CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 豊洲ららぽーと | main | 投信スーパーセンター #7 >>
投信スーパーセンター #6

投信スーパーセンター(投信SC)がついにオープンしましたね。バーチャルスーパーというイメージを具体化するための仕掛けのせいで、昨日一日はなかなかトップページにたどり着けませんでした。Yahooファイナンスにも一番目立つところにしっかり広告を入れていましたが、昨日の広告費に関してはムダというか、むしろ逆効果だったのでは?と思います。

さて、肝心の品揃えですがインデックスファンドを中心に見てみましたが水瀬さんの下記のエントリと全く同じ感想を持ちました。


取り扱い投資信託の数は多いですが、インデックス投資家にとっては、あまり有用性がなさそうです。


こうした品揃えをすれば、投信を500本並べることは可能です。売り手側からすれば「これだけ多くの選択肢を提供しています」ということなのかもしれませんが、インデックスファンドのようにその仕組み上ほぼ同じ値動きをする商品を何本も並べても買い手にとっては、おそらく何のメリットも無いと思います。投信のことをぜんぜん知らなかった人に対して、「投信によってこんなにも手数料が違うんですよ。」ということを説明したいのでしょうか。それであれば、そう説明した方がよほど親切です。しかし、販売手数料を決めているのは他ならぬ投信SCなのでこの説明は矛盾しています。
あるいは、

これだけ沢山の商品があるけれども、日本で買えるインデックスファンドってイマイチでしょ。

ということが投信SCのメッセージなのでしょうか。

ところで、


などのエントリで書いたこのPRU海外債券マーケット・パフォーマーがラインナップに入っていたのには、少し心が揺れました。投信SCで買うと販売手数料をしっかり取られるようですから、中央三井外国債券インデックスファンドからのスイッチは当面見送りです。

沢山の商品が並んでいることは素直に評価したいところですが、「進んで買いたいと思わせる商品はほとんど無い」うえに、生活に必要な商品は「別にもっと良い(安く買える)お店がある」というホントの総合スーパーの現状と重なります。

とはいえ、ここまで大々的に仕掛けてコケられると投信の進化には影響が大きいと思いますので健闘を祈ります。頑張れ、投信SC!!

| 投信スーパーセンター | 07:38 | comments(4) | trackbacks(3) | 


コメント
投信ってどうやって手数料決まるかしってます??
運用会社が決めるんではなくて、販売会社が決めるんですよ。
販売会社がほかの販売会社と同じ投信を扱うときに手数料を一つの販売会社だけで、ノーロード設定することはできないんです。
インデックスファンドは昔からの設定で、扱ってる数はどこの証券会社も少ないんですよ。
多いのは三菱東京UFJ証券ぐらい。あそこは合併しまくってるから。投信スーパーセンターのインデックスの品揃えは普通だと思いました。結構多いほうかも。
よくインデックスファンドを比べると設定された時期によって微妙に運用実績が違うので、そのあたりを見てみたらいいのではないでしょうか。
| 菫 | 2006/10/29 2:28 AM |
菫さん、コメントありがとうございます。

>販売会社がほかの販売会社と同じ投信を扱うときに
>手数料を一つの販売会社だけで、
>ノーロード設定することはできないんです。

ホントですか?
投信SCで売られている販売手数料2.1%のインデックスファンドTSPですが、マネックス証券で買えばノーロード(=販売手数料ゼロ)ですよ。

インデックス投信を取り扱う販売会社(証券会社)が少ないのは、「昔からの設定で数が少ない」からでは無いと思っています。販売会社の取り分が少ないから、だと思います。要は積極的に売りたくないし、できることなら個人投資家にその存在を知られたくない商品がインデックス投信だと思います。

そもそもインデックス投信なのに運用の巧拙を語ることはおかしな話で(トラッキングエラーの程度を語ることはあるかもしれませんが)、TOPIXのインデックスファンドをズラッと並べてスゴイでしょ?っていうのはその時点で個人投資家を甘く見ている証拠です。
本来やるべきは最もコストの安いインデックス投信を一つラインナップすることだと、ボクは思います。
| renny | 2006/10/29 9:06 AM |
投信SCで売られている販売手数料2.1%のインデックスファンドTSPですが、マネックス証券で買えばノーロード(=販売手数料ゼロ)ですよ。

これについては、いろいろ調べてみましたが、日興の取り扱い銘柄ですよね。
投信SCでは日興で販売している商品は同じ手数料で販売していました。
たぶん、ほかとコストが違うのはそのせいだと思います。
投信SCは日興の仲介業者ですから。
| 菫 | 2006/10/29 10:44 PM |
菫さん、コメントありがとうございます。
そうですね、日興コーディアルで取り扱いのある商品に関しては販売手数料が投信SCでも同じ手数料になると思います。
| renny | 2006/10/30 6:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
投信スーパーセンターがオープン
いよいよ先日、投信スーパーセンターがオープンしました。 当ブログに検索エンジンからアクセスいただいている方の 最近の傾向をみると、いかに投信スーパーセンターに注目している人が多いのか良く分かります。
| -資産運用-消費者に良い投資信託を買おう | 2006/10/24 10:14 PM |
投信スーパーセンター開店〜インデックスファンドの宝庫
日興コーディアル証券が、グループ内だけでなく、国内外の50社の運用会社が扱う投信をインターネットで販売する新サービス「投信スーパーセンター」をスタートした。さっそく取り扱い商品を見てみた。
| ris | 2006/10/28 10:30 AM |
BRICsへの投資
インフレの懸念の台頭を背景に米国が利上げのテンポを早めるとの予想が広がり、グロー...
| BRICs投資大調査 | 2006/11/08 6:27 AM |