CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2017年、NISAはこう使います。 | main | セゾン投信ウオッチ 2017年1月号 >>
この3年をふりかえる/本日のスープ84皿目

JUGEMテーマ:インターネット

 

本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜>です。
84皿目を担当するのは ”投資を楽しむ♪”のまろさんです。
 


 

 

3人で連載をはじめたのが2014年2月だからまもなく丸3年。
前回m@さんが言及されていた「ふるさと投資」について、3年前とは変わったなぁと感じていることがある。

 

ミュージックセキュリティーズの動向を中心にこの10年を簡単に振り返ってみよう。

 

 

同社がミュージシャン向けに行っていた、いわゆるクラウドファンディング(Crowd:一般大衆+Funding:資金調達)の仕組みを酒蔵などの一般事業に広げてもう10年くらいになるだろうか。2008年の金融危機をきっかけに自分のお金がどこに投資されているのかに着目する投資家が増えはじめ、2011年には東日本大震災後の被災地応援ファンドが注目を集めた。

 

 

2014年10月には内閣府に「ふるさと投資」連絡会議が設立され、2015年5月には「ふるさと投資」の手引きが発行された。なお「ふるさと投資」は以下のように定義づけがされている。

 

 

地域資源の活用やブランド化など、地方創生等の地域活性化に資する取り組みを支えるさまざまな事業に対するクラウドファンディング等の手法を用いた小口投資であって、地域の自治体や地域づくり団体の活動と調和が図られたものをいう。

 

 

また私自身ミュージックセキュリティーズのファンドに投資していて最近一番変わったなと思うのが、共感が持てる事業内容でかつ事業計画が妥当なファンドは募集開始からあっという間に上限まで資金を集めてしまうこと。先日、投資した「丹波栗の和のモンブランファンド」が募集開始から2,3日で受付終了になっていて驚いた。

 

 

こうした動きを見ていると、積極的に投資リターンを得ようとする投資家がふるさと投資の分野に参入してきているのではないかと感じている。新たな投資家層の登場はこの分野をより活性化させていくに違いない。

 

 

また3年間で変わったのはこの分野だけではない。

 

 

2014年10月に金融庁が「金融モニタリングレポート」を発表し(2016年からは「金融レポート」に名称変更)、年に一度、金融庁が顧客目線に立って金融機関をぶった斬る!という内容になっている。たとえば2016年度のレポートの中では、

 

 

我が国では、家計の安定的な資産形成に適した投資信託が必ずしも広く提供される状況にはなっていないものと考えられる。その背景としては、例えば販売会社については、短期的な手数料収入等の足元の利益を優先させるあまり、顧客の長期的・安定的な資産形成に貢献し、そのことにより自社の収益基盤の拡大も図っていく、という姿になっていない状況が推察される。

 

 

本日のスープの連載の中でも投資信託業界の問題点が議論されてきたが、いよいよ金融庁も動きはじめたことで、個人型確定拠出年金(iDeCo)の普及とともに、資産形成に適した投資信託の選択肢が増えていくのではないだろうか。ふるさと投資同様に投資信託にも新たな投資家が育つことを期待したい。

 

 

まろ@投資を楽しむ♪

 

 

 

 

これまでの83皿です。

<1皿目>
「本日のスープ(仮)」はじまるよ!
「投資をめぐる三重奏(仮)」はじまるよ!
「マットーネ :mattone(仮)」はじまるよ!

<2皿目>
「本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜」でいかがですか?

<3皿目>
おいしさ=味×心/本日のスープ3皿目

<4皿目>
株を持つという事は自分が関係者になること/本日のスープ4皿目

<5皿目>
「株式投資」:「安く買って高く売る」こと?それだけ?  /本日のスープ5皿目

<6皿目>
投資と資産運用の素因数分解/本日のスープ6皿目  

<7皿目>
株式投資はじめてものがたり/本日のスープ7皿目

<8皿目>
株式投資が世界を、未来を変えているかも/本日のスープ8皿目

<9皿目>
セレンディピティ/本日のスープ9皿目 

<10皿目>
利益の源泉は"ありがとう"/本日のスープ10皿目

<11皿目>
研いで出てくるのは塗り重ねたもんだけ/本日のスープ11皿目

<12皿目>
時代遅れの投信業界を目覚めさせたい/本日のスープ12皿目

<13皿目>
わかりにくい仕組みのままハードルを下げた投資信託/本日のスープ13皿目

<14皿目>
個人投資家は「舌」を鍛えよう!/本日のスープ14皿目

<15皿目>
食と投資の共通危機/本日のスープ15皿目 

<16皿目>
投資信託の見える価値と見えない価値/本日のスープ16皿目

<17皿目>
いでよ、アイアンシェフ/本日のスープ17皿目

<18皿目>
母のおかげで投資の世界へ/本日のスープ18皿目

<19皿目>
競馬から株式投資へ/本日のスープ19皿目

<20皿目>
学資保険に「ダメだ、こりゃ」と直感したのが、投資を始めたきっかけ/本日のスープ20皿目

<21皿目>
お金の法則/本日のスープ21皿目

<22皿目>
身近な投資ツール/本日のスープ 22皿目

<23皿目>
投資信託が投資のイメージを変えなきゃ!/本日のスープ23皿目

<24皿目>
時価が変わる世界に慣れるには?/本日のスープ24皿目

<25皿目>
信じるものに救われる/本日のスープ 25皿目

<26皿目>
時価のある世界にすぐに慣れた理由/本日のスープ26皿目

<27皿目>
和敬清寂/本日のスープ27皿目

<28皿目>
ファンドマネージャーの行動を評価したい/本日のスープ28皿目

<29皿目>
価値観を語り、運用方針の大枠を説明し、それが実践されたかどうかをレビュー出来る、そんなファンド(マネジャー)を希求するのには理由があります。/本日のスープ29皿目

