CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
MOBILE
qrcode
<< Christmas Time | main | 2007年12月28日現在の資産配分 >>
SBI資産設計オープンを「少し」考える・・・
JUGEMテーマ:ビジネス


セゾン・バンガード・グローバルバランスF を 考えるに続いて、
SBI資産設計オープンを考える・・・
ってタイトルにするにはちょっと時期尚早ですね。なので「少し」考えてみることにします。
その前にちょっぴり余談を。
セゾン・バンガード・グローバルバランスF】を設定・販売しているセゾン投信から封書が届きましたが、その中にクリスマスカードが封入されていました。内容については次のお二方のエントリをご覧になってください。


セゾン投信からのクリスマスカード
from NightWalker's Investment Blog



セゾンからのクリスマスカード
from 20歳からの投信による資産形成


さてさて、本題です。
今回のエントリのきっかけは
SBI資産設計オープンのインタビュー
に頂戴したコメントです。
ボクはこちらのインタビューを読んで「天晴れなるかな、住信アセットマネジメント!」と快哉したわけですが、気が早いのではないか、というご指摘を受けているように感じました。言行一致しているか、それは設定、運用されてからじっくり見るべきものであることは確かなので、ボクのコメントは気が早いといえば気が早いと思います。しかし、こちらのエントリ、や、こちらのエントリでご紹介した人のように、業界側の人の多くは頑として「日本の投信のコストは高くない」と言い張る人が多数なのではないか、と思うのです。そのような中で「コスト重視」を正面から押し出した住信アセットマネジメントには強い共感を覚えたのです。もちろん、今後を見守る必要は十分にあると思います。

国内外の株式・債券・REITのバランスファンド【SBI資産設計オープン(資産成長型)】が年1回決算であるのに対して、バラ売りされる個々のアセットクラスの投信が年2回決算であることについて「どうして?」という疑問が提起されています。これはボクも全く同じ疑問を持っていますし、何か理由があるのではないか、とは感じています。とはいえ、ボクが保有しているバンガードの【バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド】も年4回決算・分配があります。非常に残念なことに同じ商品に再投資することは叶いません!こういうことを考えれば、何か理由があるんでしょうけど、年2回決算も「???ながらも良し」と評価するのが妥当かな、とボクは思います。こうである以上、競合者(出て来るかという問題ありますが)にスキを見せてしまっているとも言えます。

関連エントリ: 好きだっバンガード #2
(金商法の影響でしょうか、バンガードのWebサイトからファンド情報が消えています。。。)

コメントで

投資するのに、いろんな角度から「何故」を考えなくなったら、失敗すると思いますが、いかがでしょうか?。


とご指摘を頂きましたが、これはボクも同感です。様々な情報を基に自分で考えて自分で選ぶことが一番重要だとボクも思います。


--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票





| 投資信託の新商品 | 07:46 | comments(4) | trackbacks(0) | 


コメント
それは、rennyさんがアフィリエイトの儲けがセゾンとイートレでは額が違のも影響しているのではないでしょうか。

頑張って、どんどん貼ってくださいね!
| ふんにゃー | 2007/12/26 9:55 AM |
私見では決算回数よりも、その決算で分配金がどれだけ出るかが焦点になる気が致します(よって、決算回数の多少自体は余り気にしません)。

年1回分配で100円分配が出るのと、年2回分配で50円づつ出るのでは、どれだけの差があるのでしょうか。新興国ファンドでは、特にこの傾向が強い気が致します。

ニッセイTOPIXのように、無分配方針を貫けるかどうかというのも、一つの焦点になりそうです。
| 新幹線 | 2007/12/26 3:16 PM |
外国株式だけの話になってしまいますが・・・・

同じ住信アセットマネジメントが運用している
すみしん外国株式インデックスオープンを見ると・・・・・

隠れたコストはほぼ中央三井外国株式インデックスファンド
と同じくらいなのでかなりコストを抑えた運用が伺えます。
ただ分配金は2005年から毎年出しているみたいですね。
その金額も1年経つごとに大きくなっている・・・。
この辺りはちょっと気になる所ですね。

果たして同様の方針を執るかはたまた差別化を図るか
・・・・注目していきたいと思います。

ただ私個人の考えでは他の外国株式インデックスファンド
との比較や今の考察部分を加味しても現状の日本では
一番良いファンドではないかな?と思います。

(参考HP)
http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/64315005.html
| ポッキー | 2007/12/26 9:17 PM |
コメントありがとうございます。

>ふんにゃーさん

ボチボチ貼らせて頂きます。

>新幹線さん

確かに分配金の多寡も問題ですね。

>ポッキーさん

>>その金額も1年経つごとに大きくなっている・・・。
この辺りはちょっと気になる所ですね。

年2回の分配ですからいっそう気になりますね。
最初の決算が注目ですね。
| rennyです | 2007/12/29 9:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック