CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2008年3月のパフォーマンス比較 | main | 純資産額上位20本 〜米国と日本の比較〜 >>
投信スーパーセンター #24
JUGEMテーマ:ビジネス


早くも投信スーパーセンターが3月の売れ筋!ランキングを更新しています。

第1位 年金積立 インデックスF海外債券(なし)
   (3ヶ月連続のトップ!)
第2位 ニッセイTOPIXオープン
   (前月2位と変わらず)
第3位 日経225ノーロードオープン
   (10ヶ月ぶりのランクイン)
第4位 年金積立 インデックスF海外株式(なし)
   (前月3位から1ランクdown)
第5位 PRU海外債券マーケット・パフォーマー
   (前回5位と変わらず)


前回に続いて

「毎月分配型投信」、「新興国株式投信」が含まれていません!

インデックスファンドがトップ5を独占!

この結果をどのように評価するのか、正直難しいですね。「インデックス投資」の浸透が進んでいること、ここ最近の弱気?相場では「インデックス投資」が支持されていることなどが窺えるように思います。

投信スーパーセンターで投信を買い付けようという投資家の方は、コストに敏感な方が多いのかもしれません。相場の環境が少し強気になってきた段階で果たしてこのランキングがどうなるか、その辺りも気になります。

さて、ランキングから消えてしまった「毎月分配型投信」、「新興国株式投信」ですが、インデックスファンドに比べると相対的にコストは高く設定されています。これは裏を返すと売り手にとっては「オイシイ」「手取りの良い」商品です。こうした商品がランキングから姿を消すということは、投信スーパーセンターの採算にも影響が出ているのでは?と想像されます。現在の取扱のボリュームがどの程度なのかが一切公表されていないので何とも言えませんが、ちょっと気になりますね。(大きなお世話ですかね。)

来月もインデックスファンドがトップを独占するか?注目です。

--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



| 投信スーパーセンター | 18:21 | comments(2) | trackbacks(0) | 


コメント
この下落相場に嫌気がさして普段「毎月分配型投信」「新興国株式投信」を買ってる人が買わなくなったけど、インデックス投資、長期投資、バイ&ホールド、などの人たちが淡々と買い続けたから。とかの影響もあるかなと思ったりしてます。
| w3zero7 | 2008/04/02 10:45 PM |
w3zero7さん、コメントありがとうございます。

淡々と買い続けている人が増えているんでしょうか。実態がどうなのか非常に興味深いですね。
| rennyです | 2008/04/06 6:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック