2014_hitsory_20181221

 

NISA2014_hitsory_20181130_20181221

 

結果論ですが、数回に分けずに最初に全部の方が良かったようです。数回に分けた理由は、株価下落基調が続いてたのでタイミングを分散させることで良い手取りを実現してくれるかな、と予想したからです。結果はこうなりましたが、特に後悔はありません。仕方ないな、と。

 

さて、2019年。↑のSPYの年間リターンの推移で書きましたが、2000年から3年連続でマイナスになっています。

 

SPY_年間収益率‗1994-2008

 

こちら を見ると、1991年からプラスが続いていたようです。2000年まで9年連続でプラスリターン。その後3年連続でマイナス。一方、2009年から9年年連続でプラスだった、、、果たして2019年はどうなるのでしょうか。

 

ボク自身、着実に追加investを続けるのみ、そう考えています。可能であれば(まだ何とも分かりませんが)、ちょっぴり毎月のinvestを増額できれば、とも考えています。

 

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ



 


| #k2k2(コツコツinvest) | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック