CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 「投資信託をもうちょっと身近に感じてみよう」勉強会・第2回は8月24日(水)! | main | 2016年 J1 第21節 vs 柏 #fctokyo ― 必要なのは得点ではありません、勝ち点です。 >>
「市場平均並みのリターン」

JUGEMテーマ:資産運用

JUGEMテーマ:Global Investment

 

 

「市場平均並みのリターン」について、今、感じていること。

 

まず最初に。

 

「市場平均並みのリターン」を誰でも享受することができる、インデックス運用、インデックスファンドは、スゴい、素晴らしいものだと思います。ここは誤解しないでくださいね。

 

さて、ボク自身のコツコツinvest。

毎月、新たに追加のinvest、現在、こんな感じになっています。

 

 

2016Jun_毎月買付ける投信、インデックス運用とアクティブ運用のウエイト

 

http://renny.jugem.jp/?eid=4753

 

 

「市場平均並みのリターン」が計算できる、インデックス運用は一時に比べると大幅に減らしました。減らした最大の理由は、ここまでの資産形成がそこそこ上手く順調に進んだから、ということがあります。資産形成が順調に進んでいくなかで、「市場平均並みのリターン」に対するニーズ?関心?何と表現するのが良いのかわからないのですが、「もうええわ」のような考えがボクの中でどんどん強くなっていったのです。

 

「市場平均並みのリターン」が重宝される一つの理由に、資金の本当の出し手に対して、受託者が説明しやすいという面があるかと思います。ボクのポートフォリオの場合、資金の本当の出し手はボク(家族も含まれる?)です。「市場平均並みのリターン」、ボクは理解できていますが、今は「ふーん、それで?」と思うようになっちゃったのです。

 

そんな風に考えるようになった理由を説明しますね。

 

「市場平均並みのリターン」を確保するために、インデックスファンドには市場がいまある状態で組み入れられているはずです。

 

上場インデックスファンドTOPIX の組入れ上位の会社です。

 

1308_2016Jun30_LargeCap

 

http://www.nikkoam.com/products/etf/lineup/topix/data

 

東証一部の株式を対象に「市場平均並みのリターン」を出すためには、上記のようにポートフォリオを構成しなければならないんですよね。メガバンクはいらないよ、証券会社もいらないや、会計を弄るという大罪を犯しながら市場から退出せずに済んでいる会社なんて何故持たなきゃならないの、というポートフォリオでは「市場平均並みのリターン」は得られません。

 

加えて、です。

時価総額の規模の小さい会社は、細切れ、その存在があるかないか分からないくらいのごくごく微量のウエイト(TOPIXの場合、約1,450銘柄で10%程度のウエイトになっています)でポートフォリオに組み入れられていないと「市場平均並みのリターン」は得られません。その時点の時価総額が唯一無二の判断基準で、個々の会社のファンダメンタルやポジションやビジョンは無視してこその「市場平均並みのリターン」です。

 

クイズ・TOPIX (2016年6月末)

 

もう一つあります。

インデックスファンドが連動の対象にしているインデックスは、株価指数です。株価、つまり、価格=株式市場で付けられた値札、を基に算出されます。市場全体の銘柄について付けられている値札を「是」としてポートフォリオに組み入れてはじめて「市場平均並みのリターン」を得られるということです。

 

これらのことをつらつら考えて「市場平均並みのリターン」を得ることに対して「もうええわ」という結論に至ったのです。

 

社会から必要とされる企業活動を継続している会社は業績を伸ばしていくはずで、そうした会社は長期的に見れば業績と株価が連動していくでしょう。百発百中とはいかないでしょうが、丹念な調査や分析、会社とのエンゲージメントを通じて、そんな会社を人の目で、手で、探し出すことは充分に可能だとボクは考えています。そうした会社の株式を保有することで「市場平均並み」かどうかは分かりません(下回るかもしれません)が、間違いなく「リターン」はやって来るはずです。株価、価格=株式市場で付けられた値札を唯一無二の判断基準としてつくられたポートフォリオは、今の自分のinvestの対象として求めるものではなくなったのです。

 

まだ外国株式についてはインデックスファンドをinvestの対象にしていますが、これもいずれ変更することになると思います。

 

繰り返しになりますが、

 

「市場平均並みのリターン」を誰でも享受できる、インデックス運用、インデックスファンドはスゴい、素晴らしいと考えています。誤解しないでくださいね。

 

「市場平均並みのリターン」が約束されたポートフォリオより、丹念な調査、分析で人の目で、手で、厳選された会社で構成された

ポートフォリオを、ボクはinvestしたいんです。


---------------------------------------------------------------

foy2015title

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください!  

ファンドのファンミーティングがあったっていいじゃない?  


Kindle版 も Amazonで販売中!

お株持ち_cover_1

note で「お金持ち」より「お株持ち」
1st Season? 完了


---------------------------------------------------------------
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へ





| 雑感 | 08:50 | comments(2) | trackbacks(0) | 
コメント
私が投資を始めるに当たって考えたこと、良い会社の良い商品を知ることで、今後の自身の生活に役立てられたら楽しそうだな〜でした。
で、ひふみと鎌倉を積み立てています。

いつもたくさんの記事をアップ頂いて、ありがとうございます。

ps. 今更ながら浜省の歌声になぜか惹かれ始めています
| geant | 2016/07/17 9:53 PM |
geantさん、コメントありがとうございます。

大変励みになります!
引き続きご愛顧くださいますようお願いします。
| rennyです | 2016/07/18 11:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/4766
トラックバック