CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2018年1月31日現在の資産配分 ― アクティブ運用比率は44.1% | main | ひらやま 平山 HIRAYAMA ヒラヤマ ひらやま 平山 HIRAYAMA ヒ・ラ・ヤ・マ! #fctokyo >>
NISA(@セゾン投信)の記録 #38 2018年1月

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

foy2017ttle

 


 

 

<NISA(@セゾン投信)の記録>

です。シリーズ38回目です。

ボクのNISA口座のその後の軌跡を辿る企画です。

 

2014年、2015年、2016年は


結論・NISAの利用法


2017年、2018年は

 

2017年、NISAはこう使います。


2018年、NISAはこう使います。

 

2018年も2017年と同じです。

 

こちらにある通り、2014年のNISA口座は セゾン投信 に開設しました。
2015年も、2016年も、2017年も、2018年も、

引き続き、セゾン投信です。

 

つみたてNISAは選択しませんでした。

 

 

NISA 2014(2014年分のinvest)


口座の開設は2014年3月。
その月の定期定額買付分からNISA口座に入るようになりました。

セゾン バンガード・グローバルバランスF
セゾン 資産形成の達人ファンド

セゾン投信が設定、運用、販売する両方のファンドを買付けました。

通算買付回数は 23回 でした。
実は、定期定額買付以外にスポットでも買付けました。新規投資ではなく、これまで保有していたファンドを幾つか解約、現金化して買付を実行。最終的に、NISA枠の約90%を消化しました。

買付額としては NISAを利用した2つのファンドはこのようなウエイトになりました。

NISA2014_買付ウエイト

 

2017年1月31日時点のウエイトはこうなってました。

 

20170131_NISA2014_piechart

 

1年後、2018年1月31日にはこうなりました。

 

201801_NISA2014_piechart

 

2014年の投資総額に対して、2つのファンドを合算して +28.4% の評価となっています。
この1ヶ月の騰落率は +1.2% でした。
直近1年の騰落率は +19.3% でした。
XIRRを計算すると 8.0% となりました。

評価額の推移をグラフにしてみました。
(クリックで拡大してください)

201801_NISA2014_history

 

 

NISA 2015(2015年分のinvest)


口座は2014年からの継続です。
2015年1月の買付からNISA口座に入りました。

セゾン バンガード・グローバルバランスF
セゾン 資産形成の達人ファンド

セゾン投信が設定、運用、販売する両方のファンドを買付けました。

通算買付回数は 26回 でした。
実は、定期定額買付以外にスポットでも買付けました。新規投資ではなく、これまで保有していたファンドを幾つか解約、現金化して買付を実行。最終的に、NISA枠の約99%を消化しました。

買付額としては NISAを利用した2つのファンドはこのようなウエイトになりました。


NISA2015_investedcapital_piechart

 

2017年1月31日時点のウエイトはこうなってました。

 

20170131_NISA2015_piechart

 

1年後、2018年1月31日にはこうなりました。

 

201801_NISA2015_piechart

 

2015年の投資総額に対して、2つのファンドを合算して +16.0% の評価となっています。
この1ヶ月の騰落率は +1.1% でした。

この1年の騰落率は +19.0%でした。
XIRRを計算すると  5.8% となりました。

評価額の推移をグラフにしてみました。
(クリックで拡大してください)

201801_NISA2015_history

 

 

NISA 2016(2016年分のinvest)


口座は2014年からの継続です。
2016年1月の買付からNISA口座に入りました。

セゾン バンガード・グローバルバランスF
セゾン 資産形成の達人ファンド

セゾン投信が設定、運用、販売する両方のファンドを買付けました。

通算買付回数は 25回 でした。
定期定額買付以外にスポットで1回。

新規投資ではなく、これまで保有していたファンドを幾つか解約、現金化して買付を実行。最終的に、NISA枠を100%消化しました。

買付額としては NISAを利用した2つのファンドはこのようなウエイトになりました。

 

NISA2016_買付額

 

2017年1月31日時点のウエイトはこうなってました。

 

20170131_NISA2016_piechart

 

1年後、2018年1月31日にはこうなりました。

 

201801_NISA2016_piechart

 

2016年の投資総額に対して、2つのファンドを合算して +41.6% の評価となっています。
この1ヶ月の騰落率は +2.0% でした。

この1年の騰落率は +25.3%でした。
XIRRを計算すると 19.3% となりました。

 

 

NISA 2017(2017年分のinvest)


口座は2014年からの継続です。
2017年1月の買付からNISA口座に入りました。

セゾン 資産形成の達人ファンド

このファンド1本のみでNISA枠を消化しました。

一括買付です。

 

20170131_NISA2017_piechart

 

2016年あるファンドを全額解約した資金をこちらに移動したんです。

 

2017年の投資総額に対して+26.1% の評価となっています。
この1ヶ月の騰落率は +2.1% でした。

この1年の騰落率は +26.0%でした。

XIRRを計算すると 24.6% となりました。

 

 

NISA 2018(2018年分のinvest)


口座は2014年からの継続です。
2018年1月の買付からNISA口座に入りました。

セゾン 資産形成の達人ファンド

このファンド1本のみでNISA枠を消化しました。

一括買付です。

 

20170131_NISA2017_piechart

 

2017年の終わりにファンドを解約して出来た資金をこちらに移動したんです。

 

もう少し待とうかな、という気持ちもありました。

 

が、ここで待ってしまうと「もうちょっと待とうか」「もう少ししたら好機が来るんじゃないの」ということで買付がズルズルと遅くなってしまうかもしれないな、と考えて、えいやっ!と一括で買い付けました。

絶好のタイミングなんて分かりませんからね、後になってみないと。

 

 

NISA TOTAL(5年分のinvest)

 

2014年、2015年、2016年、2017年、2018年を合計してどうなっているか、がこちらです。

投資総額はこんなウエイトになっています。

 

201801_NISATOTAL_元本

 

2018年1月31日では、こうなっています。

 

201801_NISATOTAL_piechart

 

2014年、2015年、2016年、2017年、2018年の投資総額に対して、 +22.4% の評価となっています。
XIRRを計算すると 12.2% となりました。

 

こんなグラフもつくってみました。

クリックで拡大してみてください。

 

201801_NISATOTAL_history

 

201801_NISATOTAL_breakdown_history

 

以上です。

ボクのポートフォリオ全体については

保有資産の配分 で御紹介しています。

次回をお楽しみに。

投資信託|セゾン投信

 

 


---------------------------------------------------------------

foy2016logo

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください! 


amazon でも販売中!

amazonでも販売中!


お株持ち_cover_1

note で「お金持ち」より「お株持ち」
1st Season? 完了


---------------------------------------------------------------
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| NISA(@セゾン投信)の記録 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5355
トラックバック