CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< ひふみ投信ウオッチ 2018年5月号 #77 | main | 『セゾン資産形成の達人ファンド』をもっと! #30 (2018年5月) >>
丸井グループが"つみたて専門"証券会社で「10年後100万人、預かり資産1兆円」を目指す―まさに"Big Hairy Audacious Goal"

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

当ブログにはじめてお越しの方へ (2018年3月)

 


 

 

丸井グループが“つみたて専門”の証券会社を設立します

〜10年後に100万人へサービスを提供、

預かり資産残高1兆円をめざします 〜

 

丸井グループのプレスリリースです。

 

クレジットカードで投資信託を買うことって、できますよ、既に。

 

 

マネックス証券_セゾンカードで積立可

https://info.monex.co.jp/fund/tsumitate/flow.html

 

マネックス証券ではセゾンカードで投信積立ができます。

実際、ボクも長らくこのサービスにお世話になっています。ただし、ポイントはつきません。

 

楽天証券も楽天カードでの引き落としに対応しています。

こちらもポイントはつきません。

 

ということで、クレジットカードを使って投資信託を買うことはできます。

ただ、現状、ボクの知る2社はポイントが付かないのでエポスカードで投資信託を買うとポイント還元があるということであれば「日本初」になるかもしれません。でも、そういう「日本初」は別に目指さなくてもいいかもね、って思います。

 

だって、

 

"つみたて専門"

 

ですもんね。

 

ここまで絞り込んだのは「日本初」ではないでしょうか。

この「日本初」の方がはるかにカッコいい!

「長く続けるにはつみたてが良いですよ、向いてますよ」ではなくて

「専門」ですからね。

 

本当に「専門」でいられるのか、事業性を考えると微妙なところもありそうですが、「株式投資での資産形成にはつみたてで」というメッセージを前面に押し出すのには大いに効果があるように思います。ですから、"つみたて専門"という旗印にはできる限り、こだわってほしいな、あきめないでほしいな、そう思います。最初のプレスリリースでブチ上げたんだし。

 

プレスリリースによると

 

当社グループのエポスカード会員657万人(2018年3月末時点)のうち、約半数が20代・30代、約7割が女性のお客さま

 

 

どうでしょう、株式投資、投資信託を通じて時間を掛けてじっくり資産形成する、こうしたスタイルに馴染みのある方はそんなに多くはないのでは、と想像します。それを踏まえて10年後に100万人というのはスゴい壮大な目標値だと感じます。

 

名著『ビジョナリーカンパニー』でいうところの

Big Hairy Audacious Goal

社運を賭けた大胆な目標)でしょう。

 

エポスカード会員の6-7人に一人、利用してもらうですから、これは相当に難しいと思います。セゾン投信が頑張りに頑張って11年で13万人ですからね。。。

 

「つみたて専門」でこの目標に近づくためには、取り扱い商品をグッと大胆に絞り込むのは必須だと思います。商品の分かり易さ、シンプルさも同じく必須でしょうね。

 

投資信託を活用して時間をかけてじっくりと資産形成を目指すスタイルがより幅広く受けいれられる、多くの人に認知されやってみようかな、と思わせるにあたってはこの企ては非常に興味深いものだと感じます。どんな風にBig Hairy Audacious Goalを追求しようとするんでしょうね?!今後の発表が楽しみです。

 

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| #k2k2(コツコツinvest) | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5479
トラックバック