CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)第6期運用報告書(決算日2018年7月23日) | main | WEEKLY PER #30 >>
シリーズ"モーニングスターの「国内株式型」分類、運用歴10年以上のファンド"で注目される投信会社10社

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

当ブログにはじめてお越しの方へ (2018年3月)

 


 

 

2016年10月末基準から定点観測を始めたシリーズ

 

モーニングスターの「国内株式型」分類、運用歴10年以上のファンド

 

このシリーズがおかげさまで2年分、24ヶ月分のデータを蓄積することができました。

 

1年リターン、3年リターン、5年リターン、10年リターンそれぞれで順位を出す。

おそらく毎月本数が変わるので、順位のパーセンタイルを出す。

1年リターン、3年リターン、5年リターン、10年リターンの順位パーセンタイルのAverageが低いファンドを選んでみよう。

 

というやり方で順位を付けて来ました。

 

2016年10月末以来、24ヶ月連続でトップ20をキープし続けたファンドは

 

MHAM 新興成長株オープン 『愛称:J-フロンティア』

中小型成長株ファンド-ネクストジャパン- 『愛称:jnext』

新成長株ファンド 『愛称:グローイング・カバーズ』

日本新興株オープン

 

の4本のみです。(詳しくは こちら を)

 

さらに条件を厳しく設定、24ヶ月連続トップ10をキープし続けたファンドは存在するでしょうか???

 

 

 

1本のみありました!

 

新成長株ファンド 『愛称:グローイング・カバーズ』

 

このファンド、最高順位は3位(2016年10月、2016年12月の2回)、2018年1月に10位となりましたが、24ヶ月連続でトップ10をキープし続けています。スゴい。

 

201809_グローイング・カバーズ‗10年リターン推移

 

10年前にこのファンドと出会うことができて、しっかり10年お付き合いしてきた人は結構な投資成果を受け取られていることでしょう。

 

さて、24ヶ月分データを蓄積できたということは、トップ10入りしたのは24x10=240本のファンドということになります。2017年5月、2018年1月、2018年4月に同率10位があったので全部で243本です。それらのファンドを投信会社別で見てみると、トップ10入りファンドを送り出したことのある投信会社は

 

10社 でした。

 

そこで、投信会社別にトップ10獲得回数を基にカウントダウンしていきたいと思います。

 

第9位が2社です。

 

スパークス・アセット・マネジメント

 

TORANOTEC投信投資顧問

 

トップ10獲得は両社とも2回です。

 

TORANOTECについては既に償還された【黒田アクティブジャパン】が2016年12月、2017年1月にトップ10入りしていました。このファンドの後継とも言える【 TORANOTEC アクティブジャパン 】が昨年9月に設定されているようです。

 

スパークス・アセット・マネジメントでトップ10入りした実績があるのは

 

スパークス・M&S・ジャパン・ファンド(愛称:華咲く中小型)】です。直近のランキングでも15位に入っており、今後が注目されます。

 

第8位は

 

三井住友アセットマネジメント

 

トップ10獲得回数は14回。

 

スーパー小型株ポートフォリオ】(直近10位)

三井住友・中小型株ファンド】(直近11位)

 

がそれぞれ7回ずつトップ10入りしています。

 

 

第7位は

 

三菱UFJ国際投信

 

トップ獲得回数は17回。

 

いちよし 公開ベンチャー・ファンド 】が9回、

ジャパニーズ・ドリーム・オープン 】が4回、

Jオープン (店頭・小型株) 】が2回、

日本株セレクト・オープン“日本新世紀” 日本・小型株・ファンド 】が2回、

 

トップ10入りしています。

 

 

第6位は

 

JPモルガン・アセット・マネジメント

 

19回トップ10入りしているのですが、、、

 

そのファンドは既に繰上償還されています。。。

 

 

第5位は

 

大和住銀投信投資顧問

 

大和住銀日本小型株ファンド 】が13回、

J-Stock アクティブ・オープン 】が9回、

 

22回、トップ10入りしています。

2つのファンドが直近のランキングでは36位、80位となっており最近少し冴えませんが、今後がたいへん注目されるファンドだと思います。

 

 

第4位は

 

日興アセットマネジメント

 

 

日本新興株オープン】18回

日興グローイング・ベンチャーファンド】11回

日興中小型グロース・ファンド】4回

 

3つのファンドで33回のトップ10入りとなっています。

 

 

第3位は

 

 

明治安田アセットマネジメント

 

 

新成長株ファンド【愛称:グローイング・カバーズ】】24回

小型株ファンド【愛称:グローイング・アップ】10回

 

の34回です。

 

 

第2位は

 

アセットマネジメントONE

 

MHAM新興成長株オープン】22回

DIAM新興市場日本株ファンド 】11回

マネックス・日本成長株ファンド 】9回

 

と既に償還されたファンドが2回で

 

トップ10入りが44回となっています。

 

第1位は

 

 

SBIアセットマネジメント

 

でした。

 

中小型成長株ファンド−ネクストジャパン−(愛称:jnext) 】22回

SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool) 】17回

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive) 】17回

 

トップ10入りが56回となっています。

 

 

以上の結果を見ると

 

中小型成長株ファンド−ネクストジャパン−(愛称:jnext) 】22回

SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool) 】17回

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive) 】17回

新成長株ファンド【愛称:グローイング・カバーズ】】24回

小型株ファンド【愛称:グローイング・アップ】10回

日興グローイング・ベンチャーファンド】11回

 

とこの6本のファンドで運用助言を務めているエンジェルジャパン・アセットマネジメントさんがここ2年素晴らしい結果を残していることがよく分かりますね。

 

この2年、小型株が特に良かったという面もありますので、今後このシリーズを続けることでどんな変化が現れるかも大変興味深いところです。

 

というわけで、次回以降も

 

モーニングスターの「国内株式型」分類、運用歴10年以上のファンド

 

ぜひお楽しみに!

 

【!ご注意ください!】

 

上記で挙げた好成績のファンドは、

過去の成績が立派ということであって、

これから先どのような成績を残すかは誰も分かりません。

繰り返します、あくまで過去の結果です。

将来は分かりません。

ご留意くださいませ。

 

 

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| モーニングスターの「国内株式型」分類、運用歴10年以上のファンド | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5670
トラックバック