CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 鎌倉投信ウオッチ 2017年7月号 #86 | main | 『セゾン資産形成の達人ファンド』をもっと! #20 (2017年7月) >>
ひふみ投信ウオッチ 2017年7月号 #67

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

当ブログにはじめてお越しの方へ (2016年3月)
 


 

 

ひふみ投信ウオッチ> の第67回です。

ひふみ投信の紹介ページです。
 


ボクの毎月買付けている投資信託のひとつです。

 

毎月買付ける投信(2017年2月) #k2k2

 

 

まずは、純資産総額と受益権総口数のチェックです。

 

 

まずは、純資産総額と受益権総口数のチェックです。

 

201706_ひふみ投信_純資産総額_受益権総口数

 

34ヶ月連続、資金純流入となっています。

 

【ひふみ投信】【ひふみプラス】【ひふみ年金】の

マザーファンドは2,685.3億円に。

 

パフォーマンスです。

 

201706_ひふみ投信_TOPIX(配当込)

 

20170707_ひふみ投信_チャート

 

201706_ひふみ投信_5年リターン(年輪換算)_推移

 

ポートフォリオです。

2017年6月末の組入れウエイトの大きい上位10社です。
クリックで拡大してください。

201706_ひふみ投信_ポートフォリオ

 

前月末はこうでした。

 

201705_ひふみ投信_ポートフォリオ

 

組入れ会社数は160で先月末から14増となっています。

米国のマイクロソフト、アマゾン・ドット・コムの2社が組み入れられました。

2社合計でポートフォリオの3.1%となっています。

この2社をどんな風に保有していくのか、楽しみです。

 

業種別です。

201706_ひふみ投信_ポートフォリオ_業種別比率

 

「国内」株式の組入れ比率の推移です。(2017年6月末は 86.0%)
(クリックすると拡大します)

201706_ひふみ投信_国内株式比率_TOPIX

 

続いて、つみたてシミュレーション です。
ファンドの設定以来、毎月末に10,000円ずつコツコツ買い付け続けたら2017年6月末にどうなっているか、その行動を開始した月によってどのように違いが出るかを試算したものです。

 

201706_ひふみ投信_k2k2

 

コツコツ投資の開始を、2008年10月末、2009年10月末、2010年10月末、2011年10月末、2012年10月末、2013年10月末、 2014年10月末、2015年10月末として、開始後の各月末の (評価額)÷(投資累積額)−1 を見たグラフです。クリックで拡大してください。

 

201706_ひふみ投信_k2k2_history

 

ボクの実際の【ひふみ投信】のコツコツinvestはこんな感じです。

 

201706_ひふみ投信_k2k2_actual

 

最新の月次レポートです。

 

https://www.rheos.jp/toushin/pdf/toshin-hp-report20170704_Or9s.pdf

 

3か月前の組入れ上位30社です。

 

20170331_ひふみ投信_トップ30

 

「大型」が 9社(←8社)、

「中小型」が 19社(←20社) 、

「超小型」が 2社(←2社)となっていました。

 

※大型(3,000億円以上)、

 中小型(300億円以上、3,000億円未満)、

 超小型(300億円未満)

 

ひふみアカデミーの模様です。

 

 

注目したいのは 24分30秒辺りから始まるお話。

テラ の第三者割当増資をファンドで引き受けた件(こちら)についての説明です。

 

201707_ひふみアカデミー

 

【ひふみ投信】の受益者の一人として、今回のこの挑戦は素晴らしいと感じています。満期の無い公募投信ならではの投資という面があるからです。↑の図で左側(IPO以前)の投資家の中心であるベンチャーキャピタルが創業間もない会社に投資されるお金の多くは大半が「期限」「期間」のあるお金、つまり彼らの多くは「期間投資家」なのです。医薬や治療に関わる新技術が安全性を確認したうえで広く使われるようになるまでは、時間とお金が必要です。IPOを終えると「期間投資家」は足早に立ち去っていく(株式売却、Exit)のが普通です。その意味で、IPO後のお祭り騒ぎが一段落してしまったバイオベンチャーにとって、IPO後に必要な資金をどう調達していくかは非常に重要な問題でありながら、「これは!」という解決策が少なかったのが実状ではないか、と思います。そこに一つの解決策を提示したのが今回の取組だと思います。

 

一方で非常に難しく、根本的な問題もあります。

それは、テラが取り組むプロジェクトが本当に実を結ぶのか否か、それをレオス・キャピタルワークスの皆さんがどのようにモニターしていくのか、ということです。もっとストレートに言えば、どれだけ我慢強く今回取得した株式を保有し続けられるか、ということです。バイオベンチャーの難しさは、営業力を付ければ、売り方を変えれば、ということで会社が変わらない、変えられない、ということです。ベースとなる技術やアイデアにどれだけの普遍性があるか、研究開発の経過でどの道を探るのが最も良いか、どんな臨床開発計画を立てるべきか、ということが会社の行方を左右します。それを見極めるのは非常に難しいものがあり、多くの場合、ベースとなる技術やアイデアに依存しているように思われます。と、色々書いてみましたが、バイオベンチャーに対する上場ベンチャー株投資戦略は大変なチャレンジだというのがボクの所感です。

 

ただ、先に書いた通り、日本の資本市場の大きな課題であることは間違い無いと思いますし、「資本市場を通じて社会に貢献します」を経営理念に掲げるレオス・キャピタルワークスの皆さんが挑戦する課題としてふさわしく、またボク自身この経営理念に共感して【ひふみ投信】に資金を託し続けているので、今回の取組が大きな花を咲かせる、幸運を引き寄せることを心の底から期待しています。

 

長編になりましたが、今回は以上です。

 

次回をお楽しみに。

 
   

 


---------------------------------------------------------------

foy2016logo

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください! 


amazon でも販売中!

amazonでも販売中!


お株持ち_cover_1

note で「お金持ち」より「お株持ち」
1st Season? 完了


---------------------------------------------------------------
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| ひふみ投信ウオッチ | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5134
トラックバック