CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< チケット完売、誠にありがとうございます。席を追加しました。 #foy2014 | main | 2014年10-12月のアクセスランキング(PV、PVxT) >>
すべての現役世代が確定拠出年金を利用できるようになったら、もっともっと浸透してほしいこと(参考図書も一緒に)
JUGEMテーマ:資産運用

2015年1月9日、都内で表彰式を開催します。

foy2014_logo

---------------------------------------------------------------

年末年始、休暇気分でボーっとしていたら、スゴいニュースがあったんですね。
   

この改革が実現して「すべての現役世代が確定拠出年金を利用できるようになる」と、ボクも確定拠出年金が使えるようになります。わーい!ステキ!
!!、ボクの奥さんも利用できるじゃないか!ステキ!

 

はてブにはこんな風にコメントしました。
 
NISA以上のインパクト。確定拠出年金(日本版401k)大改革へ〜平成27年度税制改正大綱示される〜(山崎俊輔) - 個人 - Yahoo!ニュース  

投資信託の市場の風景を一変させる可能性を秘めてますね

2015/01/03 08:09


この改革が実現すると、投信業界はいっそう真摯に「現役世代」と向き合わざるを得ないことになりそうですね。業界には強烈なインパクトになるんじゃないか、とさえ感じています。

この改革が実現し「すべての現役世代が確定拠出年金を利用できる」ようになることで、時間をじっくりかけた資産運用の裾野が大きく広がることになると思います。それをきっかけに、社会にもっともっと浸透してほしいことを書いてみます。

「株式会社と株式投資の可能性」
「会計の基礎の基礎」
「株価を因数分解してみたら」
「ポートフォリオ理論」

です。
 

株式会社と株式投資の可能性


株式会社の仕組み、実は非常にシンプルだと思います。
しかし、この極めて大事なことが社会に十分に浸透していないと思います。

株式会社、そして、株式会社への投資が、社会に新しい商品、サービス、体験を産み出し続けるもっとも強力な原動力ではないでしょうか。いやNPOじゃないか、いやいや政府や行政だよ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、株式会社、株式投資の可能性について考える機会が増えて欲しい、そう思います。この観点で本を2冊ご紹介します。

 

 

会計の基礎の基礎


投資、資産運用を実践するだけでなく、社会で暮らしていくためには会計の基礎知識が不可欠だと常々感じています。上場している株式会社は決算で財務諸表を公表しますし、投資信託も決算で運用報告書を投資家に届けます。これらの内容の大枠を理解するためには会計の基礎知識は必須です。投資・資産運用のブログ界隈で度々喧しくなる「分配金」。「分配金」に絡んで喧しくなる最大の理由は、会計の基礎知識が十分に浸透していないことにあるのではないか、と今は考えています。こうしたことから、当ブログでは「分配金」について言及することは こちらのエントリ を最後に控えています。この点については、こちらの本を紹介しておきます。


 

株価を因数分解してみたら


株価を因数分解すると

株価 = EPS(1株当たり利益) x PER (株価収益率)


これも非常にシンプルですが、もっと広く浸透すべき基礎の基礎ですね。

岡本和久さんの解説が大変分かり易いのでご紹介しましょう。
 

株価の動きは影のようなものです。企業の実体価値に光を当てることを想像してみてください。マーケットの心理は欲望と恐怖の間を毎日、ランダムに変化して います。欲望の側から光を当てると小さな実体も大きな影になります。恐怖の側から光を当てると大きな実体も小さな影になります。実体価値は同じでも欲望と 恐怖の間の心理のブレで株価は大きく変動するのです。

資産運用「気づきのタネ」(127)難しい投資とやさしい投資 | 岡本和久のI-OWA日記


初心者未満のための「人生を通じての資産運用」」もぜひご覧になってみてください。


この点に関しては、藤野英人さんと糸井重里さんの対談も大変参考になります。
 

ここで初めてポートフォリオについて考えるのがボクのおススメです。
 

ポートフォリオ理論



ポートフォリオ理論を実にシンプルに説明されているのが、田村正之さんです。
田村さんのこちらの本の79ページから始まる「7分でわかるモダンポートフォリオ理論」のエッセンスです。


 

値動きの異なる資産を組み合わせると、リターンは各資産の平均になる一方で、リスクは平均より小さくすることができる。
 



「すべての現役世代が確定拠出年金を利用できる」になって、上記で挙げたような事実や知識の浸透が進むことを期待しています。そうなると、投信業界の風景は劇的に変化するのではないか、という妄想に至ります。

はたしてどうなりますやらw

 
---------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

blogranking 


| iDeCo/確定拠出年金 | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/4003
トラックバック