CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 『セゾン資産形成の達人ファンド』をもっと! #23 (2017年10月) | main | パフォーマンス比較 アルファ #9 (2017年9月) >>
<追記あり>内部留保はどーこだ?

JUGEMテーマ:ニュース

 

 

当ブログにはじめてお越しの方へ (2016年3月)
 


 

 

内部留保はどーこだ?

 

上記の図を示して

 

「内部留保はどーこだ?」

 

とtwitterでアンケートをやってみました。

 

みなさんもお考え下さい。

 

どーこだ?

 

 

 

twitter では268人がご回答してくださいました。

 

 

回答は多い順に

 

(3)

 

なんですか、これは

 

(1)

 

(2)

 

となりました。

 

まず「なんですか、これは」ということに対して、簿記・会計の基礎知識がある方なら「貸借対照表(バランスシート、B/Sと表記されることも多い)」をイメージしていただけたものと思います。貸借対照表とはWikipediaによると、

 

 

 

貸借対照表は、企業のある一定時点における資産、負債、純資産の状態を表すために複式簿記と呼ばれる手法により損益計算書などと同時に作成され、その企業の株主、債権者その他利害関係者に経営状態に関する情報を提供する。

 

 

と説明されています。企業のある時点の財政状態を示すのがB/Sです。このB/Sと対をなすのが、一定期間(通常は1年)の経営成績を説明する損益計算書(P/Lと表記されることも多い)です。Wikipediaの説明では「純資産」の箇所を「資本」ともいいます。最初に挙げた図の(1)、(2)、(3)はそれぞれ、このようになっているのが通常です。

 

内部留保はどーこだ_2

 

左側と右側を次のように捉えることもできます。

 

内部留保はどーこだ_3

 

右側は資本をどうやって調達しているか、左側は調達された資本がどのように運用されているかを示している、ということです。(2)と(3)の違いは誰から調達したかで分けています。

 

内部留保はどーこだ_4

 

さて、「内部留保」は企業の利益蓄積(「利益剰余金」)を

指しているようです。

利益は誰のものか、それは株主のものですから

「内部留保はどーこだ?」と訊かれたら、

 

内部留保はどーこだ?

 

簿記・会計の基礎知識をお持ちなら

(3)と反射的に回答されていたのではないか、と想像します。

 

「内部留保」に対する最大の誤解は「企業の利益は現金でプールされている」という妄想、幻想でしょう。確かに利益剰余金に相当する、あるいは、それ以上の現金を保有している企業もあるでしょう。しかし、現金が示される場所は上記の図では(1)です。その現金がどのように調達されているか、(2)たとえば借入金由来であることもあり得るのです。

 

株式会社の最大の特徴の一つは、蓄積した利益(「内部留保」ですね)を元手に再投資して、さらにより多くの利益を生み出すところにあり、その再投資をどう上手に、意味ある使い方ができるか、が経営者の腕前なのです。「内部留保」は設備の取得、更新、増設や、新規事業の買収等に再投資されるために、企業の成長のために、極めて重要な資源です。その「内部留保」に課税するというのは意味不明です。簿記・会計はもちろん、株式会社がどういうものか、を全く理解していないと言ってもいいでしょう。

そもそも、利益剰余金は法人税を既に取られた後のものが蓄積されていますので、「内部留保」にもう1回課税するというのは二重課税です。企業により大きな税を課したいのであれば「法人税を増税します」で済むはずなのです。

 

<追記>

 

二重課税どころか三重課税という見方もありました。

 

 

なるほど。

 

<追記 了>

 

 

 

漢文も学んだ方が良いとボクは思いますが、生きていくうえでの優先順位からすると、PL/BSですね。中等教育で貸借対照表、損益計算書等、簿記・会計の基礎の基礎は学んでおくべきだと思います。「内部留保に課税を!」に「そうだ!」とならないためにも。

 

 

最後に。

海外企業のBSを見ていると、負債と資本が逆転しているケースもあります。ということで、「内部留保はどーこだ?」に(2)と回答された方は、海外企業のBSをご覧になることが多い方だったのかもしれません。

 


---------------------------------------------------------------

foy2016logo

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください! 


amazon でも販売中!

amazonでも販売中!


お株持ち_cover_1

note で「お金持ち」より「お株持ち」
1st Season? 完了


---------------------------------------------------------------
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| 時事問題 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5232
トラックバック