CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 『セゾン資産形成の達人ファンド』をもっと! #31 (2018年6月) | main | 【月次レポートが素晴らしい!】『厳選投資』ウオッチ #36 (2018年5月末) >>
これでいいのか!?新規設定アクティブファンドの交付目論見書!

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

当ブログにはじめてお越しの方へ (2018年3月)

 


 

 

社会を意識した投資したくても、投信の選択肢がない! | 投資を楽しむ♪

 

まろさんです。

 

 

投資信託の「信託」とは文字通り「信じて託す」のはず。

個々の企業の何を評価して投資を決定したのか?
そもそも運用チームはどのような経験を持ったメンバーなのか?
などなど信じて託すに値する情報が少なすぎるのだ。

 

 

100%、200%、賛成です。

 

これに関連して、近々設定される、最近設定されたアクティブファンド2本の目論見書を見て感じたことがあったので、それについて書いてみます。

 

 

最初に取り上げるファンドは

 

「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」

 

です。

 

投信会社のページは こちら

 

販売会社の楽天証券も気合が入っているようで、特設ページを設けています。

 

世界の中大型株に厳選投資!「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」当初募集開始 | 楽天証券

 

販売資料 はかなり丁寧に作成されている印象です。

 

一方、目論見書はどうでしょうか、エッセンスだけを抽出しているはずの「交付目論見書」をまず見てみました。投資信託を購入することでどんなポートフォリオを持つことになるのか、それは一番大事なことだと思います。それについて、このように説明されています。クリックで拡大して下さい。

 

これでええのか‗目論見書

 

主要な資産の状況:

 

「該当事項はありません」

 

確かにこの新たに設定されるファンドには「ありません」

だって、まだファンドそのものが無いのだから。。。

でも、でも、です。

 

これでええのか‗目論見書_2

 

この新たに設定されるファンドの投資対象となる「ALAMCO ハリス グローバル バリュー株マザーファンド」ってどうなの?っていうことになると、実は2018年3月に11回目の決算を迎えています。(こちら の13頁をご確認ください)

請求目論見書 の28頁に マザーファンドのことが少し紹介されています。どんな会社の株式を保有しているかも載っています。

 

この情報、つまり、ファンドの実質的な投資対象ってファンドのエッセンスじゃないのか?!ってことです。

 

交付目論見書に掲載していないのは絶対にヘン!

 

まあ、ファンドが設定されて目論見書が更新される際にはポートフォリオの内容が記載されるのでしょうけれど。

 

このグラフにも一言。

 

これでええのか‗目論見書_3

 

このファンドは確かに新規設定ですが、マザーファンドは10年以上の運用実績があるんでしょうに。〔参考情報〕なら工夫して注釈付けるなりして載せることって出来ないのかな、と。

 

楽天証券の「今は(今だけ?)」気合の入った販売用資料もそう遠くない将来閲覧できないことでしょうし、定期的にアップデートされることだって恐らく無いでしょう。交付目論見書にもっと魂込めることって出来ないものでしょうか。このファンドを設定するALAMCOさんは投信会社として、投資先の情報を積極的に発信している投信会社ですから、余計にそう感じます。

 

次にご紹介するファンドが

 

ニッセイSDGsグローバルセレクトファンド(資産成長型・為替ヘッジなし)

 

こちらはつい最近設定されたばかりですが、販売会社に気合が無いようで販売用資料は見つかりませんでした。。。

 

交付目論見書 によると

 

これでええのか‗目論見書_4

 

こちらもマザーファンドがあるようです。

 

請求目論見書 を確認してみても、マザーファンドについての説明は見当たりません。つまり、このファンドの設定と同時に、マザーファンドも設定されるものと想像されます。運用実績はもちろん、このファンドを買い付けることでどんな会社の株式に投資することになるのか、全く分かりません、一切の情報がありません。

 

こういうファンドを設定するな!とまで主張するつもりはありません。

 

マザーファンドに運用実績が無いことを交付目論見書に記載すべきではないでしょうか。

 

まとめます。

 

運用実績のあるマザーファンドを活用するベビーファンドの

交付目論見書には、

マザーファンドの情報(運用歴、実績)を盛り込むべきです!

 

運用実績の無いマザーファンドを活用するベビーファンドの

交付目論見書には、

実績が無いことを太字ででっかく記載すべきです!

 

最初のまろさんのご指摘に立ち返ると、「信じて託す」以前の最低限の情報さえも発信できていないように思われてなりません。

 

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| 投資信託の新商品 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5515
トラックバック