CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< NISA(@セゾン投信)の記録 #47 2018年10月 | main | 2018年 J1 第31節 vs 横浜Fマリノス #fctokyo ― 絶対に勝たなきゃいけない試合に勝てた! >>
『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018』に投票しました。 #foy2018

JUGEMテーマ:資産運用

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

 

foy2018ttle

 

http://www.fundoftheyear.jp/2018/

 

 

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018』

投票を済ませました。

 

1ポイントずつ5本のファンドに投票しました。

 


 

今回も「どなたでもご参加になれる」アンケートを実施しています。

 

リーマンショックから10年

 

お時間があれば、ぜひご協力ください。

 


 

1本目は

 

ひふみ投信

 

2008年10月の設定以来、ずっとお世話になっているファンドです。

 

堅田 雄太 | 運用部インタビュー | レオス・キャピタルワークス株式会社

 

高橋 亮 | 運用部インタビュー | レオス・キャピタルワークス株式会社

 

ひふみを紡ぐひとたち(第1回)職人技のトレーディングで資産形成に貢献する | ひふみラボ | レオス・キャピタルワークス株式会社

 

 

こうした発信がステキだと思うのです。

 

ボクたちのお金がファンドに投じられた時、その向こうに投信会社の皆さん(↑のインタビューで分かりますよね)がいて、その皆さんの日々の調査、運用(売買等)を通じてポートフォリオが形作られる。そして、そのファンドの向こう側には投資先の会社がいて、その向こうにはその会社のお客さん、様々な関係者、社会がある。この関係に希望や明るい未来があれば、そんな方向に向かうんじゃないかな、って。

 

ひふみシリーズ 最高投資責任者(CIO)の藤野英人よりメッセージ | ひふみ投信 | レオス・キャピタルワークス株式会社

 

"たとえ失敗しても尻込みすることなく、挑戦して頑張る企業に投資し続けます。"

 

期待しています!

 

2本目は

 

結い 2101

 

こちらもファンド設定(2010年3月)来、ずっとお世話になっているファンドです。

ファンド設定来、運用を担ってこられた新井さんの退職には大変驚かされましたが、違った新しい観点で、目線で「いい会社」を見つけ出してくれる、その出会いをつくってくださるのではないか、と期待しての1票です。

 

3本目は

 

セゾン資産形成の達人ファンド

 

iDeCoで毎月買付けていて、NISA口座でのメインファンドです。

 

投資先の選定方針、投資先、ポートフォリオ、パフォーマンスいずれにも非常に満足しています。本当はもっと買い増したいファンドです。投資先の内容についての開示をもう少し充実させてくれるとさらに満足度が高まるのですが。。。

 

4本目は

 

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)

 

お世話になり始めて3年超のファンドです。

ファンドそのものは今年設定10年を迎えました。

このファンドの魅力は 月次レポート です。

内容が非常に濃く、投資先に対する投信会社の見方がとても詳しく説明されています。

 

ボクの投資信託の見方を変えてくれた1本です。

 

と、ここまで4本はボクが毎月investしているファンドです。

 

 

毎月買付ける投信(2018年2月)

 

 

5本目は

 

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド

 

このファンドは保有していません。

investしたい!そういうファンドなのですが、楽天証券、マネックス証券での取り扱いが無いので実現していません。嗚呼、残念。

 

このファンドの魅力も 月次レポート です。

 

ファンドが投資先として選んだ際の「投資仮説」、そしてその検証のための会社訪問の模様などを丁寧に説明しているのが非常に素晴らしいと思います。

 

そして、もう一つ、素晴らしい試み。

受益者を対象にした年次総会。

 

Shimoyamaさんがブログでとても詳しく紹介されています。

 

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドの運用報告会(第一回年次総会) - セルフ・リライアンスという生き方

 

直販がベースとなっていないファンドでこの種の年次総会や運用報告会の場がもっと増えて欲しい、そんな願いも込めてこのファンドに1票を投じました。

 

SBI証券と何かと張り合っているように見える楽天証券さんには、こうした場面でも張り合って欲しいものです。

 

以上、ボクの投票したファンド5本をご紹介しました。

 

前回のトップ10はこんな感じでした。

 

 

ボクが今回選んだ5本の順位を楽しみにしています。

 

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ



 


| 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5695
トラックバック