CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< チョクハンk2k2通信簿(日本株式F編) 2017年2月末 #80 | main | 金融庁にはジョン・ボーグルがいるのかもしれませんね。 >>
もしもジェイリバイブ(jrevive)が2006年7月から1万円ずつ金額指定で買えてたら (2017年3月)

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

[3月31日まで。ご回答お待ちしています]

 

[k2k2アンケート]コツコツ投資の終わり方?

 


 

 

当ブログの読者の方にはご存知の方も多いと思います、

 

 SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ

(愛称:jrevive)

 

201702_jrevive_return

↑クリックで拡大してください↑

 

モーニングスターのデータ から素晴らしいパフォーマンスであることが分かります。

 

さて、このファンド、大変ユニークというか、不便な特徴があります。

それは基準価額が1口当たりのもので、1口単位で販売されているということです。

つまり、昨日の最低投資単位は33,199円です。

したがって、10,000円分だけ買いたい、という買付は不可能なのです。

 

そこで、もし仮に10,000円分だけ買えたとしたら、仮定の話です、設定された2006年7月以降、毎月末コツコツと10,000円分買付けていたらどうなっていたか、試算してみました。

 

 

201702_jrevive_k2k2_history_since2006Jul

 

2017年2月末までの累積投資額128万円が463.8万円になります。

3.6倍です。

 

グラフではわかりにくくなっていますが、

2006年10月末にはマイナス評価になっており、それ以来、2010年3月末まで42ヶ月連続でマイナスが続きました。2010年4月末に一度プラスに転じますが、翌月再びマイナスになり、また8ヶ月連続でマイナスに。

2011年4月末以降はプラス評価が継続していますが、グラフが示した果実を得るには結構な辛抱が必要だったということになります。

 

こういう試算を見ると、比べてみたくなってしまいます。

そこで【ひふみ投信】と比べてみました。

 

【ひふみ投信】が設定された2008年10月から毎月末に、2つのファンドを10,000円ずつ買付け続けたケースの試算です。

 

201702_jrevive_k2k2_history_since2008Oct

 

毎月末の評価額は jreviveの95勝、ひふみ投信の5勝 です。

 

2009年10月から毎月末に、2つのファンドを10,000円ずつ買付け続けたケースの試算です。

 

201702_jrevive_k2k2_history_since2009Oct

 

毎月末の評価額は jreviveの83勝、ひふみ投信の5勝 です。

 

2010年10月から毎月末に、2つのファンドを10,000円ずつ買付け続けたケースの試算です。

 

201702_jrevive_k2k2_history_since2010Oct

 

毎月末の評価額は jreviveの71勝、ひふみ投信の5勝 です。

 

2011年10月から毎月末に、2つのファンドを10,000円ずつ買付け続けたケースの試算です。

 

201702_jrevive_k2k2_history_since2011Oct

 

毎月末の評価額は jreviveの62勝、ひふみ投信の2勝 です。

 

2012年10月から毎月末に、2つのファンドを10,000円ずつ買付け続けたケースの試算です。

 

201702_jrevive_k2k2_history_since2012Oct

 

毎月末の評価額は jreviveの50勝、ひふみ投信の2勝 です。

 

2013年10月から毎月末に、2つのファンドを10,000円ずつ買付け続けたケースの試算です。

 

201702_jrevive_k2k2_history_since2013Oct

 

毎月末の評価額は jreviveの40勝、ひふみ投信の0勝 です。

 

2014年10月から毎月末に、2つのファンドを10,000円ずつ買付け続けたケースの試算です。

 

201702_jrevive_k2k2_history_since2014Oct

 

毎月末の評価額は jreviveの25勝、ひふみ投信の3勝 です。

 

2015年10月から毎月末に、2つのファンドを10,000円ずつ買付け続けたケースの試算です。

 

201702_jrevive_k2k2_history_since2015Oct

 

毎月末の評価額は jreviveの7勝、ひふみ投信の9勝 です。

 

ここまで比較してきましたが、【ひふみ投信】は10,000円ずつ買い付けることができますが、【jrevive】にはそれができませんので、上の比較は「たられば」のお話です。

 

2015年7月、【jrevive】と同じマザーファンドの、【SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)(愛称:jreviveII)】が設定されました。こちらは10,000円ずつ、というか、もっと少額でも金額指定で買い付けられます。

ボクも2016年からお世話になっています。

 

201702_jrevive2_k2k2_actual

 

実際のところはこんな感じです。

 

「もしもジェイリバイブ(jrevive)が2006年7月から1万円ずつ金額指定で買えてたら」は以上です。

 


---------------------------------------------------------------

foy2016logo

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください! 


amazon でも販売中!

amazonでも販売中!


お株持ち_cover_1

note で「お金持ち」より「お株持ち」
1st Season? 完了


---------------------------------------------------------------
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 八重山郡竹富町・西表島情報へ




| #k2k2(コツコツinvest) | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/5028
トラックバック