CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< [5th Period]第3回k2k2ダービー Week19 #3rd_k2k2D #k2k2 | main | 2014年 J1 第19節 vs セレッソ大阪 #fctokyo >>
山崎元さんの獨協大学の「金融資産運用論a」春学期試験問題 (今週のIE #132)
JUGEMテーマ:インターネット


今週のIE


このシリーズ、特に強く印象に残ったブログのエントリ

Impressive Entries

を週次で書き留めておく、というものです。
 

↓ クリックで拡大してください ↓
山崎元さんの試験問題
 

学生のうちにこうした機会が得られるとは羨ましい限りです。

この問題に吊られた男さんが挑まれています。
 

ボクは問題への解答というよりは、5つの問題を基に思ったことを書いてみようと思います。

個人が社債に投資する場合の問題点を3つあげて説明して下さい。

格付け上同等とされている社債と比較して、発行体の信用リスクに見合った条件が設定されているのか、そこらへんの説明がネット証券での売出時にはありませんね。といいますか、S社にしても、M社にしても、発行体自身が自分で直販している形ですので、そういうことはやらないのでしょう。
流動性の問題も大きいと思います。個人向けの金融商品については、速やかに換金可能で、かつ、どのくらいの価格で換金できるのかが時間を掛けずに把握できる、ということが大事な点です。が、個人向け社債の多くは流動性が乏しいので、換金はできるかもしれないものの、どのくらいの価格で換金できるかの透明性には欠けているのではないでしょうか。
分散が効かないというのも大きな問題だと思います。条件が市場から見て適正かどうか微妙なうえに、流動性に乏しく時価がよく分からない単一の銘柄が、短期間でもポートフォリオに鎮座するというのは資産運用の打ち手としてはイマイチ、イマニ、イマサンだと感じます。

と、こういうことを書いていたら、こんなページを発見。

こんな商品を売っている人にカネ貸すの?

うーん。言葉を失います。。。。。

次にいきましょう。

個人が、がん保険をはじめとする民間保険会社の医療保険に入らない方がいいと考えられる理由を説明して下さい。

出題者の山崎元さんの意図は「学生に、ネットで健康保険の「高額療養費制度」という言葉を調べて覚えて貰うこと」だそうですので、皆さん覚えておきましょう。

「高額療養費制度」

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/100714a.pdf

ボクも社会人になってから何度か入院しており、その際、この制度のお世話になっています。
ということで、ボク自身、民間保険会社の医療保険は利用していません。

「がん保険」については、下記のエントリ(少し古いですが)で書いている通り、「割りに合わない?」ということで利用していません。
 
次にいきます。

ある住宅について、(A)賃貸で住む、(B)現金で購入する、(C)住宅ローンを組んで購入する、の3通りの方法で住むことができるとします。(A)、(B)、(C)の損得をどのように比較したらいいか、考え方を説明して下さい。

「賃貸か持家か」というずーっと続いている問題ですね。
まずは、その住宅について近隣同等物件の家賃の相場、売買取引事例を確認します。
仮に購入した場合、何らかの事情で賃貸に回す、売却しなければならなくなったケースのシミュレーションが大事だということです。ボク自身、約10年前に今の自宅マンションを購入しましたが、この点を一番重視しました。「賃貸に回したらどうか」「売りたいときに買い手は見つかりそうか」から見て、まあなんとかなるか、と思ったので購入に踏み切りました。
当然ですが、住宅ローンを利用しました。最近大いに驚いたことの一つで、ボクの利用したこの商品が終了していたんですね。利用できてラッキーでした。

はい、4問目。

毎月分配型の投資信託が投資家にとって損である理由と、損であるにもかかわらずよく売れている理由について説明して下さい。

毎月分配ファンドについてのコメントは当ブログでは差し控えるようにしていますので(理由はこちらに詳しく書いています)、手短に。「損であるにもかかわらずよく売れている理由」は、どんなに丁寧に説明を受けても、どこから分配金がやって来るのかという根本的な仕組みを理解しない人が多いからだと、ボクは思っています。

最終問題。

今年、NISA(少額投資非課税制度)の口座を銀行に開いた個人がいるとします。NISA口座内の資金100万円をどのように運用するのがいいかを説明して下さい。

その100万円が自分の金融資産全体に占める割合によって異なると思います。割合が高い場合は、無理に運用する必要は無いでしょう。割合が低い、100万円は余裕資金、という場合、その銀行で、保有コストが低廉で期待リターンの高いファンド、外国株式のインデックスファンドの取り扱いがあれば、それを利用してみる、ってな感じでしょうか。

ちなみに、ボクはこんな感じでNISAを利用中です。
 
今週は以上です。
 
---------------------------------------------------------------
foy2013_logo


---------------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

blogranking 

カブク<br />
                                                                                 ンブログマーケットランキング投票


| 今週のIE | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック