CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2014年11月第2週 7:15 | main | ひふみ投信ウオッチ 2014年11月号 #35 >>
「間」に「場」があれば、世界は動きだす!/本日のスープ36皿目
JUGEMテーマ:インターネット


本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜>の36皿目は
”投資を楽しむ♪”のまろさんです。

-----------------------------------------------------
 

 

同じ企業へ投資する複数の運用会社が共催でイベントを開いたり、協働でレポートを発信できないか?というのが34皿目でのrennyさんの問いかけだった。

結論から言ってしまうと、上場企業・運用会社・個人投資家など関係者の「間」に、第三者が「場」を作ることで実現可能だと思う。

新しいアイデアは「既存のアイデアの新しい組み合わせ」から生まれるものだから(ジェームズ・ヤング「アイデアの作り方」より)、まだつながっていない関係者の「間」を取り持つ存在が極めて重要。やがて異なる立場の関係者が集う「場」が生まれ、アイデアの発信源となる。

私のイメージに近い歴史上の実例を日本とヨーロッパから1つずつ紹介しよう。

まずは室町時代。この企画の一番初めにも紹介した室町幕府の将軍が用意した多分野の人が集まる「会所」。ここでの異文化交流によって水墨画、和室、庭園、能、茶道、華道など現代に通ずる文化の原型が生まれていく。

そして世界に目を向ければ、ヨーロッパの大航海時代の「コーヒーハウス」。政治家、思想家、科学者、船乗りなど様々な客が出入りし、ここに集まった情報を編集してはじまったのが、新聞社、保険会社、証券会社といったビジネスだ。

似たようなデザインで何かできないかな?と常に探すようにしていて、私がNPOの運営を引き受けたりするのは、損得関係なしに様々な「知」が交わる交差点として可能性を感じているから。

さて話を元に戻し、運用会社の協調の可能性について。

それを実現できる「場」は、すでにrennyさんご自身が持っているじゃない、というのが私の率直な意見。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」は、すでに運用会社と個人投資家の「間」にあるのだから。


まろ@投資を楽しむ♪
 


過去の35皿です。

<1皿目>
「本日のスープ(仮)」はじまるよ!
「投資をめぐる三重奏(仮)」はじまるよ!
「マットーネ :mattone(仮)」はじまるよ!

<2皿目>
「本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜」でいかがですか?

<3皿目>
おいしさ=味×心/本日のスープ3皿目

<4皿目>
株を持つという事は自分が関係者になること/本日のスープ4皿目

<5皿目>
「株式投資」:「安く買って高く売る」こと?それだけ?  /本日のスープ5皿目

<6皿目>
投資と資産運用の素因数分解/本日のスープ6皿目  

<7皿目>
株式投資はじめてものがたり/本日のスープ7皿目

<8皿目>
株式投資が世界を、未来を変えているかも/本日のスープ8皿目

<9皿目>
セレンディピティ/本日のスープ9皿目 

<10皿目>
利益の源泉は"ありがとう"/本日のスープ10皿目

<11皿目>
研いで出てくるのは塗り重ねたもんだけ/本日のスープ11皿目

<12皿目>
時代遅れの投信業界を目覚めさせたい/本日のスープ12皿目

<13皿目>
わかりにくい仕組みのままハードルを下げた投資信託/本日のスープ13皿目

<14皿目>
個人投資家は「舌」を鍛えよう!/本日のスープ14皿目

<15皿目>
食と投資の共通危機/本日のスープ15皿目 

<16皿目>
投資信託の見える価値と見えない価値/本日のスープ16皿目

<17皿目>
いでよ、アイアンシェフ/本日のスープ17皿目

<18皿目>
母のおかげで投資の世界へ/本日のスープ18皿目

<19皿目>
競馬から株式投資へ/本日のスープ19皿目

<20皿目>
学資保険に「ダメだ、こりゃ」と直感したのが、投資を始めたきっかけ/本日のスープ20皿目

<21皿目>
お金の法則/本日のスープ21皿目

<22皿目>
身近な投資ツール/本日のスープ 22皿目

<23皿目>
投資信託が投資のイメージを変えなきゃ!/本日のスープ23皿目

<24皿目>
時価が変わる世界に慣れるには?/本日のスープ24皿目

<25皿目>
信じるものに救われる/本日のスープ 25皿目

<26皿目>
時価のある世界にすぐに慣れた理由/本日のスープ26皿目

<27皿目>
和敬清寂/本日のスープ27皿目

<28皿目>
ファンドマネージャーの行動を評価したい/本日のスープ28皿目

<29皿目>
価値観を語り、運用方針の大枠を説明し、それが実践されたかどうかをレビュー出来る、そんなファンド(マネジャー)を希求するのには理由があります。/本日のスープ29皿目

<30皿目>
小型株に投資してこそプロの日本人だ/本日のスープ30皿目

<31皿目>
「長期投資」を謳うならぜひやって欲しいこと/本日のスープ31皿目

<32皿目>
ファンドを通じた投資家と企業のいい関係/本日のスープ32皿目

<33皿目>
小さな企業の成長を妨げるもの/本日のスープ33皿目

<34皿目>
投信会社の協調ってどう?/本日のスープ 34皿目

<35皿目>
「ふるさと投資」で投資のイメージが変わる!/本日のスープ 35皿目


ぜひご賞味ください。
 

| 本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/3923
トラックバック