CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
MOBILE
qrcode
<< マネックス お金のゼミナール | main | 隠れたお金持ちが、みんなやってる投資の法則 >>
内藤忍の資産設計手帳のすすめ
JUGEMテーマ:ビジネス


内藤忍の資産設計手帳のすすめ
ダイヤモンド社
内藤忍(著)
発売日:2007-12-07
おすすめ度:5.0


最初にお断りしておきますが、こちらの本は自腹で買ったわけではありません。ですからそれが評価に影響しているかもしれません。

非常に個人的な感想ですが、この本、これから資産設計を始めようというビギナーよりも、既に資産設計に取り組み始めてその効用を実感して「続けたい!」と感じている人に勧めたい本です。本の中では、資産設計の非常にベーシックなエッセンスが掲載されていてビギナーにも十二分に有益だとは思います。しかしながら、少し気になる点があります。
それは、人によって(特に未だ投資・運用に踏み出していない人)は、資産設計のことではなく手帳づくりの方に注意が向いてしまうのではないか、ということです。ことによると、手帳をつくった段階で資産設計に取り組んでいる気になってしまうこともあるかもしれません。手帳を準備することは確かに意義深いとは思いますが、それよりも資産設計に着手することの方がより重要なことのように思います。実際に取り組み始めた結果、「これは長期で継続して取り組みたい」と確信してから手帳作りに取り組んだ方がベターではないか、と思いました。「長く続ける」ための具体的な手段の一つとして提案されたのが「資産設計手帳」なんだと思います。
このキモは、
目標を具体的に数値化すること、
そして、それに対して定期的にモニターすること

だと理解しました。
そういうことが実現できれば、手帳でもエクセルのスプレッドシートでも自分にあったやり方があるように思います。ボクは手帳をこしらえるよりはエクセルで管理していこうという考えなのですが、それに参考になるヒントがこの本には散りばめられているように思います。

長期にわたって資産設計を実践するためには"クラブ・インベストライフ 東京セミナーに参加"というエントリの渋澤健さんのご指摘のように「楽しむ」ことが重要のように思います。そういう楽しみを得られるようなツールを自分なりに工夫することが大事だと思います。内藤さんは単に資産がいくらかということだけでなく、どんな人生を送りたいかということを書き出すことを提案されていますが、これは「楽しむ」ということにつながるのではないか、と思います。資産が順調に増えていくことも楽しく感じることはあるかと思いますが、それ以上にそうして積み上げた資産を自分の人生にどのように活用していくか、ということに思いを馳せることも、楽しむこと、長く継続することに寄与するように思います。

『資産設計手帳』というアイデアは資産設計を長期的に継続するためのツールとして非常にユニークだと思います。重要なのはあくまで手帳はツールに過ぎないということです。実際に資産設計に取り組んでそのスタイルを続けたいと感じるかどうか、まず資産設計を始めてみること、それこそが重要ではないか、とボクは思います。
さもなければ・・・
システム手帳屋さんがニンマリするだけ?なんて思ったりします。

こちらの本についてはNightWalkerさんも書評をお書きになっていますね。

内藤忍さんの新刊2冊(2) 内藤忍の資産設計手帳のすすめ
from NightWalker's Investment Blog


資産設計を始めてみて十分にその効用を実感できている人にとって、その手法を長期で実践し続けるためのツールとして、『資産設計手帳』あるいは『資産設計手帳』的な発想は大いに機能するのではないか、と思います。


--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



| 投資関連書籍の読書 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(1) | 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
資産設計手帳のまとめ
拙書「資産設計手帳のすすめ」ですが、しぶとく売れているようです。 今まで書籍に関...
| SHINOBY'S WORLD | 2008/03/06 1:41 PM |