CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2014年9月第5週 5:17 | main | 2014年9月30日現在の資産配分 >>
小さな企業の成長を妨げるもの/本日のスープ33皿目
JUGEMテーマ:インターネット


本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜>の33皿目は
”投資を楽しむ♪”のまろさんです。

-----------------------------------------------------
 

rennyさんの31皿目m@さんの32皿目では、中小企業やベンチャー企業への育成・支援を目的とした投資の形について語られた。私は様々な中小企業や個人事業者とお付き合いさせていただいた中で、こんな印象を持っている。

  • 本物の「いい会社」はお金に困らない
  • 中小企業の成長を妨げるのは社員の質

社長や事業に魅力があれば、お客さんが営業部隊のようになって商品・サービスを勝手に広めてくれる。また銀行も我先にと融資に乗り出してきて、調子に乗って必要以上に借り入れしないことが大切だし、舞い込んでくる投資話に資金源が怪しくないかどうか見極めるのが大変、というのが私の実感。

小さな企業の成長を妨げるものは、資金よりも社員の質だと思う。
企業の規模が少しずつ大きくなり、従業員が増える中で、創業者の想いを共有し、その実現のためにイキイキ働いてくれる社員の割合も減ってしまいがち。おそらくこの割合が一定量を超えたところで、会社の成長にブレーキがかかるのだ。

細かく分析した訳ではないけど経験上、社員の質低下による壁が年間売上10億円あたりでやってくるような印象を持っている。また学術的な分析を引用すれば、イギリスの人類学者ロビン・ダンバーは、人間が維持できる意味ある社会的関係の数は150前後だという。取引先や従業員含め、社長のネットワーク数が限界に達したところが、最初の壁なのかもしれない。

以上は上場にはほど遠い小さな企業の話だけど、「社員候補の人材」よりも「投資の資金」の方が目ざとく「いい会社」を見つけてくる、という構図は東証一部上場以外の企業まであまり変わらない気がする。

だからこそ、知る人ぞ知る企業へ投資する運用会社は、投資先の企業の魅力を語って欲しい。それがどこかでつながって、成長の原動力となる社員の入社につながるかもしれないから。

運用会社は企業と投資家の間の「お金」を仲介するだけではなく、企業と社会の間の「情報」はもちろん「人」や「心」をつなぐ役割もあると認識して欲しい。(それぐらいじゃないと運用会社にも高い志を持った人材は集まらない)

まろ@投資を楽しむ♪


過去の32皿です。

<1皿目>
「本日のスープ(仮)」はじまるよ!
「投資をめぐる三重奏(仮)」はじまるよ!
「マットーネ :mattone(仮)」はじまるよ!

<2皿目>
「本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜」でいかがですか?

<3皿目>
おいしさ=味×心/本日のスープ3皿目

<4皿目>
株を持つという事は自分が関係者になること/本日のスープ4皿目

<5皿目>
「株式投資」:「安く買って高く売る」こと?それだけ?  /本日のスープ5皿目

<6皿目>
投資と資産運用の素因数分解/本日のスープ6皿目  

<7皿目>
株式投資はじめてものがたり/本日のスープ7皿目

<8皿目>
株式投資が世界を、未来を変えているかも/本日のスープ8皿目

<9皿目>
セレンディピティ/本日のスープ9皿目 

<10皿目>
利益の源泉は"ありがとう"/本日のスープ10皿目

<11皿目>
研いで出てくるのは塗り重ねたもんだけ/本日のスープ11皿目

<12皿目>
時代遅れの投信業界を目覚めさせたい/本日のスープ12皿目

<13皿目>
わかりにくい仕組みのままハードルを下げた投資信託/本日のスープ13皿目

<14皿目>
個人投資家は「舌」を鍛えよう!/本日のスープ14皿目

<15皿目>
食と投資の共通危機/本日のスープ15皿目 

<16皿目>
投資信託の見える価値と見えない価値/本日のスープ16皿目

<17皿目>
いでよ、アイアンシェフ/本日のスープ17皿目

<18皿目>
母のおかげで投資の世界へ/本日のスープ18皿目

<19皿目>
競馬から株式投資へ/本日のスープ19皿目

<20皿目>
学資保険に「ダメだ、こりゃ」と直感したのが、投資を始めたきっかけ/本日のスープ20皿目

<21皿目>
お金の法則/本日のスープ21皿目

<22皿目>
身近な投資ツール/本日のスープ 22皿目

<23皿目>
投資信託が投資のイメージを変えなきゃ!/本日のスープ23皿目

<24皿目>
時価が変わる世界に慣れるには?/本日のスープ24皿目

<25皿目>
信じるものに救われる/本日のスープ 25皿目

<26皿目>
時価のある世界にすぐに慣れた理由/本日のスープ26皿目

<27皿目>
和敬清寂/本日のスープ27皿目

<28皿目>
ファンドマネージャーの行動を評価したい/本日のスープ28皿目

<29皿目>
価値観を語り、運用方針の大枠を説明し、それが実践されたかどうかをレビュー出来る、そんなファンド(マネジャー)を希求するのには理由があります。/本日のスープ29皿目

<30皿目>
小型株に投資してこそプロの日本人だ/本日のスープ30皿目

<31皿目>
「長期投資」を謳うならぜひやって欲しいこと/本日のスープ31皿目

<32皿目>
ファンドを通じた投資家と企業のいい関係/本日のスープ32皿目


ぜひご賞味ください。
 

| 本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/3862
トラックバック