CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 『げんせん投信』ウオッチ #5 (2018年2月) | main | セゾン投信 第11期運用報告会 >>
個性を感じさせてくれる、ユニークな月次レポートを!

JUGEMテーマ:資産運用

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

foy2017ttle

 


 

 

毎月買付ける投信(2018年2月)

 

先日、毎月investする投信をご紹介しました。

 

その毎月investする投信、8本には共通項があります。

 

それは・・・

 

 

月次(週次のファンドもありますが)のレポートが充実している!

 

という点です。

 

気になるファンドが出て来たら、目論見書、運用報告書だけでなく、月次レポートもチェックしてみることにしています。

 

そこで、今回は、「月次レポートはいいね!」なファンドを2本、ご紹介します。

 

スパークス・ジャパン・エクイティ・ファンド

(愛称:ビッグウェイブ21)

 

スパークス・ジャパン・エクイティ・ファンド(愛称:ビッグウェイブ21)

 

こちらのファンドについては、月次レポートの内容の濃さには以前から注目していました。

 

最新の月次レポート では、「当月は、環境対応力の強化を進める総合商社と、製品拡充による競争力向上を進める物流ソリューション企業に新規に投資を行いました。」と、実際の投資行動の報告がなされています。ファンドに新規に組み入れた会社が何社あって、完全に売却した会社が何社あったか、は、ぜひきちんと説明して欲しいな、と常々感じます。

 

さらにA4版1ページを使って、ファンドの基本的な考え方、行動が具体的な事例と共に紹介されています。

 

「投資判断のフレームワーク」についての説明の後、具体的な事例としてヤマハへの投資が紹介されています。投資先企業との対話の内容も盛り込まれています。

 

Webサイトで閲覧できる一番古いレポートは 2016年6月末時点のものです。(こちら

 

この号では、ファンド投資先の花王について、A4版1ページをまるまる使って、運用担当者の視点、事業のどんな点に注目しているか、が具体的に説明されています。

 

月次レポートに対する熱意が感じられますね。

 

スパークス・少数精鋭・日本株ファンド

 

スパークス・少数精鋭・日本株ファンド

 

こちらは、最近「おおっ!」と、その月次レポートに感心したファンドです。

 

【運用状況】で具体的な投資行動の報告が無いのは、ちょっぴり残念です(2017年11月末 32社の組入れだったのが、2017年12月 33社になっています。が、2017年12月の月次レポート にはその変化についての報告が見当たりませんでした。)。

しかし、【運用方針】の箇所は興味深い内容が毎度書かれています。ファンドの考え方、このファンドのキーワードである「逆張り的発想」を理解する助けになります。

上記の12月のレポートには、こんなコメントも。

 

 

元旦には、毎年「芸能人格付けチェック」という人気番組が放映されています。この番組は、大物芸能人から若手までが、「高級品」と「安物」を見極め、その得点を競うという構成で番組が進行します。この番組を見ていると、株式市場の心理とよく似ていると思う点が幾つもあります。

例えば、

 

・間違っているかもしれないにも関わらず、同じ答えを選択した人が多いと安心してしまう。選択したのが自分一人だと 不安にかられる(群集心理)

・チーム内の、大物芸能人・先輩芸能人の意見に引き摺られやすい(権威への服従)

・自分の得意分野だと、他のメンバーの意見を聞こうとしない(自信過剰バイアス)

 

などです。これらの心理は多くの場合、投資パフォーマンスを悪化させる方に影響します。

 

 

 

ここで挙げられた「群集心理」「権威への服従」「自信過剰バイアス」から離れて、"出来る限り客観的に、より正しい投資ストーリーを作り出すこと"こそが、このファンドの目論む「逆張り的発想」のエッセンスであることが読み取れます。

 

 

内容が豊富な月次レポートは、アクティブファンドの特徴を知る大きな助けとなります。どのような調査活動を行っているのか、投資判断ではどんな点を重視しているのか、投資先とどんな対話を行っているのか、などなど。正直、目論見書だけでは、ファンドの特徴はほとんど把握できないように思います。運用報告書は年に1回なうえ、フォーマットも画一的ですし。


月次レポートの個性の方が、コストよりずっとずっと大事です。(個人の感想です)

 

今回ご紹介した2本のファンドを保有しているわけではありませんが、「ウオッチリスト」には当然入ってきます。何かのきっかけでinvestを検討することもあると思います。

 

個性がにじみ出ているユニークな月次レポートを発信するアクティブファンドが、もっともっと増えると楽しくなりますよ、きっと。運用報告会なんかも増えるきっかけになるのではないでしょうか。

 

 

「運用報告会」で長く愛されるファンドを育てましょう!/本日のスープ94皿目

 

 

「このファンドの月次レポートはユニーク!」という情報を

お持ちでしたら、ぜひ教えて下さい。

 

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください! 

 

 




foy2016logo

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください! 


amazon でも販売中!

amazonでも販売中!


お株持ち_cover_1

note で「お金持ち」より「お株持ち」
1st Season? 完了

 



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| 「新しい」投信文化 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5368
トラックバック