CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 脱老後難民 「英国流」資産形成アイデアに学ぶ | main | YAMAZAKI でk2k2ウオッチ 2017年8月末 #82 >>
2017年 J1 第27節 vs 柏 #fctokyo ― 今季残った、たった一つの目標

JUGEMテーマ:FC東京

 

2017_J1_MD27_柏

 

DAZNで観戦。

上位争いに食らいついている相手との大きな差を痛感させられる試合でした。。。

 

 

スタメンです。

 

 

 

得点はPKの1点のみ。

今季2度目の4失点。

 

FC東京_2016MD1-2017MD27

 

直近10試合の平均得点 1.1

直近10試合の平均失点 1.6

 

平均得点 < 平均失点

 

これで勝ち点が積み上がるわけがありません。

今季第16節磐田戦の時点では、直近10試合の平均失点は0.8だったのが、ここ最近は倍の失点をしているわけです。この間が何があったかといえば、中断期間のドイツ遠征から突如導入された3バックです。結果、得点は一向に増える気配は無く、失点が増えるばかり、↑のグラフがハッキリそれを示しています。この全くダメなシステムを我慢して継続するのが「来季」に向けての準備という声もあるようですが、「来季」なんて言葉でこの判断を正当化して良いのでしょうか。

 

「天皇杯敗退、ルヴァン敗退、ACLも絶望的、目標を無くしてしまい、モチベーションを維持するのが・・・」というようなことも言われたりしているようですが、本当に目標は無くなってしまったのでしょうか。

 

全然違う、断じて違います。

 

目の前の試合で1点でも多く勝ち点を積み上げ、一つでも上の順位を目指すこと、それが今の、今季の、ただ一つ残った目標のはずです。そのために知恵を絞って準備して試合に臨むことこそが全てです。結果が出ていないやり方に固執する必要性はゼロではないでしょうか。

 

まだ7試合「も」残っているのに、「来季が」「来季に向けて」という言葉が出る、出てしまっていることこそが、このクラブの「甘さ」だと思われてなりません。「来季」ではなく、今、次の試合に勝ち点を積み上げられる可能性の高い選択肢を熟慮のうえ判断してくれることを切に祈ります。

 

 


VAMOS  TOKYO

You'll Never Walk Alone.




---------------------------------------------------------------
"FC東京" がきっかけで当ブログにお越しになった皆様へ

当 ブログのメインコンテンツは、「投資、資産運用」の話題です。基本的なスタイルは「共感できる投資信託にコツコツと投資を継続して、ゆっくり、のんびり、 じっくり資産形成をしよう」というものです。もし、こんな「投資、資産運用」のスタイルにご興味をお持ちでしたら、下記のエントリをチェックしてみてください。(長文ですので、その点ご容赦ください)

 


---------------------------------------------------------------

スタジアムでこのゴールを見ました。



スタジアムに行けばこんなゴールを必ず見られるとは限りません。
が、スタジアムに行くと、こんなゴールとその場の空気を味わうことができます。
この瞬間はやみつきになりますよ!

スタジアムにいこう!

  ---------------------------------------------------------------
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へ




| FC東京 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5214
トラックバック