CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< WEEKLY PER #11 | main | NISA(@セゾン投信)の記録 #42 2018年5月 >>
京都企業が世界を変える―企業価値創造と株式投資

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

京都企業が世界を変える―企業価値創造と株式投資

 

5年前に出版された本です。

 

2014年の京都大での講座

企業価値創造と評価

に登壇された、経営者の講義録がメインの一冊です。

 

京都大での講義に登壇された、京都企業の経営者は

 

オムロン・立石文雄さん

日本電産・永守重信さん

堀場製作所・堀場厚さん

島津製作所・服部重彦さん

ワコール・塚本能交さん

 

という超豪華メンバー。

ナマで受講された学生さんが羨ましい!

 

 

目次です。

 


 

第1章 京都企業が世界を変える

京都大学大学院経営管理研究部 教授 川北英隆

 

第2章 オムロン よりよい社会をつくる

 

第3章 日本電産 夢を形にする経営

 

第4章 堀場製作所 おもしろおかしく

 

第5章 島津製作所 科学技術で社会に貢献

 

第6章 ワコール 世界のワコールへ

 

第7章 グローバルに企業を選び投資する

野村総合研究所 金融ITイノベーション研究部 上席研究員 堀江貞之

 

第8章 長期投資の意義と実践

農林中金バリューインベストメンツ 運用担当執行役員 奥野一成

 


 

第1章、第7章、第8章の執筆者のタイトルは出版当時のものです。

 


 

講義録は経営者の皆さん、経営者の皆さんが率いる企業の個性がそれぞれ濃く表現されていて、臨場感がたっぷりでとても楽しく刺激的な一冊でした。

 

この本に登場する5社に業績と株価の推移を調べてみました。

2015年5月、この本が出版された時期です。

 

オムロン_6645_2018年5月

 

沿革|オムロンの歴史|企業情報|オムロン

 

日本電産_6594_2018年5月

 

1970's|日本電産全体|沿革 | 日本電産株式会社 - Nidec Corporation

 

 

堀場製作所_6856_2018年5月

 

沿革・歴史 - HORIBA

 

島津製作所_7701_2018年5月

 

[SHIMADZU] 会社案内 - 沿革 | 島津製作所について | 島津製作所

 

ワコールホールディングス_3591_2018年5月

 

グループ沿革 | ワコールホールディングス

 

 

本を読んで感じたのは歴史、沿革がその会社の個性を作り出しているのだなあ、ということです。それもあって各社のWebサイトの沿革のページも載せておきました。

 

ボク自身、京都で生まれ(8才まで住んでました)で、また5社のうち3社が京都市南区に本店を置いており(京都に住んでいた頃の我が家は京都市南区)、すごーく身近に感じられました。京都の企業文化については第1章、第5章で詳しく説明されています。

 

さて、第8章では、農林中金バリューインベストメンツの奥野さんの投資コンセプトについて詳しく説明されています。

 

経営者の機能は2つに分けられていて、現在のような変化のスピードが速い環境でより重要な機能はどちらの機能か、という指摘は印象的でした。この箇所で米国の会社が3社出て来たことも。

 

その奥野さんをゲストにお迎えする勉強会を6月29日(金)の夜、都内で設けます。

お申込み、お待ちしています。

 

「投資信託をもうちょっと身近に感じてみよう」勉強会第5回(ゲスト 奥野一成さん<農林中金バリューインベストメンツ常務取締役・CIO>)

 

 

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| 投資関連書籍の読書 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5508
トラックバック