CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< WEEKLY PER #15 | main | NISA(@セゾン投信)の記録 #43 2018年6月 >>
目論見書、ネット証券のコンテンツに加えて「Live」を。

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

当ブログにはじめてお越しの方へ (2018年3月)

 


 

 

先日の勉強会 にご登壇してくださった奥野一成さん。

その奥野さんがCIOを務められている農林中金バリューインベストメンツが運用助言している公募投信です。

 

 

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド

 

 

このファンドの交付目論見書をあらためて見てみました。

 

 

「ファンドの特色」としてなぜ米国の会社を投資対象とするのか、が説明されています。

 

 

米国には、巨大なマザーマーケット、イノベーションが生まれやすい環境、世界市場を収益化できる力を背景に、日本市場と比較すると当ファンドが投資対象とする圧倒的な競争力を持つ企業が多数存在すると考えます。

 

 

さらに、その中からどんな基準で投資対象を選び出すのか、が説明されています。

 

 

 

徹底したファンダメンタル・ボトムアップアプローチにより、

 

付加価値の高い産業、

圧倒的な競合優位性、

長期的な潮流の

 

3つの条件を満たす、
持続可能なキャッシュ・フロー創出能力を有する

「構造的に強靭な企業」(後述「投資プロセス」参照)を見出し、

当該企業の本源的価格を算出して妥当なバリュエーションレベルで

長期厳選投資を行います。

 

 

「投資プロセス」で"構造的に強靭な企業"と認めるための具体的な条件が示されています。

 

また、どのように投資対象を選び出すのかについては、一つ具体的な行動が説明されています。

 

 

これまでに培った株式長期厳選投資ノウハウを最大限活用し、日系投資助言会社ながら米国現地企業への訪問を地道に繰り返しながら(2016年度米国企業訪問実績50社超)投資先候補企業を厳選する

 

そして、こう締めくくられています。

 

 

 

厳選された強靭な企業のみへ長期的に投資することで、持続的に増大する企業価値の恩恵(株価上昇)を享受することを目標とします。

 

 

交付目論見書

 

 

限られたページ数でファンドの方針、目論見、運用会社が提供するサービスについて具体的に説明されていて素晴らしい内容になっているものと感じます。

 

この目論見書を見て「投資したい、投資しよう」という考えを持つ方もいらっしゃるとは思います。が、一方で、その一歩、二歩、三歩手前でもう少し情報を得たい、知りたい、という方も多いのではないか、と想像します。

 

ネット証券を主な販売チャネルにしているファンドの場合、目論見書以上の情報を発信されるケースはこれまでほとんど無かった(設定時の募集の際は別として)のが、少し変化が表れつつあります。

 

SBI証券 - 投資の流儀 ファンドマネージャー・奥野一成


やっぱり、どんな「人」「チーム」がファンドを運営しているか、って大事ですよね。この点で、このSBI証券のコンテンツは非常に良いと感じます。

 

さてさて、

 

Shimoyamaさんが今回の勉強会の模様を紹介してくださっています。

 

農林中金バリューインベストメンツ・奥野一成さん(投資信託をもうちょっと身近に感じてみよう勉強会・第5回) - セルフ・リライアンスという生き方

 

Shimoyamaさん、ありがとうございます!

 

もちろん、この勉強会のレポート、非常に見事にまとめてくださっているのですが、その一方で、ライブで、同じ場所で時間を共にすることで感じられることもあるようにボクは思います。奥野さんがどんな語り口なのか、とか。

なので、今回の勉強会のような形式にとどまらず「Live」の場が、独自性ある方針の一貫したファンドを増やしていく、育てていくのに大事なことなのだろう、とあらためて感じました。

 

アクティブファンド選びで一番大事なこと|renny|note

 

この勉強会を終えると、毎回、感じていることなんですけどね。

 

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| 「新しい」投信文化 | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5544
トラックバック