CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 株式投資は「未来」をつくりだす。だから投信会社には「未来」を語って欲しいのです。 | main | WEEKLY PER #23 >>
農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド 第1期運用報告書(決算日2018年6月20日)

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

当ブログにはじめてお越しの方へ (2018年3月)

 


 

シリーズ運用報告書を読むです。

 

今回は

 

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド

 

です。このファンド、ボクは保有していません(楽天証券かマネックス証券で取り扱いがあれば即買い付けるのですが・・・)が、個人的に強い関心を寄せています。

 

「“投資”とは今日の消費を一旦あきらめることで、将来より大きな消費を可能にする行為(=将来の購買力を高めること)です。“リスク”とは・・・」

 

 

長期的に価値の蓄積が見込める会社への厳選投資 ―「投資信託をもうちょっと身近に感じてみよう」勉強会・第5回

 

 

このファンドの第1期、最初の運用報告書全体版をチェックしてみました。

 

https://www.ja-asset.co.jp/fund/140829/pdf/pdfu140829_201806.pdf

 

 

 

このシリーズの主な着眼点はポートフォリオ、その変化です。

 

運用報告書(全体版)には

 

マザーファンドの決算日:2018年2月15日、このファンド自身の決算日:2018年6月20日、この両日のポートフォリオが載せられています。

 

それを編集したのがこちらの表になります。

クリックで拡大してください。

 

NZAM_米国長期厳選_ポートフォリオ_180620_第1期末

 

マザーファンドの第2期(2017年2月16日〜2018年2月15日)にポートフォリオに加わったのは TEXAS INTRUMENTS INC、ZOETIS INC の2社です。

 

 

TEXAS INTRUMENTS INC

 

 

TICKERは TXN です。

 

http://www.ti.com/corp/docs/company/history.html

 

歴史を見てみると、色々と「へぇ」と思わされます。

 

ファンドの月次レポートでは「投資仮説」が2017年8月末版に紹介されています。

 

https://www.ja-asset.co.jp/fund/140829/pdf/2017/08/pdfg140829_201708.pdf

 

 

ZOETIS INC

 

TICKERは ZTS です。

 

https://www.zoetis.com/about-us/history.aspx

 

ファンドの月次レポートでは「投資仮説」が2017年10月末版に紹介されています。

 

https://www.ja-asset.co.jp/fund/140829/pdf/2017/10/pdfg140829_201710.pdf

 

2018年6月20日時点で組み入れ比率が3.78%(8位)と、ファンド内でのウエイトが比較的高くなっています。

 

 

2018年2月15日から6月20日の間に、3社がポートフォリオから外れ、2社が加わり、第1期末時点の組入れ会社数は26社です。新たに加わったのは、CLOROX COMPANY と AGILENT TECHNOLOGIES INC です。

 

 

CLOROX COMPANY

 

TICKERは CLX です。

 

https://www.thecloroxcompany.com/who-we-are/our-heritage/timeline/

 

 

かなりの老舗なんですね。

 

ファンドの月次レポートでは「投資仮説」が2018年6月末版に紹介されています。

 

https://www.ja-asset.co.jp/fund/140829/pdf/2018/06/pdfg140829_201806.pdf

 

組入れから時間があまり経っていませんが、2018年6月20日時点で3.62%(13位)となっています。

 

AGILENT TECHNOLOGIES INC

 

TICKERは A です。

 

https://www.agilent.com/about/companyinfo/history/timeline_1999.html

 

こちらは比較的若い会社。HPからのスピンオフです。

 

ファンドの月次レポートでは「投資仮説」が2018年7月末版に紹介されています。

 

https://www.ja-asset.co.jp/fund/140829/pdf/2018/07/pdfg140829_201807.pdf

 

2018年6月20日時点の組入れ比率は1.55%。PERから見るとなかなかの評価ですのでこれからじっくりと、という感じでしょうか。

 

ファンドに組み入れられた各社の2018年6月29日時点の IVV でのウエイトを調べてみました。

 

iShares Core S&P 500 ETF | IVV

 

NZAM_米国長期厳選_ポートフォリオ_180620_第1期末_vsIVV

 

ファンドの26社合計(うち2社は IVV での組入れなし)は、5.81%です。

 

このファンドでの組み入れ比率をIVVでの組み入れ比率で割った数字が最も大きいのが、INTERNATIONAL FLAVORS & FRAGRANCE (IFF)です。

 

ファンドの投資仮説は、2017年7月末版の月次レポートで紹介されています。

 

https://www.ja-asset.co.jp/fund/140829/pdf/2017/07/pdfg140829_201707.pdf

 

運用報告書では、投資先個々についての説明はほとんどありませんが、月次レポートで非常に丁寧に詳しく説明されています。

 

一方で、プロセスについて、次のように運用報告書で説明されています。

 

 

 

 当ファンドの助言者である農林中金バリューインベストメンツ株式会社では、投資先のモニタリングや新規投資候補先の調査のため定期的に米国現地訪問を行っており、直近1年では40社超の米国企業と現地IR面談を行いました。現地に直接足を運んで米国企業の生の声を聞き、日本に持ち帰ってこれまでの「投資仮説」の検証を繰り返し行うことで、ポートフォリオ企業への投資確信度を高めることが出来ています。また、これらの地道な分析活動の結果、訪問企業の中から3社への新規投資に繋げることができました。

 

 

ファンドがどのように運営されていくのか、これからも注目したいと思います。

 

この運用報告書については、Shimoyamaさんもブログでご紹介されています。

こちらもぜひ!

 

米国株式長期厳選ファンドの第1期運用報告書をチェック - セルフ・リライアンスという生き方

 

 

シリーズ運用報告書を読む

 

次回をお楽しみに。

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| 運用報告書を読む | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5607
トラックバック