CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 『げんせん投信』ウオッチ #15 (2018年12月) | main | 月利7%は無茶苦茶だとして、年利7%、きっちり7%ならあり得るか? >>
人生に投資をどう生かすか?/本日のスープ102皿目

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜>です。
102皿目を担当するのは ”投資を楽しむ♪”のまろさんです。

 


 

 

前回の一皿でのm@さんからのお題「アクティブファンドの評価軸」。

まず身も蓋もない言い方になってしまうが、個別株投資の投資家である今の私にとって、「投資リターンを得る」ためだけならば、株式に投資する投資信託は必要ない。現在、日本には6,000本もの公募投資信託が乱立しており、日経平均(225社)とS&P500(500社)から長く投資したい企業を選ぶ方が簡単に感じてしまうから。

ただ株式投資を単なる金儲けの手段として終わらせるのはあまりに惜しい。「株式投資を通じて世の中を学びたい!」という向上心が、投資以外の収入を増やし、人生を豊かにするものだと考えているから。たとえば私が大学卒業後に得た給与収入のほとんどが株式投資をはじめたことに由来するものだ。

「学びがあるか?」という観点からすると、私にとってインデックスファンドは論外。しかしごく一部のアクティブファンドには一考の価値がある。世の中や企業の見方など、自分では気付かなかった視点を与えてくれることで視野が広がるからだ。つまり私にとってアクティブファンドに不可欠な要素として、

投資先企業をどのような観点で将来有望と判断したのか等の情報開示

しかしこれ以上に私にとって大切な評価軸がある。現在、私の株式投資額のうち数%を鎌倉投信「結い2101」が占めており、継続的に投資している唯一のアクティブファンド。その訳は2008年春に感銘を受けた本にある。

坂本光司日本でいちばん大切にしたい会社

会計情報を中心に投資先企業を選んでいた当時の私は、この本を読んだことで、株主として誇れる会社に投資したいと考えるようになった。しかし今のように統合報告書やESG投資は一般的ではなく、片っ端からCSRレポートや環境報告書を読んでも本業との関連性が分からない記述ばかり。個人投資家としてできることの限界を感じていた。

そんな中、私と同じように坂本光司さんの著書に感銘を受け、創業時に運用方針策定の参考にしたという、アクティブファンドが登場した。それが鎌倉投信「結い2101」。自分がこういう運用をしたい!と思ってもできないことを実現してくれる、すなわち、

運用哲学に共感できる

これがなければ私にとって投資信託の存在意義はないと言っても過言ではない。そもそも投資信託は文字通り「信じて託す投資」なのだから。

ちなみに以前も紹介したとおり、私は鎌倉投信が縁で結婚した。28歳の時に経済誌の取材を受けて以降、あからさまにお金目当ての女性に言い寄られることが続き、生涯独身を決め込んでいたのだが…。結婚相手に求めるものが、投資に理解を示して欲しいがお金に目がくらむ人は嫌だ、という面倒なこだわりが成り立つには、鎌倉投信のような場が不可欠だったのかもしれない。

長くなってしまったので最後に話をまとめると、

投資リターンのみに着目しているうちは、株式投資による真の恩恵は受けられない

そこから得られる学び等の生かし方次第で、豊かな人生を送ることができる。これは私の人生で実証済みなのでかなり自信がある。つまり「投資を人生にどう生かすか?」という大前提から導き出される「アクティブファンドの評価軸」が、

運用哲学に共感できる」

投資先企業をどのような観点で将来有望と判断したのか等の情報開示

とはいえ個別株投資が主体の投資家の見方なので、少し変わっているかも。次回この道のプロであるrennyさんが書かれる一皿をメインに、今回の私の一皿はデザート程度に楽しんでいただくのがいいと思う。

まろ@投資を楽しむ♪

 

 

これまでの101皿です。

 

100皿目までを一気に味わいたい、そんなアナタは

 

本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜 100皿分を一気に召し上がれ!

 

をご覧ください。


<1皿目>
「本日のスープ(仮)」はじまるよ!
「投資をめぐる三重奏(仮)」はじまるよ!
「マットーネ :mattone(仮)」はじまるよ!

<2皿目>
「本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜」でいかがですか?