<30皿目>
小型株に投資してこそプロの日本人だ/本日のスープ30皿目

<31皿目>
「長期投資」を謳うならぜひやって欲しいこと/本日のスープ31皿目

<32皿目>
ファンドを通じた投資家と企業のいい関係/本日のスープ32皿目

<33皿目>
小さな企業の成長を妨げるもの/本日のスープ33皿目

<34皿目>
投信会社の協調ってどう?/本日のスープ 34皿目

<35皿目>
「ふるさと投資」で投資のイメージが変わる!/本日のスープ 35皿目

<36皿目>
「間」に「場」があれば、世界は動きだす!/本日のスープ36皿目

<37皿目>
「伝える」ことはすごく大事。でも、その先にもっと大事なことがある。/本日のスープ 37皿目

<38皿目>
投信会社のお客様は誰?/本日のスープ38皿目

<39皿目>
アクティブファンドと恋がしたい!/本日のスープ39皿目

<40皿目>
投信業界に巣食う「神」/本日のスープ40皿目

<41皿目>
旗艦ファンドを大切に/本日のスープ 41皿目

<42皿目>
運用会社自身が投資不適格の自己矛盾/本日のスープ42皿目

<43皿目>
「誠実な説明」もできないのに、「目的を持った対話」なんて本当にできるのかしら。/本日のスープ43皿目

<44皿目>
貯蓄文化と投資文化/本日のスープ44皿目

<45皿目>
長い歴史を持つ、日本の投資文化/本日のスープ45皿目

<46皿目>
株式投資を「誇らしく」感じられますか? / 本日のスープ46皿目

<47皿目>
消費者以上、従業員未満の関係/本日のスープ47皿目

<48皿目>
江戸時代のカセギとツトメ/本日のスープ48皿目

<49皿目>
死ぬまで株式投資家でありたい/本日のスープ49皿目

<50皿目>
プチ旦那さんになりたい/本日のスープ 50皿目

<51皿目>
富と幸福の間をどう生きるか?/本日のスープ51皿目

<52皿目>
投資で「幸せ」を感じたい!/本日のスープ52皿目

<53皿目>
投資のリターンは「お返し」でもある/本日のスープ53皿目

<54皿目>
投資リターンは人生のオマケ/本日のスープ54皿目

<55皿目>
「支援し合う」関係に、”ゆっくり、いそげ”/本日のスープ55皿目

<56皿目>
「腹を括る」ということ/本日のスープ56皿目

<57皿目>
投資家の3分類/本日のスープ57皿目

<58皿目>
「投資」の懐が深すぎる件/本日のスープ58皿目

<59皿目>
一人一人に「投資」は嬉しい/本日のスープ59皿目

<60皿目>
初めは金儲けのための投資でいい/本日のスープ60皿目

<61皿目>
お金をふやしてくれるのは誰でしょう?/本日のスープ61皿目

<62皿目>
株主の責任、株式会社の責任/本日のスープ62皿目

<63皿目>
株式会社制度の本質的な問題/本日のスープ63皿目

<64皿目>
スチュワードシップ・コードはアダム・スミスの「株式会社への心配」を払拭する!?/本日のスープ64皿目

<65皿目>
レポートを読もう、そして感想を伝えよう/本日のスープ65皿目

<66皿目>
IR情報は投資家だけのためのもの?/本日のスープ66皿目

<67皿目>
「いい会社」が統合報告にイノベーションをもたらす可能性を秘めている!?/本日のスープ67皿目

<68皿目>
統合レポートでファンドを評価してみよう/本日のスープ68皿目

<69皿目>
レポート普及に運用会社も協力を!/本日のスープ69皿目

<70皿目>
レポート普及に運用会社も協力を! Part 2/本日のスープ70皿目

<71皿目>
CSRとCSV、SRIとESG/本日のスープ71皿目

<72皿目>
社会を意識した投資が必要なのはなぜか?/本日のスープ72皿目

<73皿目>
社会を意識した投資が必要なのはなぜか? Part 2/本日のスープ73皿目

<74皿目>
金融の世界にも「フェアプレー精神」を!/本日のスープ74皿目
 

<75皿目>

投資リターン向上に自利利他が必要/本日のスープ75皿目

 

<76皿目>

上場審査にESGを!/本日のスープ76皿目

 

<77皿目>

企業の成長を後押しするESG/本日のスープ77皿目

 

<78皿目>

ESG投資がその普及と引き換えに失うもの/本日のスープ78皿目

 

<79皿目>

「ESGインデックス投資」で会社の個性を埋没させるな!/本日のスープ79皿目

 

<80皿目>

個性を失い、コモディティ化の進む金融業/本日のスープ80皿目

 

<81皿目>

機心が生じれば本質を見失う/本日のスープ81皿目

 

<82皿目>

「面倒くさい投資家」という成分/本日のスープ82皿目

 

<83皿目>

お金の使い途を選択するということ/本日のスープ83皿目

 

ぜひご賞味ください。

 


| 本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜 | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/4944
トラックバック