CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 初めての決算 | main | 積立投資で増額ってどうなんやろ >>
MSCI-KOKUSAIに連動するETF
JUGEMテーマ:ビジネス


マネックス・ユニバーシティの内藤忍さんのブログ
SHINOBY'S WORLD」の
MSCIコクサイ
というエントリでフリを頂戴しているようなのでお応えしたいと思います。
(新幹線の移動中に書いています。)

先日一部の方の目に触れることとなった動画でもお話していますように、ボクは日経新聞を読んでいません。
(というか、今現在日刊紙を購読していません。)
ですので、今日のこの「小さな」記事も全然知りませんでした(当たり前ですが)。

この「小さな」記事については、"インデックス投資の伝道師"カン・チュンドさんが早速取り上げられています。

バークレイズがMSCIコクサイETF をアメリカ市場に上場させます
from カン・チュンドの投資のゴマはこう開け!


個人的には今回のニュース、正直なところあまり驚きがありませんでした。
韓国の株式指数に連動するETFが、東証の海外ETF上場第1号となったことからこうしたシナリオも十分ありえるだろうと感じていたからです。

カン・チュンドさんは次のように述べられています。


先に米国に上場させるということが、
日本の金融市場の硬直性を
如実に表しているのではないでしょうか。


その通り!とも思いますが、バークレイズの今回の意思決定の背景に何があったのか分からないだけに何とも言えないというのが正直なところです。
東証との折衝にくたびれたのか、KODEX200上場指数投資信託 【東証:1313】の東証上場後の出来高の推移を見て驚いたのか、その他どんな事情で今回の意思決定となったのかは非常に気になります。

ただ、個人投資家の立場からすれば、このETFが米国市場に上場後、楽天証券、イートレ等のネット専業証券で他のETF同様買い付けることができるのであればそれでOKかなぁ、という気もします。
楽天証券こちらで取扱い開始を発表しています。


カン・チュンドさんご指摘のように、MSCI-KOKUSAIに連動するETFに魅力を感じる投資家のほとんどは日本籍の投資家だと思います。また、内藤忍さんがご指摘の通り、コストが他のETF並みになっていれば資産設計において非常に使い勝手の良い商品になります。そのような商品が米国の市場に上場されていて、日本の一部の証券会社でしか手軽に買い付けることができない・・・なんだかなぁ、という感じですね。これを「小さな」記事にしている日経も相変わらずなんだかなぁ、って感じですね。まあ、インデックス投資派だからそう感じるだけなのかもしれませんが。

ところで、内藤忍さんがこんなかたちでエントリを締め括っています。

来年は、海外ETFをまだ取り扱いしていないネット証券からの吉報を待ちたいと思います。


ボクもマネックス証券からの発表を心待ちにしていますよ。


--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



| ETF(上場投資信託) | 10:36 | comments(5) | trackbacks(2) | 
コメント
TOKの管理報酬は年0.25%のようですね。

例えばIVV50%、EFA35%、EEM15%というポートフォリオとTOK85%、EEM15%のポートフォリオは前者が年0.280%、後者が0.325%となり、管理報酬面では前者が有利です。

但し、EFAには日本も含まれている点、TOKなら先進国株式内でのリバランスが不要な点がメリットだと思います。
| yb | 2007/12/11 12:58 PM |
TOKが画期的なのは、やはり日本国内で売られている外国株式インデックスファンドやアクティブファンドがMSCI-KOKUSAIをベンチマークとして運用している点かなと思います。
ファンドをそのままTOKに移行すればOKなので、実行する人は多いのではないかなと思います。
| かとまん | 2007/12/11 4:53 PM |
IVV&EFAの組み合わせかTOPIX&TOKの組み合わせか悩ましい限りです。
| うんぼぼ | 2007/12/11 7:35 PM |
みなさん、米国はIVV(大型株)だけ?

私は、IJR(S&P スモールキャップ600指数)や
IWM(ラッセル2000指数)などの小型株も入れたほうが
いいかなぁ、と思ってるんですが。
| 輪田@【堅実投資】 | 2007/12/12 12:58 AM |
コメント有り難うございます。

この件は本当に沢山のブログで話題にされているようですね。にもかかわらず「小さな」記事でやり過ごそうとしたN経、やっぱりどうかしてますね。それはさておき、

>ybさん

色んな組み合わせができて、しかもコストが安い、かなり環境が良くなりましたね。

>かとまんさん

どの程度の人が買い付けるのか注目されますね。

>うんぼぼさん

選択肢が増えるというのは環境が良くなったということですよ。

>輪田@【堅実投資】さん

色々な考えを反映できるようになったのが素晴らしいことだと思います。その意味で楽天証券の頑張りは実に大きな価値があるとボクは思います。
| rennyです | 2007/12/13 10:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/442
トラックバック
バークレイズがMSCIコクサイETF をアメリカ市場に上場させます
こんにちは、 インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。 (さっそく)日経ネットのこちらのニュースからどうぞ。 【米バークレイズ、日本の投資家向け外国株連動ET...
| カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け! | 2007/12/11 9:15 PM |
MSCI コクサイ連動 ETF
アメリカのバークレイズが MSCI コクサイ連動 ETF を上場し、楽天証券が海外 ETF として取り扱うというニュースがありました。 http://jp.reuters.com/article/fundsNews/idJPnTK006174420071211 各種ブログを見ると、多くの方がこの ETF について言及していますが、
| 乙川乙彦の投資日記 | 2007/12/14 6:33 AM |