CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 個性を感じさせてくれる、ユニークな月次レポートを! | main | モーニングスターの「国内株式型」分類、運用歴10年以上のファンド (2018年1月末) #16 >>
セゾン投信 第11期運用報告会

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

foy2017ttle

 


 

日比谷で行われた、セゾン投信の運用報告会に参加しました。

 

セゾン投信のファンド、

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン資産形成の達人ファンド

2本とも保有していますが、今現在、毎月investしているのは

【セゾン資産形成の達人ファンド】だけ。

しかも、NISA口座でのウエイトもこんな感じ

 

201801_NISATOTAL_piechart

 

なもので、ボクの関心は主に【セゾン資産形成の達人ファンド】になります。

 

運用報告書は既に予習済みです。

 

セゾン資産形成の達人ファンド 第11期運用報告書(決算日2017年12月11日)

 

 

運用部長・瀬下さんのスライドから。

 

11期_セゾン投信_運用報告会

 

先進国の大型株については時間軸は「5年」を目安にしているが(中小型株、新興国株式はもうすこし短い時間軸、3年程度)、T.ロウ・プライスのファンドは「3年」と少し短い傾向にあったとのこと。またベンチマークへの意識が少ないBBHのファンドがより魅力的と評価したようです。第11期はグロース株優勢であったこと、BBHのファンドは上昇相場にあまり強くないので、ファンドの切り替えは短期的にはリターンを抑えることになってしまったが、長期的な視野からはこの変更が効いてくると考えている、との説明でした。

 

個人的にはベンチマークを意識した運用はつまらないと思うので、この判断に全く異存ありません。

 

11期_セゾン投信_運用報告会

 

忍耐、辛抱。中野さんのお話でも今回強調されたのは

 

"patient"

 

でした。

 

運用部長・瀬下さんのお話の後は、恒例のFCP-ファンドコンサルティングパートナーズ 房前督明さんの「投資家から見たセゾンファンド」。今年も大変楽しいお話でした。

 

基準価額 参考指数 差異

ファンドの

寄与

地域別

配分の

寄与等

設定来 108.0% 77.8% 30.2% 22.1% 8.1%
第1期 ▲5.1% 9.9% -15.0% ? ?
第2期 ▲47.2% ▲54.3% 7.1% ? ?
第3期 32.3% 31.0% 1.3% ? ?
第4期 7.3% 6.3% 1.0% ? ?
第5期 ▲10.0% ▲11.5% 1.5% ? ?
第6期 24.2% 22.2% 2.0% ? ?
第7期 60.2% 53.1% 7.1% ? ?
第8期 25.2% 25.6% -0.4% ? ?
第9期 6.5% ▲0.8% 7.3% ? ?
第10期 ▲2.1% 3.0% -5.1% ? ?
第11期 25.0% 19.5% 5.5% ? ?

参考指数はMSCI All Country World Index(配当込)

地域別配分の寄与等にはセゾン投信が収受している信託報酬も入っています。

 

「?」の箇所はぜひ運用報告会にご参加されて確認してみてください。

 

過去の株価上昇局面、下落局面で参考指数対比どのような推移になっていたか、という検証もありました。そこで出て来た"ダウンサイド(アップサイド)キャプチャーレシオ"がどんなものか、何度か目にしたことはあったのですが、その中身を知ることが出来て大変有意義でした。ここでも【セゾン資産形成の達人ファンド】の個性が感じられたのも大きな発見でした。この指標は今後アップデートされると注目するんだけどなあ。

 


 

報告会第一部とQ&Aでの中野さんのお話から。

 

  • 楽天証券のiDeCoやゆうちょでの販売始まったが、残高の97%は直販。
  • つみたてNISAの口座数は1万数千に達している。新規口座開設の6割がつみたてNISA。
  • インベスターリターンはKPIの一つとして重要視している。
  • 規模をいたずらに追うのではなく、顧客・お金の「質」を追求する。
  • キーワードは "patient" :年金運用にまでショートターミズムが広がってしまっている。これでは産業に腰の据わった資金を提供することができない。つみたてNISAには、こうした腰の据わった、"Patient Risk Capital" を資本市場に提供するという意図もある。セゾン投信にはその媒介者としての社会的意義があると認識している。忍耐強い、辛抱強い、我慢強い、そんな「質」を伴った、投資家、資金をもっと増やしていかなければならない。
  • 「独立系投信会社」の存在感は増しつつあるが、もっともっと台頭することが重要。これは金融庁も強く意識していると捉えている。

 

確かに、忍耐強さ、辛抱強さ、我慢強さは、つみたてNISA普及のための最も重要な要素の一つだと思います。それは投資家だけではなく、商品を提供する側、そして、当局も。長期戦になるのは間違いないわけですから。

 


 

<おまけ>

 

 

鶏ベースの濃厚なスープでとっても美味しかった。

やっぱ京都生まれのDNAがそう感じさせるのかな。

 

 

 




foy2016logo

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください! 


amazon でも販売中!

amazonでも販売中!


お株持ち_cover_1

note で「お金持ち」より「お株持ち」
1st Season? 完了

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| 投資関連セミナー | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5369
トラックバック