CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド ウオッチ 2015年9月号 #9 | main | 投信概況 2015年8月 #74 >>
新・Road to G/S #33
JUGEMテーマ:資産運用


目論見書・運用報告書についてのアンケートにご協力ください!
 

Road to G/S> から新装した

新・Road To G/S

33回目です。

G/Sって? G/Sは変わりません。
G/Sの正体は こちら をご覧あれ。

「新」としている理由は
それは純資産総額をG/Sと比較する投資信託群を変更したからです。
 

G/S越えを目指して欲しい、そんな投資信託をボクが選んでみました。
つまり"renny 注目の投資信託" です。略して

r注投 

です。r注投のメンバーです。

ありがとうファンド
セゾン バンガード・グローバルバランスF
セゾン 資産形成の達人ファンド
ひふみ投信
ユニオンファンド
コモンズ 30ファンド
結い2101
ザ・2020ビジョン

そして、この2つのシリーズの投資信託です。
   
SMTインデックスシリーズが16本
eMAXISシリーズが2本増えて、19本。

総勢43本の投資信託が束になってG/Sを目指します。

目指す対象となるG/Sですが、2014年4月末時点で国内最大の追加型公募投信(ETFを除く)の座を失ってしまいました。そんなわけでこのシリーズの 今後について考えましたが、とりあえずG/S、過去5兆円を超えたこともあるファンドに敬意を表して?これまでのスタイルを維持することにしました。一方 で、そのG/Sを追い抜いたファンドにも敬意を表して?そのファンドも注目してみることにしました。

G/Sの純資産総額を追い抜いたのは、この2つのファンドです。

フィデリティ・USハイ・イールドF
新光 US-REITオープン 『愛称:ゼウス』

このシリーズでは
フィデリティ・USハイ・イールドF】を 「フィデ米ハイY」

新光 US-REITオープン 『愛称:ゼウス』】を「ゼウス」

と呼ぶことにします。

2015年9月15日時点で、G/Sは純資産総額で4番手(ETFを除く)と前回から2つ順位を上げたようです。しかし、純資産総額は9,000億円を割ってしまったようです。

これから先さらにドンドン追い抜かれていくかもしれないので、一緒に追いかけるのは「フィデ米ハイY」と「ゼウス」までにします。

では、純資産総額です。クリックで拡大してください。

2015Aug_RoadtoGS_neo

G/Sまでの差は

3,627億円

差がドンドン詰まってきました。

43本のファンドの純資産総額の総計は

5,388億円



当ブログサイドバー(左)"renny 注目の投資信託"のスクリーンショットのコーナーです。

20150916_r注投_はてブ

前回 からの増減です。

<増加>


鎌倉投信 +1 user


r注投に多く含まれている「チョクハン」にちなんだ、こちらの投票もよろしくお願いします。


20131217_favorite_チョクハン_voting


次回をお楽しみに。

---------------------------------------------------------------

<アンケートやってます!>

月次レポート等の報告書、目論見書が「ステキ!」な投資信託を教えてください!  

ファンドのファンミーティングがあったっていいじゃない?  


Kindle版 も Amazonで販売中!

---------------------------------------------------------------
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江東区情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へ




| 新・Road To G/S | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/4385
トラックバック