<3皿目>
おいしさ=味×心/本日のスープ3皿目

<4皿目>
株を持つという事は自分が関係者になること/本日のスープ4皿目

<5皿目>
「株式投資」:「安く買って高く売る」こと?それだけ?  /本日のスープ5皿目

<6皿目>
投資と資産運用の素因数分解/本日のスープ6皿目  

<7皿目>
株式投資はじめてものがたり/本日のスープ7皿目

<8皿目>
株式投資が世界を、未来を変えているかも/本日のスープ8皿目

<9皿目>
セレンディピティ/本日のスープ9皿目 

<10皿目>
利益の源泉は"ありがとう"/本日のスープ10皿目

<11皿目>
研いで出てくるのは塗り重ねたもんだけ/本日のスープ11皿目

<12皿目>
時代遅れの投信業界を目覚めさせたい/本日のスープ12皿目

<13皿目>
わかりにくい仕組みのままハードルを下げた投資信託/本日のスープ13皿目

<14皿目>
個人投資家は「舌」を鍛えよう!/本日のスープ14皿目

<15皿目>
食と投資の共通危機/本日のスープ15皿目 

<16皿目>
投資信託の見える価値と見えない価値/本日のスープ16皿目

<17皿目>
いでよ、アイアンシェフ/本日のスープ17皿目

<18皿目>
母のおかげで投資の世界へ/本日のスープ18皿目

<19皿目>
競馬から株式投資へ/本日のスープ19皿目

<20皿目>
学資保険に「ダメだ、こりゃ」と直感したのが、投資を始めたきっかけ/本日のスープ20皿目

<21皿目>
お金の法則/本日のスープ21皿目

<22皿目>
身近な投資ツール/本日のスープ 22皿目

<23皿目>
投資信託が投資のイメージを変えなきゃ!/本日のスープ23皿目

<24皿目>
時価が変わる世界に慣れるには?/本日のスープ24皿目

<25皿目>
信じるものに救われる/本日のスープ 25皿目

<26皿目>
時価のある世界にすぐに慣れた理由/本日のスープ26皿目

<27皿目>
和敬清寂/本日のスープ27皿目

<28皿目>
ファンドマネージャーの行動を評価したい/本日のスープ28皿目

<29皿目>
価値観を語り、運用方針の大枠を説明し、それが実践されたかどうかをレビュー出来る、そんなファンド(マネジャー)を希求するのには理由があります。/本日のスープ29皿目

