CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< MUROYANAGIのk2k2ヒストリー #26 #k2k2 | main | パフォーマンス比較 アルファ #16 (2018年4月) >>
スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)第10期運用報告書(決算日2018年3月27日)

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

当ブログにはじめてお越しの方へ (2018年3月)

 


 

シリーズ運用報告書を読むです。

 

今回は

 

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)

 

このファンド、ボクが毎月買付けているファンドの1本です。

 

 

毎月買付ける投信(2018年2月)

 

こちらの最新の運用報告書がWebで閲覧可能になりました。

 

 

http://www.sparx.co.jp/mutual/uploads/pdf/unyouz-gen.pdf

 

ボクが一番に注目しているのはポートフォリオです。

クリックで拡大してください。

 

20180327_スパークス_厳選投資_ポートフォリオ_第10期決算

 

前期末(2017年3月27日)は16社の株式で構成されていましたが、第10期末では15社と1社減になっています。期中に新たに組み入れられた投資先は無く、ピジョンの株式が全売却されました。

 

ファンドのWebページからこれまでの推移をチェックしてみましょう。

 

第9期(2017年3月27日)

 

20170327_スパークス_厳選投資_ポートフォリオ_第9期決算

http://www.sparx.co.jp/mutual/uploads/pdf/unyouz-gen9.pdf

 

第8期(2016年3月28日)

 

20160328_スパークス_厳選投資_ポートフォリオ_第8期決算

http://www.sparx.co.jp/mutual/uploads/pdf/unyouz-gen8.pdf

 

第7期(2015年3月27日)

 

20150327_スパークス_厳選投資_ポートフォリオ_第7期決算

 

http://www.sparx.co.jp/mutual/uploads/pdf/unyouz-gen7.pdf

 

第6期(2014年3月27日)


20140327_厳選投資_組入れ銘柄

 

第5期(2013年3月27日)


スパークス_厳選投資_組入れ銘柄_2013Mar

 

第5期、第6期はWebページではなく、当ブログの

『厳選投資』という愛称はダテではなかった! Part 2

からです。

 

これらのデータを使って作成したのがこちらの表です。

 

スパークス_厳選投資_ポートフォリオ_history_第4期末以降_20180327

 

スパークス_厳選投資_ポートフォリオ_history_2_第4期末以降_20180327

 

上の表で黄色で塗った4社の共通点は、第10期(2017年3月〜2018年3月)中に保有株式数が増えているということです。つまり、買付>売却だったということ。

下の表で赤く塗ったのは株式全体の10%超となっていた投資先です。第10期末はソフトバンクグループ1社になっていますが、ファンドの過去を振り返ると6社が10%を超えていることもありました。

ご覧の通り、第10期末の投資先15社のうち、実に10社が第4期(2011年3月〜2012年3月)以前から投資先になっています。ボクがこのファンドに信頼を寄せる大きな理由がこの長期保有ぶりと厳選ぶりですね。

 

組入比率順に並べてみました。

 

スパークス_厳選投資_ポートフォリオ_組入比率順_20180327

 

TOPIXのETFの3月末時点のウエイトも こちら で確認して比較しています。

TOPIXでのウエイトは15社で8%程度となっています。

アクティブシェアは公表されていませんが、これを見る限り対TOPIXのアクティブシェアはかなり高いものになっているものと想像されます。計算しようと思えばできそうですが、断念。

 

ロート製薬はTOPIXに比べて94.88倍のウエイトです。これだけ集中しているわけですからTOPIXよりウエイトが高くて当然なのですが、フジシールインターナショナルだけはTOPIXの方がオーバーウエイトになっています。ほんのちょっぴり、ごくごく僅かな株式をファンドで保有しているようなのですが、これは一体。。。早晩、完全売却になるのでしょうか。フジシールインターナショナルは第4期以前からの投資先ですので気になります。

 

運用報告書では、投資先である日本電産、テルモ、リクルートホールディングス、日本たばこ産業について大変詳しく説明されており、こうした姿勢も信頼を寄せる理由です。ファンドへの信頼は全く揺らぎませんのでこれからもお世話になろう、毎月コツコツと買い続けたいと思います。

 

このファンドのもう一つの魅力は、充実の月次レポートです。

引き続き、毎月ウオッチしていきます。

 

【月次レポートが素晴らしい!】『厳選投資』ウオッチ

 

シリーズ運用報告書を読む

次回をお楽しみに。

 

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| 運用報告書を読む | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5496
トラックバック