CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 味楽園(尼崎市) | main | 2006年9月末時点のアセット・アロケーション >>
さわかみファンドの月中報告書
以前にもご紹介の通り、ボクはさわかみファンドを定期定額購入しています。多くの方がご存知の通り、さわかみファンドからは月中・月末と保有者に報告書が送られてきます。
毎回、報告書は簡潔に、かつ、平易に澤上社長のメッセージが記載されており、保有者の方は楽しみにされているようです。もちろん、ボクも楽しみにしています。
その月中報告書が今月の半ばに送られてきたわけですが、この内容が「さわかみ投信の今後」について踏み込んだものとなっていました。
内容については、さわかみ投信研究というBlogのこちらのエントリに詳しく記載されています。
著者のfinancialindependenceさんは、信託報酬を下げるのが先決ではないか、とのご意見を出されています。また、投資.orgというBlogでもさわかみファンドの研究というエントリで信託報酬を下げるべき、との指摘がありました。(このブログを拝見して、投信の委託会社の経営状況をEDINETで確認できることを始めて知りました。収穫です!)

これらの意見は受益者の意見として至極当然だと思いますし、特に異論はありません。
ボク自身信託報酬が下がるのは大歓迎です。

しかし、です。
最近の澤上社長の講演やクラブ・インベストライフに参加すると、次のような問題意識を持ちます。資産形成したおカネをどのように使うのか、つまり、より良い社会にするためにどのように還元するのか、ということもイメージしておくべき、ということです。日本の社会は、こうした部分をお上に押し付けてきた長い歴史があります。しかしながら、このアプローチの問題点を最近いたるところで我々は目にしています。加えて、税制の問題などもあり寄付の文化もほとんど根付いていません。投資信託の最大の特徴は、小口のおカネをまとめることで個人投資家独りではおよそ不可能なダイナミックな運用が出来ることだと思います。同様のことが社会への還元でも考えられるのではないか、とも思います。こうした状況で、どうやったらカッコ良いおカネを使えるか、というのを澤上社長は示してくれるのではないでしょうか。こうした考え方に関しては、異論もあって当然だと思います。投資家にとって選別する材料になりそうです。いずれにせよ、今後のさわかみ投信の動きには特に注目です。

ところで、澤上社長は7年前に投資運用ビジネスは最大の成長分野との見方を示していらっしゃいました。
いよいよその動きが本格化してきているようです。
以前にも書きましたが、独立系運用会社がドンドン増えていけば、信託報酬は下がって行くと思います。資産運用ベンチャーの活躍にも大いに期待しています。

| 資産運用 | 07:30 | comments(5) | trackbacks(0) | 
コメント
Uです。rennyさんとは別の角度から意見があります。
これは運用会社に限りませんが、事業で稼ぐ(OR稼いだ)キャッシュフローをどう使うかというのは結構難しいのです。〇業を継続する上で継続的なコスト削減や事業継続のため投資をしていく(運用会社の場合は基幹系のIT投資、バックオフィス環境など、トヨタやヨーカ堂のようにスリムで乾いた雑巾が絞れるようにする)。
付加価値や利便性を上げるために人材やソフトに投資を行う(運用会社の場合はWEB環境やネットによる資産管理・取引、トレーディングシステムの開発、優秀な人材の獲得・育成など)
特に、,聾楜劼量椶某┐譴覆い燭疝解をえにくいのです。
先日の大規模停電のような災害発生時にキチンと事業が継続できる体制を構築できるかは顧客として大きな問題です。
上場企業でも、設備投資か増配するかを悩むのと一緒です。
運用会社の人間としては、事業継続に不安がある中で先ず信託報酬を下げるよりも、投信や会社の事業基盤を強化したいですね(安かろう悪かろうにはしたくありません)!
アメリカ並みにシステムやバック業務を安くアウトソースできれば選択肢も広がりますが、まだまだ日本では難しいです。
| Uさん | 2006/09/26 3:07 PM |
rennyさん、こんにちは。
トラックバックありがとうございました。

さわかみ投信、前々年度、前年度と黒字化していますね。
損益分岐点を越え、今期も順調に総資産額が増加しているようですから、
今期の利益は相当な額になりそうですね。

利益の使い道というか、これからどういう方向へ
進んでいくのか大いに楽しみです。
| assets | 2006/09/27 2:36 PM |
Uさん、assetsさん、コメントありがとうございます。

Uさんご指摘のポイントはごもっともですね。長期での安定したサービス提供に資するような資金の使い方というのは目立ちませんが非常に重要ですね。こうした点もふくめて、今後のさわかみ投信には注目ですね。
| renny | 2006/09/28 12:09 PM |
rennyさんありがとうございます。
さわかみ投信については、以下のブログのコメントが結構本質を突いていると思います。
http://blog.yukichi.info/trackback/264219
「さわかみファンド」にはジャンルがなく投資信託の形をとったプライベートバンクである!
証券アナリスト的に見ると「さわかみファンド」は教科書的なポートフォリオ理論・セクター分散を全く無視してますから!
澤上氏のピクテ時代(プライベートバンク)のノウハウがあるのではないでしょうか?
| Uさん | 2006/09/28 1:31 PM |
Uさん、コメントありがとうございます。
どのタイミングで、さわかみファンドが日本株式とは違ったアセットクラスに投資を始めるのか、興味津々ですね。その際どのように投資家とコミュニケーションするのか、一投資家として楽しみです。
| renny | 2006/09/28 10:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/36
トラックバック