<30皿目>
小型株に投資してこそプロの日本人だ/本日のスープ30皿目

<31皿目>
「長期投資」を謳うならぜひやって欲しいこと/本日のスープ31皿目

<32皿目>
ファンドを通じた投資家と企業のいい関係/本日のスープ32皿目

<33皿目>
小さな企業の成長を妨げるもの/本日のスープ33皿目

<34皿目>
投信会社の協調ってどう?/本日のスープ 34皿目

<35皿目>
「ふるさと投資」で投資のイメージが変わる!/本日のスープ 35皿目

<36皿目>
「間」に「場」があれば、世界は動きだす!/本日のスープ36皿目

<37皿目>
「伝える」ことはすごく大事。でも、その先にもっと大事なことがある。/本日のスープ 37皿目

<38皿目>
投信会社のお客様は誰?/本日のスープ38皿目

<39皿目>
アクティブファンドと恋がしたい!/本日のスープ39皿目

<40皿目>
投信業界に巣食う「神」/本日のスープ40皿目

<41皿目>
旗艦ファンドを大切に/本日のスープ 41皿目

<42皿目>
運用会社自身が投資不適格の自己矛盾/本日のスープ42皿目

<43皿目>
「誠実な説明」もできないのに、「目的を持った対話」なんて本当にできるのかしら。/本日のスープ43皿目

<44皿目>
貯蓄文化と投資文化/本日のスープ44皿目

<45皿目>
長い歴史を持つ、日本の投資文化/本日のスープ45皿目

<46皿目>
株式投資を「誇らしく」感じられますか? / 本日のスープ46皿目

<47皿目>
消費者以上、従業員未満の関係/本日のスープ47皿目

<48皿目>
江戸時代のカセギとツトメ/本日のスープ48皿目

<49皿目>
死ぬまで株式投資家でありたい/本日のスープ49皿目

<50皿目>
プチ旦那さんになりたい/本日のスープ 50皿目

<51皿目>
富と幸福の間をどう生きるか?/本日のスープ51皿目

<52皿目>
投資で「幸せ」を感じたい!/本日のスープ52皿目

<53皿目>
投資のリターンは「お返し」でもある/本日のスープ53皿目

<54皿目>
投資リターンは人生のオマケ/本日のスープ54皿目

<55皿目>
「支援し合う」関係に、”ゆっくり、いそげ”/本日のスープ55皿目

<56皿目>
「腹を括る」ということ/本日のスープ56皿目

<57皿目>
投資家の3分類/本日のスープ57皿目

<58皿目>
「投資」の懐が深すぎる件/本日のスープ58皿目

<59皿目>
一人一人に「投資」は嬉しい/本日のスープ59皿目

<60皿目>
初めは金儲けのための投資でいい/本日のスープ60皿目

<61皿目>
お金をふやしてくれるのは誰でしょう?/本日のスープ61皿目

<62皿目>
株主の責任、株式会社の責任/本日のスープ62皿目

<63皿目>
株式会社制度の本質的な問題/本日のスープ63皿目

<64皿目>
スチュワードシップ・コードはアダム・スミスの「株式会社への心配」を払拭する!?/本日のスープ64皿目

<65皿目>
レポートを読もう、そして感想を伝えよう/本日のスープ65皿目

<66皿目>
IR情報は投資家だけのためのもの?/本日のスープ66皿目

<67皿目>
「いい会社」が統合報告にイノベーションをもたらす可能性を秘めている!?/本日のスープ67皿目

<68皿目>
統合レポートでファンドを評価してみよう/本日のスープ68皿目

<69皿目>
レポート普及に運用会社も協力を!/本日のスープ69皿目

<70皿目>
レポート普及に運用会社も協力を! Part 2/本日のスープ70皿目

<71皿目>
CSRとCSV、SRIとESG/本日のスープ71皿目

<72皿目>
社会を意識した投資が必要なのはなぜか?/本日のスープ72皿目

<73皿目>
社会を意識した投資が必要なのはなぜか? Part 2/本日のスープ73皿目

<74皿目>
金融の世界にも「フェアプレー精神」を!/本日のスープ74皿目

<75皿目>

投資リターン向上に自利利他が必要/本日のスープ75皿目

 

<76皿目>

上場審査にESGを!/本日のスープ76皿目

 

<77皿目>

企業の成長を後押しするESG/本日のスープ77皿目

 

<78皿目>

ESG投資がその普及と引き換えに失うもの/本日のスープ78皿目

 

<79皿目>

「ESGインデックス投資」で会社の個性を埋没させるな!/本日のスープ79皿目

 

<80皿目>

個性を失い、コモディティ化の進む金融業/本日のスープ80皿目

 

<81皿目>

機心が生じれば本質を見失う/本日のスープ81皿目

 

<82皿目>

「面倒くさい投資家」という成分/本日のスープ82皿目

 

<83皿目>

お金の使い途を選択するということ/本日のスープ83皿目

 

<84皿目>

この3年をふりかえる/本日のスープ84皿目

 

<85皿目>

「投資の成功体験」って?/本日のスープ85皿目

 

<86皿目>

貯蓄と一緒に話せる資産形成/本日のスープ86皿目

 

<87皿目>

私の成功体験/本日のスープ87皿目

 

<88皿目>

私の株式投資、最大の『タラレバ』/本日のスープ 88皿目

 

<89皿目>

投資を通じて広がった世界へ飛び込むことに/本日のスープ89皿目

 

<90皿目>

投資には人生を変える力がある/本日のスープ90皿目

 

<91皿目>

株式投資の最初の一歩。そこから人生が変わる?/本日のスープ91皿目

 

<92皿目>

投資信託の顔が再び見えてきた/本日のスープ92皿目

 

<93皿目>

投信版・料理の鉄人。そろそろできる?/本日のスープ93皿目

 

<94皿目>

「運用報告会」で長く愛されるファンドを育てましょう!/本日のスープ94皿目

 

<95皿目>

「積立」×「投資」の相性はいかに?/本日のスープ95皿目

 

<96皿目>

積立投資が良質な投信を育てる/本日のスープ96皿目

 

<97皿目>

積立投資比率76%のファンドが問いかけていること/本日のスープ97皿目

 

<98皿目>

つみたて専業証券会社の新たな挑戦/本日のスープ98皿目

 

<99皿目>

この20年で改善された資産形成のための投信事情/本日のスープ99皿目

 

<100皿目>

「貯蓄から投資へ」ではなく「FX、仮想通貨と一緒に並べるな!」じゃない?/本日のスープ100皿目

 

<101皿目>

アクティブファンドの評価軸とは?/本日のスープ101皿目

 

 


| 本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5743
トラックバック