CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< セゾン投信の口座数が70,000を突破!!! | main | 新・Road to G/S #19 >>
信じるものに救われる/本日のスープ 25皿目
JUGEMテーマ:インターネット



本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜>の25皿目は
m@さんです。

-----------------------------------------------------
 

まろさんからの質問でこれから投資をはじめる人に向けて「時価が変わる世界に慣れる」ことの大切さを書きました。それを受けて時価の変わる世界に慣れるまで約10年かかった(→24皿目)という自身の体験からどうやって慣れましたか?という追加の質問が。


自分の場合、投資を始める前から競馬で時価の変わる世界に触れていたのと、預金だけでは先が見えているという事で、あえて時価の変わる世界に踏み出したという点で普通の人と違っているかもしれません。


でも、頭で思っていても実際に評価損が出たときになぜ耐えられたのか?という事を考えると、自分のしている投資について根っこから信じていたというところに行き着きました。


コロンブスも地球は丸くて西にずっと行けばインドにたどり着くというのを信じていたからこそ、予定よりも航海日数がかかったり反乱直前になっても航海を続けることができ、最終的に新大陸を発見したのです。


私が信じ続けたのはウォーレン・バフェットの
「株式市場は短期的には人気投票の場に過ぎない。しかし長期的には、企業の真の価値を測る計測器の役割を果たす。」
という言葉です。長期的な目線で投資することで株価ではなく企業を見て投資することに疑問は持ちませんでした。


もちろん他にも様々な要因もあるのですが、結局は自分がやっている事に自信を持てれば評価損を抱えていても続けることができるだろうし、逆に自分がやっている事に自信がなければいくら合理的な投資手法だったとしても評価損に耐えられず投資を止めてしまう事になります。


よく100-年齢の比率で株式を持ちましょうとか、若い人はリスクをたくさん取れるという説明がされますが、あれは時価の変わる世界に慣れた後の話です。自分にとって心理的にも無理のない投資との付き合い方を探して欲しいと思います。

m@ "いい投資"探検日誌 from 新所沢




 

過去の24皿です。

<1皿目>
「本日のスープ(仮)」はじまるよ!
「投資をめぐる三重奏(仮)」はじまるよ!
「マットーネ :mattone(仮)」はじまるよ!

<2皿目>
「本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜」でいかがですか?

<3皿目>
おいしさ=味×心/本日のスープ3皿目

<4皿目>
株を持つという事は自分が関係者になること/本日のスープ4皿目

<5皿目>
「株式投資」:「安く買って高く売る」こと?それだけ?  /本日のスープ5皿目

<6皿目>
投資と資産運用の素因数分解/本日のスープ6皿目  

<7皿目>
株式投資はじめてものがたり/本日のスープ7皿目

<8皿目>
株式投資が世界を、未来を変えているかも/本日のスープ8皿目

<9皿目>
セレンディピティ/本日のスープ9皿目 

<10皿目>
利益の源泉は"ありがとう"/本日のスープ10皿目

<11皿目>
研いで出てくるのは塗り重ねたもんだけ/本日のスープ11皿目

<12皿目>
時代遅れの投信業界を目覚めさせたい/本日のスープ12皿目

<13皿目>
わかりにくい仕組みのままハードルを下げた投資信託/本日のスープ13皿目

<14皿目>
個人投資家は「舌」を鍛えよう!/本日のスープ14皿目

<15皿目>
食と投資の共通危機/本日のスープ15皿目 

<16皿目>
投資信託の見える価値と見えない価値/本日のスープ16皿目

<17皿目>
いでよ、アイアンシェフ/本日のスープ17皿目

<18皿目>
母のおかげで投資の世界へ/本日のスープ18皿目

<19皿目>
競馬から株式投資へ/本日のスープ19皿目

<20皿目>
学資保険に「ダメだ、こりゃ」と直感したのが、投資を始めたきっかけ/本日のスープ20皿目

<21皿目>
お金の法則/本日のスープ21皿目

<22皿目>
身近な投資ツール/本日のスープ 22皿目

<23皿目>
投資信託が投資のイメージを変えなきゃ!/本日のスープ23皿目

<24皿目>
時価が変わる世界に慣れるには?/本日のスープ24皿目


ぜひご賞味ください。
 

| 本日のスープ〜株式投資をめぐる三重奏〜 | 00:09 | comments(2) | trackbacks(0) | 
コメント
はじめして。
バラと申します。
いつも楽しく拝見させてもらっています。

「自分のしている投資について根っこから信じていた」
という文章に激しく同感しました。

自分も2007年11月に一括(野村通貨選択型日経225)と積立(セゾン投信)を同時に始めました。
一括の方は損を抱えたまま先日売却しました。
一方、積立はガンガン利益を出しています。

積立マジックを体験してしまった今、「自分のしている投資について根っこから信じる」ようになりました。
| バラ | 2014/07/17 11:50 AM |
バラさん、コメントありがとうございます。

ご自身の投資手法について自信を持つことは重要だと思います。ただ、それが行過ぎないようにコントロールすることも同じように大事ではないか、とも思います。

投資・資産運用に「絶対」は、絶対に無い、ボクはそう思っています。
| rennyです | 2014/07/18 7:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/3745
トラックバック