CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< パフォーマンス比較 アルファ #10 (2017年10月) | main | スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド ウオッチ 2017年11月号 #35 >>
日経電子版にインタビューが掲載されました!(と、いくつか補足を)

JUGEMテーマ:資産運用

JUGEMテーマ:Global Investment

 


当ブログにはじめてお越しの方へ (2016年3月)
 


 

 

 

最近のボクの投資、investに対する考え方を紹介してくださいました。インタビューでお話すると長くなるので、割愛したこと、簡素にしたことをこちらで補足します。

 

 

記事の中では「ファンドマネジャーが市場平均以上の運用成績を狙い積極運用するアクティブ型」とされています。

 

しかし、です。

 

「市場平均を超えるリターン」は

全く重要視していません。

 

「市場平均」に対して常に勝つ、いついかなる場合も上回る運用手法なんて無い、とボクは思っています。なもので、自分が投資しているファンドのパフォーマンスが、毎月、毎年、市場平均(株価指数)に対して勝った、負けた、ということは、正直、どうでもいいんです。

 

最も重要視しているのは、自分が選んだファンドを通じて、どんな会社の株式を、どんな風に(どのくらいの期間、とか)保有しているのか、ということです。

会社の選び方、保有の仕方が信頼できるファンドマネジャーに任せれば、それなりの成果が得ることができると考えています。もしかしたら、その成果は、市場平均(株価指数)を下回るようなものになってしまうかもしれません。でも、それも仕方ない、そんな風に考えています。

 

ファンドを通じて、どんな会社の株式を保有しているのか、どんな風に保有しているのか、に気を配っているので、そこそこの手間はかかります。「ほったらかし」というわけにはいきません。

 

ですから、ボクの実践方法は、手間をかけずに、効率良く資産形成を進めたい人にとっては「不向き」です。

 

労少なく「市場平均」並みのリターンなら

インデックス運用で。

 

インタビューでも触れましたが、なるだけ手間をかけず、長く継続するという意味では、インデックスファンドで運用する、資産形成を目指すのが、実践的だと思います。労少なく「市場平均」並みのリターンを得ることができるわけですから。

 

 

労はそこそこあるのに「市場平均」並みのリターンを得られない可能性もあるのが、ボクの実践している投資、investだということです。それでも、ボクは今の実践法がしっくりくるんです。投資家としての「責任」を果たしているような気がするのです、勝手な自己満足だと思っていますが。

 

以上を踏まえて、ポートフォリオの内容、これまでの経過をご覧ください。

 

<保有資産の配分>

 

 


---------------------------------------------------------------

foy2016logo

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください! 


amazon でも販売中!

amazonでも販売中!


お株持ち_cover_1

note で「お金持ち」より「お株持ち」
1st Season? 完了


---------------------------------------------------------------
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| その他もろもろ | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5268
トラックバック