CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 投信概況 2017年8月 #98 | main | 山崎先生、将来、お金に困らない方法を教えてください! >>
プレミアムアクティブ投信勉強会 ―真のアクティブ運用を見分ける方法―

JUGEMテーマ:資産運用

JUGEMテーマ:Global Investment

 


当ブログにはじめてお越しの方へ (2016年3月)
 


 

 

20170913_勉強会

 

この勉強会に参加してきました。

 

「真のアクティブ運用を見分ける方法」として説明されたのは、「アクティブシェア」という指標です。

 

勉強会の内容は

 

 

 

海外事例から見るアクティブファンド選別法 | 東証マネ部!

 

で詳しく説明されていますのでご覧ください。

 

 

勉強会で紹介された

 

https://activeshare.info/

 

を試してみました。

 

activeshare_Fidelity_マゼランファンド

 

このサイトで面白い!と感じたのは Holdings Duration も載せられていることでした。

 

activeshare_Fidelity_マゼランファンド_holdingduration

 

組入れられた銘柄がどのくらいの期間ファンドで保有されているか、を計算した数字です。

 

日本でこれらの数字を個人が計算するのは非常に難しいものがあります。

最大の理由は

 

activeshare_ポートフォリオの一例

 

日本の公募ファンドは決算毎の運用報告書でポートフォリオの内容を示していますが、このデータはpdfでしか提供されていないケースがほとんど全てです。エクセル等で計算しようとすると、手作業になってしまいます。一部の投信会社は基準価額の推移のデータをエクセルのファイルで提供していますが、ポートフォリオについて加工しやすいように提供されているところは見たことがありません。なんとかならないものでしょうか。

 

さて、勉強会に登壇された3社に、アクティブシェアを今後月次レポート等で公表していく可能性について質問しましたが、公表の意思が有ることは感じましたが、いまひとつ歯切れが良くなかったような印象です。(手間が掛からないというのが前提になりますが)、日次で計測してその結果を定期的に公表しては、ということも申し上げました。

 

今回、登壇された3社のファンドについて、8月末時点のアクティブシェアが示されていました。これは月末という一瞬なので、月中はどうだったか分かりません。「月中はアクティブシェアを低くしておいて、月末付近にポートフォリオを入れ替えてアクティブシェアを高くする」なんてあり得ないでしょ!と「ひふみ」の藤野さんは応じられましたが、もちろん、ボクも「ひふみ」でそんなアホなことをされているなんて全く思っていません。ただ、ある一時点だけの数字のみよりは、継続的に、それこそ日次レベルで計測して示す方が説得力がより高まるのでは、と感じたのです。

 

というのも、 アクティブシェアの高いファンドは、市場ポートフォリオにひきづられることなく(超然として)、独自の価値観で「良いものは買い、悪いものは買わない」というアクティブマネジャーとしての責任をしっかりと果たそうと行動している可能性が高いからです。要は、アクティブマネジャーとしての仕事ぶりを示す指標の一つです。ですから、日次でのアクティブシェアの計測、発信は、毎日しっかり仕事してまっせ、という行動を示すことになると思うわけです。もちろん、アクティブシェアを高めるためにポートフォリオをイジるというのは本末転倒です。「良いものは買い、悪いものは買わない」という仕事に徹していれば自ずとアクティブシェアにそれが現れてくるはず 。

 

このほか、勉強会で印象に残ったことは・・・

コモンズ投信の伊井さんが「コモンズ30ファンドに組み入れられた会社のうちの6社が今年、上場来高値を更新した」というお話。

 

その場では「へぇー、そうなの」という風に感じました。その6社のうち1社が、ファンド設定がされた頃から保有している資生堂だそうです。

 

20170915_4911_資生堂_10年

 

株価は確かに上昇しています、株価は。

それを裏付ける業績の推移を見てみました。

201612_資生堂_業績推移

 

1株当たりの当期純利益 EPSを見る限り、「うーん」というのが率直なところ。実態価値は業績だけでは測れない、ということなのでしょうけど。「上場来高値更新が6社」といった株価(価格)目線ではなく、業績(実態価値)目線から「史上最高益更新した会社がx社」という紹介の方が適切なんじゃないかなあ、と。

 

この流れで「いいぞ!」と感じたのが、スパークス・水田さんのプレゼン資料の16ページ。

 

「スパークスの考える株式投資とは(2004年当時の資料)」と題されたスライド。

 

企業の【実態価値の成長】の過程に参加すること。

 

スパークス・グループを率いる阿部さんの本からも。

 

 

株式投資における唯一絶対の策は、企業のオーナーとして、その企業の長期的成長の果実をシェアすることと心得、じっくり、そしてしっかりと優秀な経営者、企業を見つけて、その企業に長期投資することである。 

 

http://renny.jugem.jp/?eid=5090

 

 

「株式投資とはどういうことなの?」の捉え方、理解の仕方は色々あるかと思いますが、ボクにはこのスパークスの考え方に共感しています。

 

繰り返しになりますが、アクティブシェアは、将来成績の良いファンドを見つけるのには役に立たないと思います。どんな会社に投資すべきか、それを真摯に考えて行動しているファンドマネジャーが運用、管理しているファンドを探し出すのに、非常に参考になる指標です。パフォーマンスよりも、どんな会社の株を持っているか、investしているかを重視したい、「お株持ち」を目指すボクにとっては、とても興味深い指標なのです。信託報酬・コストよりも遥かに大事だと思います。(個人の感想です。)

 

アクティブファンドだぞ!ということを示す意味で、今後、投信会社がアクティブシェアを積極的に公表することを期待します。

 


---------------------------------------------------------------

foy2016logo

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください! 


amazon でも販売中!

amazonでも販売中!


お株持ち_cover_1

note で「お金持ち」より「お株持ち」
1st Season? 完了


---------------------------------------------------------------
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| 投資関連セミナー | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5205
トラックバック